FC2ブログ

★合格体験記 2017

【2018年度:直前更新1】温故知新 〜合格体験記:前日編〜

前日の過ごし方!

寝る

・遠征して来て疲れてたので早く寝ました。下見はしました。[2017]
・早く寝る 早めの食事 リラックス 復習して自信をつける[2017]
・前日はとにかく早く寝て、次の日に備えました。[2016]
・早めの就寝[2016]
・ちょっと復習して、早寝する。[2016]
・寝る[2016]
・早く寝ましょう。使いませんでしたが、どうしても眠れない時のために睡眠導入剤用意しときました。[2016]
・食事も睡眠もいつも通りの時間で、とにかくリズムを崩さないようにしました。[2016]
・よく寝る[2016]
・寝ろ[2015]
・早めに寝ました。でもギリギリまで単語はやりました。[2015]
・昼間散歩して、はやくねる笑[2015]
・はよねる。[2015]
・他大学の試験と日程が続いてしまっていてその3日目だったので、とにかく疲労から回復しようと早めに寝ました。できる事ならこうなる前に他大学と日程が被らぬよう十分に注意して出願校を決める事をおすすめします。(明治大と被って総合政策に出願できなかったので…)[2015]
・眠れなくてもじっと目をつぶってたよ[2015]
・一杯食べてねる!寝れないときは走って風呂入って腹一杯食えば腹に血が回って眠くなります。後、栄養素は分解して脳に速効いくわけじゃないのも多いので前日の栄養補給は大切[2015]
・とにかく寝ること。生活リズム
・慶應経済から早稲田商まで5連チャンだったので、とにかくいっぱい寝てエネルギー補給してました。自分は「夜9時頃~運動と散歩1h、10時~風呂1.5h、12時就寝」って感じでした。試験で地歴科目がある時はまとめノートを見て、授業や解説を思い出しながら復習してました。[2014]
・早く寝ようと思って八時ごろ布団に入った。しかし緊張のためか結局三時まで起きていた。本当に寝られないものだと思ったほうがいい[2014]
・「寝れなくてもいいや、むしろ俺は少し寝不足ぐらいの方が実力が発揮できるのでは!?」ぐらいのつもりで11時ぐらいには布団に入りました。2日目はあまり寝られていませんでしたが、マインドコントロールに成功し、少し気が楽でした。(笑) [2014]

生活リズム

・ 一通り復習して、早めに寝る。(結局あまり寝れませんでしたが) [2016]
・ 朝起きて、ダラダラして勉強して、寝る。それだけです。笑[2015]
・適度に運動すること(夜寝付きがよくなります)[2014]
・体調とシミュレーション。一週間前から徐々に朝型に切り替えて頭が働くようにしました。前日のシミュレーションでは当日の動きをイメージしながら軽く過去問を解きました。いろはさんもシミュレーションのこと言ってたような気がします。[2014]

食べる


・特別なことはしない 食べるものだけは気をつけて[2016]
・寝ることと、刺激物を食べないことです[2016]
・脂っこいものを避ける。お腹に優しい物を食べる。[2016]
・どうしても確認したいことがなければ夜ご飯食べてからは勉強しない。リラックスできることしてください。[2014]
・とにかくできるだけ寝る たくさん食べる[2014]

復習する


・英語の音読と小論分の見直し、友達の応援メッセージを見て、自分を奮い立たせてました [2017]
・英単語を一日かけて総復習しました[2017]
・過去に書いた小論で気を付けたいこと等を再確認[2016]
・気の済むまで確認とかすること。[2016]
・先輩たちがどう過ごしていたかを合格体験記で確認しました[2016]
・ 今まで書いた小論文を見直しつつ、数学の過去問を3年分くらいやってました。もうあんまやることもないなと思ってたので、家に帰った後はじっくり家族と食事をして、早めに寝ました。特に大したことはしてないです。[2016]
・合格体験記をひたすら読んで、これなら受かるんじゃねぇか?と自信にすること。夜に散歩して早く寝ること。[2016]
・考え方をまとめる[2016]
・過去問チラ見してすぐ寝る[2016]
・このブログに書いてある総合政策的アプローチを頭に叩き込む[2016]
・新聞とか経済誌をパラパラと読むのがいいかと[2015]
・1 問題を解く上で気をつけるべき基本的なポイント(時間配分 / キーワードチェック / 細部にこだわらず大まかな掴みの意識 など)をノートなどに書き出して本番直前に見れるようにしておく
2 英語小論文共に解く手順のシミュレーションをする[2015]
・今まで解いてきた過去問をざっと見直していました。[2015]
・過去問を一年分だけ解いて、総合政策的アプローチの最終チェックをしました。また、夜更かしをすると翌日頭が痛くなるので、22時ごろには寝ました。両学部受ける人で首都圏でも家が遠い人はホテルに泊まることをオススメします。[2014]
・焦らずに今の自分の能力を分析して、何が必要かを熟考して計画を立てて実行するべき、 ・英語 そろそろ過去問を意識して勉強してください(過去問をこの時点で解ききる必要はないかと思います)、語彙力を鍛えてください、集中力持続時間の上限を高められるよう頑張ってください ・小論 ブロマが![2014]

自分にやさしく


・心配しすぎない[2016]
・めっちゃリラックス[2015]
・イメージトレーニング(楽しむ、いつも通りやる)[2016]
・今更学科の勉強したり小論したりしても全く変わらないと思っていたので、自分の好きなことをやっていました。外で外食し、友達とたくさんお喋りし、宿泊先のホテルに帰ってきたら、音楽を聴きながら入浴剤を入れたお風呂に2時間くらい浸かってかなりリフレッシュしていました笑[2015]
・お風呂であったまって、ストレッチして早めにぐっすり寝ました。あと、お腹を壊す可能性があるので生ものは食べないようにしました。[2015]
・リラックスすることです。身体の力抜く為にダラダラ単語帳を読んでました[2015]
・緊張しないようにマイペースに過ごしました。[2014]

