FC2ブログ

宿泊場所・ホテル

SFC受験に伴う宿泊について:2020年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

今年も、SFC入試は「日吉」で開催されます。詳細は、慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2020年2月17日(月)
・環境情報学部 2020年2月18日(火)

です。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!人が1人はいます。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方が無難です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方がよいと思います。

補足 試験会場の公式発表を待たずして、ホテル予約をする方もいらっしゃるようなので、昨年度は公式発表すぐに予約をしても、意中のホテルのシングルやツインなどの部屋があと少ししか空いていない、ということもあったそうです。

宿泊駅の選び方

宿泊駅を選ぶための基準は3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。5年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

第1位 横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。サグラダファミリアよりも工事が長引きそうな迷宮。

東急東横線:約14-20分
横浜市営地下鉄:約40分
タクシー:4,790円(約30分)

第2位 新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

JR+東急東横線:約15-17分
横浜市営地下鉄:約25-27分
タクシー:2,450円(約20分)

第3位 渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR or 東急田園都市線+横浜市営地下鉄作戦が使えます。

東急東横線:約19-27分
タクシー:5,700円(約50分)

第4位 みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

東急東横線:約18-24分
横浜市営地下鉄:約40分〜45分
タクシー:5,510円(約40分)

第5位 川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

東急東横線:約25-28分
タクシー:2,360円(約20分)

第6位 元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。過去の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

東急東横線:約23-26分
タクシー:6,230円(約40分)

番外1:センター南駅

横浜地下鉄グリーンラインを用いるため、基本的にSFCのためだけにくる人におすすめ。目立つホテルは、ホテルアトラスのみ。観光地は少ないものの、横浜市における主要な生活拠点に指定されているため、都市としては整っています。

横浜市営地下鉄:13分
タクシー:2,990円(約20分)

番外2:綱島駅

日吉駅の1駅隣。がんばれば、慶應まで歩ける。慶應入試のため連泊するならばおすすめ。目立つホテルは、ホテル タイムズイン24 綱島のみ。特に都会の駅ではないので驚かないように。むしろ、住宅街の玄関口みたいなイメージ。(私は東日本大震災の翌日に、比較的早く運転再開した東急線に乗って、この綱島駅まで到着し、そこから当時の自宅まで2時間かけた苦い思い出があります。)

東急東横線:3分
タクシー:1,010円(約10分)

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、日吉に行くときの電車が若干混まないかもしれません(しかも、目黒から日吉まで22分で1本でいけるんですよね。)。渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです(宿の質は落ちますが。)。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:過去の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんがスタートを切った商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとコインランドリーがないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

電気スタンド

たまにホテルに設備がない場合があるので、きちんと確認してみてくださいね。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。Google Mapでも簡単に検索できますしね。

ドラッグストア

急に頭が痛くなったりしたら、ロキソニンやイブなどの頭痛薬がほしくなります。お腹が痛くなったら、下痢止めなどもほしいですよね。コンビニでは置いていないことも多いこれらの薬も近くにドラッグストアがあれば安心です…基本的に大きめの駅であれば、近くにドラッグストアがあるので安心です。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

受験生応援プランは…意外と便利です。

たとえば「2019年度版!受験生応援プラン!」(るるぶさん)。高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

合格体験記では、バッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

SFC受験に伴う宿泊について:2019年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

ようやく今年の試験会場が発表されました。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2019年2月17日(日)
・環境情報学部 2019年2月18日(月)

です。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!人が1人はいます。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方がお得です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方が無難です。

宿泊駅の選び方

宿泊駅の選ぶための条件は大きく3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。4年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。サグラダファミリアよりも工事が長引きそうな迷宮。

新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使えます。

みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。過去の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:過去の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとコインランドリーがないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

電気スタンド

たまにホテルに設備がない場合があるので、きちんと確認してみてくださいね。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。Google Mapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

受験生応援プランは…意外と便利です。

たとえば「2019年度版!受験生応援プラン!」(るるぶさん)。高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

合格体験記では、バッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

SFC受験に伴う宿泊について:2018年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

ようやく今年の試験会場が発表されました。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2018年2月17日(土)
・環境情報学部 2018年2月18日(日)

です。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!なんていう人が一人はいるみたいですのでお気をつけください。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方がお得です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方が無難です。