準備

・本番の確認。今まで頑張った証になるものを見て勇気を出す。 [2017]
・持ち物、行き方の最終チェック[2017]

切り替え

・ 前日はいろは塾ファイナルに参加しました。[2017]
・ネカフェに籠っていろはさんのブログを眺めてました(笑)集中しすぎて延長料金を取られ凹んだのを覚えています。前日に学科を伸ばすのは難しいと思うのでいろはさんのブログで小論文のイメトレをするのがいいかと思います。 [2017]
・小論文をやりすぎて、頭を疲れさせないこと。英語は簡単な問題でいい得点をとって、いいイメージで本番に臨むこと。実際のところは、苦手な総合政策の英語を解いてしまったせいか過去見たこともないような点を取り、本番でも同じような点数を取りましたが… [2017]
・法学部の世界史が難しすぎて、放心状態でホテルに戻る。
でも、どうせ皆できてないだろう!と思いこむことで気持ちを切り替えました。[2015]
・総合政策の前日は最後まで単語を詰め込んでいたのですが、緊張で大失敗してしまったので環境情報の前日は一切勉強せずご飯を食べて早く寝て電車でも単語帳は開かず音楽を聞いていました。早く寝ると本番の集中力も上がる気がします。ギリギリまで自分を追い詰めると余計それがプレッシャーになってしまったのかなとも思います。まぁこれは本番緊張してしまうタイプの方だけへのアドバイスとなってしまいますが…[2015]
・環境情報の前日は総合政策を受けていました。総合政策の採点をするとへこみそうだったのでそちらは放置して、環境情報の過去問といろはさんのブログを読んで普段通りを心がけて過ごしていました。夜はいつも通り布団に入りました。[2015]

普段通りな人たち、変な人たち

・食べ物には気をつかいましたー。あとは当日同様モチベーション上げですね。大好きなポケモンで一戦してテンションあげてました[2017]
・環境情報の前日はみなとみらいに遊びに行ってました。[2017]
・ランニング→夕食→お風呂浸かる→寝る[2016]
・僕はヘビーふわふわマスターなので、早めにフワフワに包まれて寝ました[2016]
・特になし[2016]
・ソワソワしてしまい何も出来る気がしなかったので本屋さんに行ってサイバーミステリの小説を買って読んでました。(情報の知識も多少得られるので) [2016]
・ニセコイを買い込んで読む。(ジンクスができつつある?)[2016]
・彼女とイチャイチャしておちつく。[2016]
・SFCのキャンパスに行ってアルパカと写真を撮って、やる気をあげた。[2015]
・特筆なし[2015]
・総合政策学部の試験が手ごたえがまったく残らなかったので、不安でした。不安やストレスを次の日に持ち越すのが嫌だったので、趣味であるバッティングセンターに行って気分を切り替えられるようにしました。[2014]
・知り合いと0時ぐらいまでご飯を食べてました(笑)過去問すら目を通していないです。完全に舐めてますね。[2014]

未来の合格者からのメッセージ(直前期編)

合格のためには、基本がだいじ

・やらなきゃいけない量を把握して、日々に割り振ること(現役)
・こつこつ勉強すること(現役)
・単語などの基礎をもう一度固める(これで直前にもう一伸びした気がします) (現役)
・学科も小論も偏りにないようにヘビーに対策。(仮面浪人)
・最後の追い込み。息抜きは大事。(1浪)
・時間配分を気にしながら問題を解く(現役)
・ペース配分を考えること。(仮面浪人)

とにかく過去問をやる!!

・1月以降は過去問の解き直しなどをしてました。(現役)
・1月中は過去問をやる!(現役)
・いつものメニュー(過去問+復習)を本番意識してこなすだけ。人事を尽くす(3浪)

不安になるのはしかたない。問題はどうやって乗り切るか、だね。

・不安になって手につかなくなってくるところで今まで通り勉強するようにする。 (現役)
・常に絶望するような進捗状況だったのですが、絶望し過ぎないように気晴らしをしていました。私の場合、ツーリングが好きなので近所を少し走ったりしておりました。 現状の学力や過去問の手応え、参考書ノルマの未達成の山などを考えてしまうと絶望で何もできなくなるので、「今日出来ることを出来る限り頑張れればそれで良いんだ」「今日は今日の為にあるんだ」という事を常に自分に言い聞かせていました。思考や現状認識の方向性を工夫して、現実に絶望し過ぎないように、投げやりにならないように、やる気を失わないように、自分で自分の精神状態やモチベーションを良い方向へコントロールするように心掛けていました。(仮面浪人、3浪)
・必要以上に焦らず、でも緊張感を持って? 普段通りすごして、入試は模試ぐらいの気持ちでいいと思います。 (仮面浪人)

センター試験との付き合い方

・センター後は併願校を気にせずにSFCの過去問だけやりました。(現役)
センターの結果がいまいちだったので、そこから志望校をSFCに切り替えました。それまではSFC対策はしてません(笑)(センター国語は8割、英語は9割、旧帝大志望だったのである程度の基礎はありましたが)(浪人)
・センター2〜3週間前は小論文対策はしてませんでした。センターが終わってから1〜2日に一度小論文を書いていました。ただむやみやたらに小論文を書けばいいというもんでもないと思うので、予備校のフェローの人や友達に読んでもらって指摘を受けた部分をじっくり考え直し、それをもとに書き直してたって感じです。(1浪)
センター終わった後はすぐに切り替える。過去問も大事だけど、基本の抜け等があると本番中パニックになるので、なるべく埋めておく。(現役)

時間がないなかで、こんな工夫をして小論文を乗り切った

・この頃はセンター試験や他の入試等でなかなか情報と小論の時間を取る事が出来ず、情報の対策として毎日学校帰りに本屋さんに寄って情報関連の本を読んで本屋さんが閉まると共に帰るという事をしていました。また、小論の対策としてこの頃は文章を読むスピードが他の人に比べて物凄く遅かったのでそれを克服する為にも好きな本(ミステリ系)を寝る前や朝空いてる時間に読んでました(現役)
・小論文を書く時間があまりとれなかったので、寝る前とかのちょっとした時間に携帯で政策・環境問題に対する様々な意見を見て多角的に捉える力を養いました。(浪人)
・自分のやりたいこと、夢に関して調べて小論で使えるまで洗練させる。(現役)

ライフサイクルにも一工夫!!

・試験当日にリポビタンDを飲むと受かるというジンクスを作りあげる(1浪)
・夜型だったので1月以降から朝型に切り替えていきました(仮面浪人)

終わりに

このエントリーは、2016年度SFC入試の合格体験記をまとめたもの、です。ぜひ、これをみて、最後の一踏ん張りしてくださいね。あと、今苦しんでいる体験こそ、来年は合格体験記になって、次の受験生を勇気づけるはずだから、今まで通り勉強してくださいね!!

未来の合格者からのメッセージ(秋前編)

毎年、合格体験記では、過去の自分に向けて「9月の受験生(自分)に伝えたいこと」を書いてもらってます。言ってみれば、「合格者から合格を目指すあなたへのメッセージ」です。ぜひ読んでみて勉強の参考にしてみてくださいね。

まずは9月のだらけてる自分への叫び

・本当に、お願いだから、いい加減どっちにするかに覚悟を決めて勉強してくれ…(仮面浪人:3浪)
・ゼミや恋愛をしている場合じゃない!(仮面浪人:3浪)
・SFC受ける決心したならもう少し心入れ替えて… (現役)
・誘惑が多いかもしれませんが、そこをなんとか我慢してください(;_;)  (現役)
・おい、、もうそろそろ真面目にやりなよ・・・・去年みたいになるぞ・・・・小論はすぐには伸びないぞ (仮面浪人)

そろそろ焦れ!!

・9月の自分にはもう少し焦ってほしかったです。なぜならこのあと文法で怪しいところがあっても手が回らないからです。(結局放置。本番そこが出なかったのはラッキー)(現役)
・直前期になって焦らないように、そろそろ最終地点を見据えた勉強をしような?? (浪人、1浪)
・このあたりからしっかり対策すれば余裕が出ると思います(現役)
・小論対策も早く始めよう(仮面浪人)
・とにかく文字を書く!(現役)

でも、不安にも...なるよね...

・一番精神的に不安になる時期だと思うけど、皆同じだから辛いなら素直に吐き出すべし。(浪人)
・何か不安なことがあったらそのままにしないで解決したほうがいいよ!!(私は小論の塾を変えましたw) (仮面浪人)
・周りに呑まれないで… (現役)

過去問やりはじめようね

・赤本のやりこみとかしよか?大学休みだからって寝てる場合じゃない。(仮面浪人)
・過去問に着手しよう、センターはかなり大事、マークだからと言ってなめないこと (浪人、1浪)
・過去問に着手しよう(浪人)
・学科は基礎固め(SFC数学受験は基礎+過去問で対応できると思います)。小論はこの時期からは過去問をどんどんやっていくべき(仮面浪人)
・夏休みで基礎固めをしたら秋は演習。自分の受験校を難易度の低いところから取り組んでください。最初は時間が過ぎてもいいのでsfcの小論の過去問にも取り組んでみてください。誰かに添削してもらえるなら、してもらったほうがいいと思います。(浪人)
・ちょっとずつ過去問を解き始めましょう(現役)
・過去問を解いて、夏に自分がどれだけ成長できたか見てみましょう。恐らくまだ全然取れないと思いますが。センターを受ける人はセンターの過去問を計画的にこなしていきましょう。(浪人)
・常に全力でやること!後、過去問は一年分は早い段階で使って欲しいかな、自分の実力がどれくらい足りないかわかるので(浪人)

模試は模試、よくてもわるくても


・まあ基礎もついてきたしそろそろ小論文入っても良いんじゃないかな?あと模試が取れてなくても気にしなくて良いよ。結局模試は模試だからな。(浪人、1浪)
・ココらへんの模試で結果が出ないと結構焦ってきますが、勉強した分きっと伸びるので、復習をしてすぐに切り替える。 (現役)
・模試の点数は当てになんねえぞ。過信しすぎるな (浪人、1浪)
・模試を気にし過ぎない (浪人)
・模試が良くなくても、やるべき事をやっていこう。 忙しくても少しでもいいから継続しよう。(現役)

自分のペースを崩さない

・周りが推薦やAOでどんどん進路決まっていっても、マイペースに勉強を続けてください。(現役)
特になし。 免許合宿に行った。(仮面浪人・ひるるく)
・冷静に着実に (浪人)