宿泊駅の選び方

宿泊駅の選ぶための条件は大きく3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。3年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。サグラダファミリアよりも工事が長引きそうな迷宮。

新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使えます。

みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。過去の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:過去の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとコインランドリーがないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

電気スタンド

たまにホテルに設備がない場合があるので、きちんと確認してみてくださいね。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。Google Mapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

受験生応援プランは…意外と便利です。

たとえば「2018年度版!受験生応援プラン!」(るるぶさん)。高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

合格体験記では、バッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

SFC受験に伴う宿泊について:2017年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

ようやく今年の試験会場が発表されました。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2017年2月17日(金)
・環境情報学部 2017年2月18日(土)

です。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!なんていう人が一人はいるみたいですのでお気をつけください。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方がお得です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方が無難です。

宿泊駅の選び方

宿泊駅の選ぶための条件は大きく3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。3年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。

新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使える。

みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。去年の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:去年の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとコインランドリーがないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ(女性限定でしょうか…。)

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。最近だとGoogleMapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

受験生応援プランは…意外と便利です。

たとえば「2017年度版!受験生応援プラン!」(るるぶさん)。高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

合格体験記では、バッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

【2017年度ver】2017年度のSFC入試は2月17日(金)/18日(土)が試験日!!

慶應義塾大学>HOME > 入試制度 > 一般入試のページが更新され、2017年度の入試日程が公開されました。

2017年度入試日程

試験日時】
総合政策学部 2017年2月17日(金)
環境情報学部 2017年2月18日(土)

となりました。皆様、カレンダーに要チェックです!!

試験会場については、昨年同様10月下旬に公開される見込みです。なお、例年通りであれば日吉が試験会場です。

ホテル予約のススメ

今年の試験日程は金曜日と土曜日なので、平日ではなく、休日にも行われます。つまり、昨年よりもホテルが混雑する可能性が高いのです。

実際の試験会場発表は10月ですが、ホテルは事前に予約することをオススメします。特に第一志望の方は。昨年は、海外からのいわゆる「爆買」の方々の宿泊により、受験生の宿がない、というニュースもありました。今年はどうなるか分かりませんが、用心にこしたことはないです。(2017年は中国の旧正月が比較的早そうなので、慶應入試付近にはそこまで影響はないかもしれませんが。)

ホテルによって違いますが、何日か前までは、キャンセルしても無料というところも多いので、ホテルのキャンセルポリシーをよく確認の上、先に条件のいいホテルを1つ押さえてしまうといいと思います。キャンセルを忘れてしまってはダメですが。もちろん、ホテルにご迷惑をかけないように、直前のキャンセルではなく、余裕をもったキャンセルをお願いします。

なお、昨年のエントリーですが、「SFC受験に伴う宿泊について:2016年バージョン」もご参考にどうぞ。

・ホテルから駅までの距離(雨降ってもぬれない?)
・地下鉄利用可否(雪が降っても地下鉄は動き続ける)
・ホテルから試験会場(日吉)までの代替アクセス(タクシーで行ける?歩いて行ける?)

を意識しながら作ったエントリーです。

SFC受験に伴う宿泊について:2016年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

ようやく今年の試験会場が発表されました。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2016年2月17日
・環境情報学部 2016年2月18日

と書いてあります。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!なんていう人が一人はいるみたいですのでお気をつけください。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

今年は、昨年と同じ試験日ですね。大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方がお得です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方が無難です。

宿泊駅の選び方

宿泊駅の選ぶための条件は大きく3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。2年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。

新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使える。

みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。去年の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:去年の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ(女性限定でしょうか…。)

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。最近だとGoogleMapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

「受験生応援プラン」は…意外と便利です。

高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。レム日比谷(眠りやすいホテル)なんかにとまるコースもあるようです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

昨年、合格体験記でバッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

SFC受験に伴う宿泊について:2015年バージョン

2015年度入試に向けてご紹介したいと思います。

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

必ずご自身の目でご確認くださいね。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧頂くと、

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2015年2月17日
・環境情報学部 2015年2月18日