現役生は行事・部活からの「切り替え」が重要

・部活と文化祭終わったら切り替えなさいよ(現役)
・まだ部活やっていたが、もう少しだけ勉強すれば余裕が生まれたかもしれない。(現役)
・この頃現役だと行事とかいっぱいあるけど出来ればその行事でただ楽しむのもそうだけど、楽しむだけじゃなくて、運営とかやってると色んな現実問題にぶち当たるのでそれについて解決策を考える事も自分の場合大きな糧となりました。 要は何事も真剣に、且つ楽しく! (現役)

勉強スタイルもほんのすこし見直す時期

・基礎を簡単なレベルから応用していきましょう (浪人、3浪)
・一般のことちょっと考えて。英語は夏やってきたことにちょっと負荷をかける。単語集一冊増やすとか。小論対策始めよう。まずは文芸春秋の「日本の論点」の要約から、文章を書くことに慣れる。(現役)
・夏頑張りすぎると秋から手がつかなくなる。(一浪の時の受験勉強がこれでした)とくに9月だからといって特別なことやるわけでもなく、逆にこの時期に春やった模試や問題集をやる方がいいと思う。(仮面浪人、2浪)
・秋は勉強する時に、問題の核心に触れる感覚をもっと持つべき(現役)
・とにかく問題演習です。分からない問題は何とかしてその日のうちに理解する姿勢が大切だと思います。またハイレベルな単語帳(パス単 準一級など)も始めるのも手かな、と思います。(浪人)
・知らないこと(単語など)、わからないことを明らかにして、確実に潰す。(現役)
・だいぶ基礎は身についたよね!ここが最後のちゃんすだよ。9月までに基礎的な英語力や国語力記述力が無いと苦労するよ。 (浪人)
・時間配分に気をつける(現役)
・応用問題に取り組んでください。SFCの場合、数学に関しては難しくないですが、問題文が長く、設定が掴みづらいため、小論文と同じく考える練習、読解の練習が重要かと思います。(仮面浪人)
・ちょっと背伸びしてみる(浪人、1浪)

具体的に...

英語
MARCH入試試験レベルの力がついたら過去問を解き始める。単語、熟語、基本構文の暗記も毎日同時進行させる。

小論文
1 総合政策的アプローチの概念を徹底的に頭に叩き込む。

2 覚えたアプローチと照らし合わせながら2012年環境情報の過去問のいろはさんの思考回路をたどる

3 過去問の設問から“総合政策的アプローチのなにが聞かれているか”、“その問いにどんな内容で具体的に論述するか”を資料分析も含めて簡単にまとめる練習をする (文章は書かない)

4 論文の構成がうまく立てられるようになったら実際に文章を書いてみる (仮面浪人)
将来への具体的なヴィジョンがあるとそれをそのまま文章にできるので、ちょっとカッコつけた言い方ですが、夢を持ちましょう。その夢をどうすれば実現できるか、またそのことで社会にどのような影響が与えられるか、どのような問題が解決できるかを考えて、教師やクラスメートに説明できるようにしておくと、ひょっとしたらそれがそのまま小論文に役立つ形で出題されるかもしれませんよ。過去問で設問を自分の夢に帰着させる練習をしましたが、自分の場合はこれが功を奏したようです。(現役)

「Da様」の合格体験記

Da様、合格おめでとうございます。
1:合格実績
  ①総合政策 補欠 環境情報 合格

  ②予想点 総合政策 英語 2-6 128点 小論文 5割〜6割 埋めた字数 9割 環境情報 英語 2-6 138点 小論文 7割 埋めた字数 8割
総合政策 小論文
因果関係と相関関係について
原因を分析していくSFCらしい問題
問3で結論のところで正の相関と書くはずだったのになぜか負の相関と書いてしまい文章がハチャメチャになってしまいました
それでも補欠だったので不思議です笑

環境情報 小論文
研究会と結びつけてSFCらしく問題を発見し解決する問題
自分は高齢化による医療費増大の問題を発明した機械によって事前に予防し解決するという内容を書きました
自分の中で一番よく考えていた内容だったので終わった時手応えはありました

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes

  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   浪人
学科も小論文もまんべんなく点数をとった感じかな。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
周りの人が模試でどんなにいい点数を取っても気にせず自分の勉強方法を貫くこと
模試と私立の問題は全く違うから今やってるやり方は間違いではない
あとは人生悪いことばかりではないから気楽にやれば大丈夫!
模試の結果、ほんとに意味ないですよね...。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 トイレはテスト前に必ず行くこと あとはやってきたものを見返して自信を持つ
  ②前日 早く寝る 早めの食事 リラックス 復習して自信をつける
  ③1月以降 過去問解いて今までの復習しての繰り返し。新しいことやるより復習が大事。過去問の単語は絶対に覚えた方がいい。あとは足りないものを自己分析してそこを補う
本当にいつも思う。復習は本当に大事。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
この時期はなにも考えずがむしゃらにやれ
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
基礎の徹底が大事 そして基礎ができる最後のチャンス
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
基礎が固まったらまずは過去問を一回解こう
そこからどういうものを伸ばす必要があるのか分析しろ
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
新しいものに手を出さないで復習ちゃんとやりなさい
  ⑤高2の自分に伝えたいこと
野球がんばれ!!
野球頑張れ!そうそう。高2までは英語と数学の授業はしっかり受けるべきだけど、あまり受験とか意識しない方がいいと思う。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
総合政策的アプローチ あとは自分の中で細かいことで疑問に思ったことがあったら調べる←ほとんどブログ内に書いてある
SFCのアドミッションポリシーのやつ
そうなんですよね。だいたいの内容はブログの中に書いてあります。
6:オススメしたいSFC対策
SFC対策は何と言っても過去問 英語はほとんど内容がわかるぐらい復習し音読しました(単語も覚える)
あと横山先生のロジカルリーディングが本当に良かったです。学科の決め手はこれです。
小論文はやり直しを書く時が重要でその時にしっかり問題のアプローチ方法を考えるのと何を書かせたいのか考える←アプローチ方法はブログの過去問のところを参考にする
知識は解き直す時にスマホで調べて少し蓄えておくといいです
いろはさんの総合政策的アプローチに当てはめて設問を見ると過去問に対応しやすい
あとは自分みたいな凡人がSFCに入るためにはどれだけリスクを冒せるかと何が必要か分析することです。早稲田はたくさん受けれるし併願もしやすいです。でもSFCは併願も限られてるし慶應自体SFCの二つしか受けれません。ただ対策をしっかりすれば合格できます。また分析をせずにがむしゃらに勉強してもSFCの合格レールから外れるだけです。自分は何が苦手なのか何をすべきなのか分析し作戦を立てて実行すべきです。
ロジリー有名ですよね。私は必ずしもあの主旨に全て賛同はしませんが、ただ役に立つ読解の技術のひとつではあります。
7:SFCの過去問は何年度分を何回解きましたか? 小論文は両学部7年分ぐらい 2回〜3回解きました
英語は両学部10年分を3回解きました
けっこうたくさん解かれていますね。
8:このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes

10:メッセージ
自分はずっと小さい頃から早慶に憧れていました。でも自分なんかが早慶なんか入れるわけない。行けてもMarchだろうと思ってました
早慶の勉強した理由も早慶の勉強すればMarchには受かるだろうという甘い考えからでした。
でもSFCの動画や理念などを調べて行くうちにどうしても行きたくなってしまい本気で目指し始めました。私が言いたいのは自分に限界を作らず何事も上を目指し挑戦することです。限界を作ったらそこから上には絶対に行けません。まだ私たちは若いのですからいくらでも失敗もできるし挑戦もできます。そこで今回の私のように成功しちゃったら儲けものです笑
いろはさんとはコミュニティも全くとったことはありませんでしたが本当にブログでお世話になりました。本当にありがとうございました。
本当によかったですね。

合格したかたとお会いした時に、「絶対に受かると考えて、対策することが大事」だと言っていました。メンタル面、本当に大事ですよね。

それでは、合格おめでとうございました。

合格体験記ご記入のお願い

合格体験記ご記入のお願い

みなさま、合格おめでとうございます。合格おめでとうございます。合格おめでとうございます。しつこいって?うれしいことは何回書いてもいいんです。

さっそく数時間で3件の合格体験記をいただいたので、コメント欄では読めない人の分をアップしました。


大学受験に関しては、いろんなアドバイスがあると思いますが、合格した先輩達の合格体験記ほど有効なアドバイスはないと思います。もちろん、誇張されちゃったりもするけれども、それでも試験直前期の受験生のはげみになるのは合格体験記以外にありえません。ぜひ、2017年度合格した皆様もこのエントリーのコメント欄に合格体験記を書いて下さいね!!(本音を言うと、わたしが「合格おめでとう。ニヤニヤ。」とするためのコンテンツでもあります。)

合格体験記

1:合格実績
  ①合格した学部(SFCだけでもいいし、併願校含めても可です。)

  ②予想点 学科 ○点 小論文 ○点
   ※英語なら、2−6配点か3−4配点かも教えてください。 
    数学や情報の方も手応えを教えて下さいね。
   小論文=埋めた字数(◯割)
       書いたテーマなども教えていただけると参考になります。

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes or No

  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   現役、浪人、仮面浪人(n=何浪目?)

2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと

3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日
  ②前日
  ③1月以降

4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
  ⑤高2の自分に伝えたいこと

5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ

6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策

7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?

8:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes or No
 ★この項目、みんな書き忘れちゃいます。YesかNoか書いてね。

9:いろは塾(前期、夏期講習、後期、冬期、直前、ファイナル)にご参加された方へ:
 別途、アンケートにご協力するよ、という方は
  1:こちらにその旨をご記入いただく
  2:email kadoya0168@gmail.com or @IrohaForCom のDM
 まで、ご連絡ください。

10:その他、ご意見・メッセージ
 その他、貴重なご意見をお待ちしています。

例年通り、ブロマガ内で合格体験記に言及する可能性はありますが、合格体験記をブロマガでしか読めないような形態にすることはありません。また、合格体験記のみを切り取って対価を得る行為(もちろんアドバイスのために言及する可能性はあります。)はいたしません。

「学歴大事様」の合格体験記

学歴大事様、合格おめでとうございます!
合格体験記
1:合格実績
  ①合格した学部
慶應 環境情報 首都大都市環境 理科大基礎工 明治理工 上智理工(補欠待ち) 青学理工 中央理工 法政理工 芝浦工工 都市大工
  ②予想点 英語 132点(2-6) 小論文 160?点
 
   小論 字数:9割弱 はみ出した設問もありました
  ③当ブログが参考になり合格した人
④ステータス
   1浪(去年はmarch全落ち、日大のみ)
メールを頂いていた方ですね。合格おめでとうございます!
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
可能性がある限り、最後まで諦めないこと。不安は勉強によってのみ解消できるし、後悔しないためには努力するしかないよ!
勉強は、
 ・ちょっとしたコツ
 ・かけた時間
がキーポイントになると思っています。私が知る限りにおいて、時間も質も低い人が多いかと。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 休憩開始直後のトイレダッシュ。割と大事です。
  ②前日 持ち物、行き方の最終チェック
  ③1月以降 英語数学は程々に、小論の対策に重きを置く
トイレこみますからねー。
4:来年受験する方へのアドバイス(英語受験の方へ)
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
今は英単語熟語と速読力をひたすら鍛えましょう!
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
中だるみは禁物!受験の基礎は夏までに完璧に!
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
秋からでもまだまだ伸びる!諦めない!
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
モチベーションを落とさないように、志望校への執念を保ち続ける!