※自然災害等を考慮して、必ずご自分の目で直前に再確認をお願いします。

今年は、昨年と比べて少し試験日が早めになっていますね。他大の動向も見ながら予約はお早めにね。

宿泊駅の選び方

受験宿泊プランはいろんな旅行会社がやっているので、ご自分で検索してみてください。慶應義塾大学も日本旅行と提携しています。日本旅行 トップ > 国内旅行・国内ツアー > 定番の国内旅行・国内ツアー・国内プラン > 受験生の宿(大学生協) > 慶應義塾大学を見てみて下さい。ちなみに、日本旅行で宿泊を決めたからといって合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

まず「日吉キャンパス」は「東急東横線」の「日吉駅」を利用します。そして「東急東横線」の「日吉駅」を降りたら、試験会場まで迷うことはまずありません。これが日吉キャンパスのいいところです。あの状況で迷えるほどの方向音痴は、入試で合格できても、日常生活が送れないと思います(笑)。だから、どんなに方向音痴な人でも、「日吉駅」にたどり着けることを考えれば、まず問題はありません。基本は「東急東横線」沿いに宿泊してください。但し、「日吉駅」周辺は宿泊できるところはありません。だから、必ず近隣駅で探して下さい。
東急東横線のオススメ駅は、
 ・横浜駅
 ・渋谷駅
です。武蔵小杉という手もあるのですが。基本はこの2駅をオススメします。もし、「巨大な駅で迷うのがイヤだ」という方は、
 ・みなとみらい線沿線(みなとみらい駅か元町中華街駅)
がオススメです。
あとは、
 ・新横浜駅(新幹線最寄り駅)
 ・川崎駅(羽田空港最寄りのターミナル駅)
が選択肢に入ってきます。両駅とも「乗り換え」は必要となるものの、交通の便は非常によいので、東急東横線沿で宿が取れなかった場合にはこちらをオススメします。さて、独断と偏見で駅のご紹介を…。

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多い。

渋谷駅

オススメ第2位。最近、新駅がヒカリエ地下に移りました。よって過去の東横線を知っている人には多少迷いやすい。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使える。

みなとみらい駅

オススメ第3位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。駅がひとつなので迷いにくい。そして、横浜よりも手前なので東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。難点…いいホテルばっかりなので高いです。

元町・中華街駅

オススメ第4位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があり、JRに乗らなければならないこと。

おまけ。去年の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

川崎駅

飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えで横須賀線側に間違っていくことだけはないように。

新横浜駅

新幹線で来る方にはオススメ第1位。横浜線で菊名までいって東横線。距離も近いです。菊名での乗り換えも難しくないので乗り換えが苦でない方には、横浜よりもオススメ。JRが止まっても、横浜市営地下鉄かタクシーで行けるのも魅力的。新横浜から菊名までも歩けない距離ではないですし。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

おまけ:去年の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、コインランドリーがあると便利です。意外と大きめのホテルだとないところもあるですよね。全部、有料のラウンドリーサービスになっちゃう。あと意外と時間がかかるしね。その人の性格にもよるでしょうが、洗濯機で洗濯している間に、コインランドリーを離れるのが怖いので、じっと待ってるんですが、ホテルの外にあるとこだとちょっとつらいです。

アメニティ(女性限定でしょうか…。)

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してテンションあがっちゃいます。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試です」と伝えておけば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。最近だとGoogleMapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

私は自分はタバコは吸わないけれども、新幹線の喫煙席も平気なので、タバコの匂いは大丈夫だ、と思っていました。四国の某丸亀市で某ビジネスホテルに宿泊するまでは…。タバコの匂いが部屋の全ての備品に染み付いているにもかかわらず、窓はあけられない、換気扇はユニットバスについているひとつだけ、という最悪の部屋にあたってしまいました。かなり疲れていたのですが、寝返りを打つ度に、タバコの匂いがわき上がって、全然寝られませんでした。それ以来よほどのことがないかぎり、禁煙の部屋に泊まることにしています。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので、タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

「受験生応援プラン」は…意外と便利です。

高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。レム日比谷(眠りやすいホテル)なんかにとまるコースもあるようです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。(上で書いた喫煙ルームの失敗以外にも、カビだらけの割り箸でご飯が出てくる民宿とか、フロントのおじいちゃんが耳が遠くて何回声をかけても気づいてくれないホテルとか、窓からスキマ風が入ってくるのに対処してくれないスキー場の民宿とか、色々体験しましたが…入試だったら笑い話にできないですよ…。)多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

昨年、合格体験記でバッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。