  ⑤高2の自分に伝えたいこと
勉強・・・しようね。
個人的には、高2までは定期テストを大事にしてね、ぐらいでいいと思っているんですけどね。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
合格体験記
これも、ですね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
ひたすら過去問を繰り返しましょう!!
過去問肯定派も過去問否定派もいますが、基本はやっぱり過去問だと思っています。
7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?
最新5年
赤本の範囲分ですね!
10:その他、ご意見・メッセージ
入ってからどういう研究をしたいか、またどのような研究ができるのかをしっかり調べておき、大学の理念を深く理解したことが合格に直結しました!!
自分は早慶が年に1人出るか出ないかぐらいの偏差値の高校で、その中でも真ん中くらいの位置にいましたが、得意科目の英語と、対策しまくった小論文のおかげでSFCに合格することができました!こんなことを言うのは反感をかうかもしれませんが、理系でしたが、文章を書く練習はほとんどしていません。というか、そのためだけの勉強は一切していません。SFCでは文章力よりも、その内容が問われています。自分でしっかりと考えを持ち、それを解答用紙に書き下すことができれば良いのです。苦手意識を持つ前に、まずは大学のパンフレットやHPを見て学部に関する情報を集めることからはじめてみてください。
お世話になりました、合格できて本当に良かったです!
内容をどのように書いていくか、それを少しずつうまく伝えられたらいいなぁ、と思っています。

それでは!合格おめでとうございます★私がいえることではないけれども、学歴が大事かどうかは、今後の社会次第だと思っていて、10年後には割とくずれているかもしれませんね。そのときには、自分をしっかり持っていたい。

「MPO様」の合格体験記

MPO様、合格おめでとうございます。
1:合格実績
①合格した学部
慶應大 環境情報学部

②予想点 英語 126点(134点) 小論文 ?点
<英語>
採点は2-6(3-4)配点です。英語はもともと受験の動機が得意な英語が使えるからということもあり、東進にある回答が付いている環境情報学部の問題はすべてやりました。総合政策学部の問題はなぜか途中で言いたいことが分からなくなってしまうことが多くて、点が取れなくてイライラするので4年分くらいしかやってません。自分はもともと国立理系志望だったので当然私立理系の勉強もしたのですが、どこ受けても長文に単語と選択問題というSFCの下位互換みたいな感じだったので、センター試験後はほぼSFCの英語だけ解いてました。自分は飽きてしまって同じ英文を何度も読むことができないので、各年一回読んだら単語の間違えたところだけ読んで復習は終わりにしてました。
過去問を解いているときは、大体が7割前後で、たまに8割を上回って、7割は絶対に下回らないという感じでした。ところが本番では、いつも落とさない正誤問題を落としまくってしまって、今まで取ったことのないような点を取ってしまったので、やはり本番は練習のようにはいかないということも心に留めておいた方がいいと思います。

<小論文>
字数は書く前に罫線で測って印をつけてそこまで書いたので大体10割だと思います。
書いたテーマは、受験前に決めていた通りに、ただそのまま自分が大学に入って学びたいUI/UXデザインのことです。タイトルは「世の中にあふれる人に優しすぎるあまりに、わかりにくくなっているデザインを、どう優しくすぎなくとも、使い方を使っていくことで自然と学習し習得できるように改善するか」って感じです。
これはちょっとあやふやで申し訳無いのですが、UI/UX業界では「学習可能性」とか呼ばれていて結構前から議論される問題らしく、決して新しい考えではないのですが、これをSFCの研究会を利用して研究していくという趣旨で書けば800字埋まるかなと思って大して下書きなどもせずに書き始めました。
図示の問題は、ただ中心に円を描き、それを四つに区切って自分が追求するのはどんなデザインか? というのをその区切りの中に四つに分けて書いて、その周りに雲のようにして書いた研究会の研究の内容を矢印で結んだだけです。矢印が絡み合って見にくくならないようにだけ何度か見直して修正しました。
試験時間中はほぼペンを止めることなく、夢中で書いていたのですが、図まで大体書き終わった時点で試験終了5分前ってところでした。そのため誤字を探すくらいで(パニックになって「印象」と「印像」で迷ってしまった)読み直しと推敲をする時間はありませんでした。
自分は駿台で浪人していたのですが、センター試験後に受験を決めたため、SFC対策の講座などひとつも受講することもなかったので、結局一度も先生に小論文添削をしていただくことなく本番を迎えてしまい、試験後の手応えは全くのゼロでした。本当、これに関しては良くなかったなと思っていて、高校の先生にでも無理を言って見てもらったらよかったと思っています。実際、自分の高校の先生に合格の報告に行ったら、来ればよかったのにと言ってくださいました。

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
一浪
小論文のテーマはUXデザインだったんですね。この話のポイントは「自分が詳しい分野において、新しい内容ではないことを書いて合格している」ということだと思います。SFCが小論文で問うていることは、決して新奇性ではないという証拠ですね。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
センター試験で大失敗して、4月から第一志望だった国立大への出願をやめて、同時に中学生くらいの時からの夢を諦めざるを得なくなったと思ったとき。しかし、ここでしっかり先入観や思い込みを捨てて調べてみれば、意外なところで自分のやりたい学問をできる大学はあるのだということ。
そう。実は「やりたい学問」は、いろんなところで出来ます。もちろん、その内容は少しずつ違うかもしれませんが。大学選びをしっかりやってほしいと思っています。
3:本番の試験で気をつけたこと
①自分は試験の時点で既に他の私立理系大の結果が出ていたので、「ここに受からなくても他はあるし」や「部活で負けて嫌な思い出があるから、慶應は好きじゃないし」など、とにかく斜に構えて受験するようにしました。これはセンター試験後、わざわざ状況を聞きつけて電話してきてくれた友達のアドバイスでもあります。
また、「トイレ汚いなあ」や「福沢諭吉が居る!」や「前の人の髪型面白いな」など、とにかく周りを見て色々なものを目に焼き付けて、一世一代のくじ引きをしてるんだくらいの気持ちで試験を受ければ、緊張は最小限ですみます。もちろん、それでも嫌という程緊張はするし、緊張感は必ずしもマイナスに働くというわけではないので、緊張を無理に抑える必要はないのですが。

②小論文をやりすぎて、頭を疲れさせないこと。英語は簡単な問題でいい得点をとって、いいイメージで本番に臨むこと。実際のところは、苦手な総合政策の英語を解いてしまったせいか過去見たこともないような点を取り、本番でも同じような点数を取りましたが…

③一応、センター試験後も国立理系第一志望だったので、SFCの勉強だけに偏りすぎないこと。一浪ということもあり、他の私立大学に受からなくなっては大変なことなので、理系科目、特に苦手な数学をしっかり勉強したうえで自分へのご褒美兼息抜きとしてSFCの英語を解いてました。
また、小論文で書くことはあらかじめ「自分の得意な題材で、まやかしは書かない」と決めていたので、自分の好きな分野の勉強(といっても勉強の合間に自分の好きなIT系、技術系、ガジェット系ニュースサイトをスマホで見るだけですが)を欠かさないこと。
「まやかしは書かない」。いい言葉だと思います。その人の身の丈に合わない内容はだいたい相手にその「身の丈に合わなさ」がつたわります。MPOさんは、自分のやりたい方向性がはっきりしていて、それがうまく設問に合ったのだと思います。
4:来年受験する方へのアドバイス

①4月の受験生
時間があるのだから、ゆっくりとどんな学校に行けば自分の思い描く学問ができるのか考えよう。
苦手な科目、特に基礎から放ったらかしにしている科目は好きな参考書を買って学習を始めよう。

②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
夏休みの期間中にどのくらいのレベルの内容をどのくらいやるべきで、やることができるのかということを嫌になるくらい考えて、しっかり具体的かつ現実的な目標を立てて、それを達成できているか常に意識しながら勉強しよう。

③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
夏休みは終わったけど、実際はまだ意外と時間はあるから、夏休みやり残した基礎をしっかり固めてからその先の学習に取り組もう。

④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
自分なりにがむしゃらにやってきたのなら、どこも受からないなんてことはないから気楽にやろう。

⑤高2の自分に伝えたいこと
部活動、学校行事、趣味など楽しいものに囲まれている状況なのだから、それらを燃料に勉強にも力を入れよう。
リラックスリラックス!ですね。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
「リベラルアーツ系の大学をご紹介!」http://studyhack.blog.fc2.com/blog-entry-515.html
自分は正直、受験前にSFCの理念や総合政策的アプローチを完全に理解できていたわけではないと思うのですが、上記のページは受験前に読んでいたので、特に今年の小論文で問われた学際的な学び方を考えて、うまく内容を構成することができました。
確かに。今年は、直前にこれを読んでたらメリットはあったかもしれません。同じようなことを、いろは塾で教えていた子も言っていました。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策

<おすすめしたい本>
D.A. ノーマン「複雑さと共に暮らす」
高校卒業後の春に、一人で新宿をぶらぶらしているときにブックオフで見つけた本です。SFC受験なんて夢にも思っていなかったので、入試問題に引用されたことがあるなんて知らないで読みました。前から気になってはいたものの、ボロボロなのにえらく高くて、躊躇しましたがえいやと買いました。そのあと面白そうな章だけつまみ食いして本棚に入れたのですが、小論文に書いた内容はほぼこの本そのままのことです。きっと、この本を読んでいなかったら受かっていなかったと思います。

<オススメしたいSFC対策>
上の本のように、自分はただ興味のあるUI/UXの本を受験対策のためではなく読んでいたら、それが小論文に役に立ったので、とにかく自分の好きなもので、興味があるものを貪欲に、「自分はまだ高校生だし」なんてことは思わず学んでおくことが一番の小論文対策だと思います。
また、自分は予備校の自習室の勉強の合間に、engadgetやThe Vergeなどのガジェット、テクノロジー系の英語のニュースサイトを読んでいたのですが、この時間は休憩にもなって小論文の勉強にもなって英語の勉強になるという一石三鳥なので、とても有用だったと思っています。別に内容はなんだっていいと思うのですが、普段から英語を読んでいるというのは、SFCに限らずどんな学校を受験するのにも有効な勉強になるかと思いますので、是非お勧めします。
こういう自分が好きな内容の英文を多読するのは非常に有用ですね。今年は、そういう問題も多かったですし。
7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?
環境情報学部だけ、問題形式が今風になった2010年以降? だけ。時間は大体で計り、うまく書けたものはもうそこで終わり、納得いかないものはまた時間を計り直して何度でも納得がいくまで解き直しました。

10:その他、ご意見・メッセージ
自分はセンター試験後の40日間くらいで受かったのでビリギャルよりよっぽどグレートです。
笑。ビリギャルの話、いろいろ批判的に出てきますよね。

個人的には、受験生には行きたい大学を目指して合格してほしいと思っています。ネームバリューなどに惑わされず。



それでは合格おめでとうございました!(注:ご本人から、特定をされない範囲での改変を求められていたので、固有名詞などは削除しました。)

「soma様」の合格体験記

somaさん合格おめでとうございます!
1:合格実績
  ①総合政策 合格
環境情報 不合格

  ②予想点 総合政策 数学120 小論166
環境情報 数学100 小論 ?

数学 : 合格したと言っても6割しか取れていません。なのでアドバイスできるかわかりませんが、取れる問題を絶対に落とさない(ケアレスミスしない)ことを意識するといいかもしれません。

小論文 : 数学が終わった後の休み時間、数学の出来具合から私は勝手に不合格だと思っていました。ただ落ちるにしても得点開示で来年の指標にしたいと思い、小論文は全力で解きましました。今思えばこの思考に救われました。埋めた文字数は約9割です。数学の点数からして小論文の点数はそこそこいい点だと予想します。意識したことはとにかく設問に忠実に答えること!

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes

  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   浪人(n=1)
最後まであきらめずに点数をとりにいったことが効をそうしたんですね。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
去年sfcを情報入試で受験し、補欠Cで不合格になった自分へ。補欠だったんだから来年は受かると自信を持って勉強頑張れ!
ここで数学に転向したのがよかったのかな...。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日
  私は朝に弱いのでいつも通り遅めに起きて(間に合う程度に)試験会場に向かいました。電車の中でSFC受験生のツイッターを見ていると私が家を出てすぐの時には既に皆さん試験会場に着いていたみたいで、みんな早いなーと思ったのを覚えています。よく頭を働かせるために早く起きるべきなどと聞きますが、私はいつも通りの時間で十分だと思います。
  ②前日
前日はいろは塾ファイナルに参加しました。そして、ネカフェに籠っていろはさんのブログを眺めてました(笑)集中しすぎて延長料金を取られ凹んだのを覚えています。前日に学科を伸ばすのは難しいと思うのでいろはさんのブログで小論文のイメトレをするのがいいかと思います。
  ③1月以降
浪人生だったためSFC以外の大学の対策もしていました。赤本ばかりやってました。
基本は過去問ですよね。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
SFC補欠の悔しさを忘れずに!
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
模試で一喜一憂するな!
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
あまり気を落とさずに気楽に頑張れ!
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
赤本で感覚を掴もう!
  ⑤高2の自分に伝えたいこと
今すぐアプリ開発をやめて勉強してくれ(笑)大学入った後にできるから!高2から高3の10月までアプリ甲子園を目指して勉強をほったらかしにしていました。結果アプリ甲子園もセミファイナルどまりに終わり、浪人生になってしましました...orz
趣味をどこまでがんばるか、難しい選択ですよね。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
3頁で理解する
おすすめです。私は印刷して持ち歩いていました。

6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
赤本以外にないです。赤本をやりこむのがいいと思います。
やっぱり赤本ですね。
7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?
環境情報総合政策それぞれ新しいものから5年分解きました。さらに古い年度5年分くらいを眺めました。(頭の中で何を書くべきなのかを考える)

8:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes

10:その他、ご意見・メッセージ
 その他、貴重なご意見をお待ちしています。
小論文について一言。現役時いろはさんのブログも知らず、過去問も1年度分しか解かずに小論文で171点を取った(得点開示&理系バイアス有り)経験から思うのはとにかく設問に忠実に答えることが大事だということです。答えているつもりでも何か要素を落としている人がほとんどだと思います(自分含め)。 また設問にただ答えるのではなく、自分が設問に答えていることを相手にアピールするように書くといい点数が付くように思います。伝わらなければ意味がないので...。
さて、1年越しのリベンジかなって良かったです。それでは、合格ほんとうにおめでとうございました!

追記

いろは塾ファイナルとしょうろんでの勉強方法を確認させていただきました。
いろは塾ファイナル
ファイナルでは設問分析がためになりました!何年度の問題は総合政策的アプローチのどれを当てはめるといい的な話です!

しょうろんの使い方
まずブログを使って総合政策的アプローチについて学び、その思考回路に頭を慣れさせました。総合政策的アプローチはシンプルですが、単純暗記ですぐ使いこなせるものではない思います。そのあとは皆さんがいろはさんに添削を受けている過去問の答案といろはさんの添削を見て駄目出しポイントを理解していきました。あとは過去問演習してまたブログに戻るの繰り返しですね
総合政策的アプローチに慣れしたしんで、それに対する頭の働き方を学んだんですね(そうなんです。単純暗記でどうなるものでもないんですよね。

「ダメな例様」の合格体験記

ダメな例様合格おめでとうございます。
1:合格実績
①総合政策 不合格
環境情報 合格

現役時は国立志望でマーチ含め全落ち
浪人時は最初から私文でした

②予想点 
総合政策 英語116点(2-6) 119点(3-4)
小論文 3~4割
環境情報 英語150点(2-6,3-4)
小論文 5.5割~6.5割

小論文
総合政策 難しくて設問に答えることができませんでした…。低所得者にはファストフードが便利だから貧困による肥満とか治療費がどうこうとか書きました。字数7割

環境情報 食品ロス問題の解決策を書きました。もったいないだけでなく、ゴミが増え環境問題にも繋がり良くないので解決しようと書きました。
問3は1つの研究会につき1段落5行という構成で、くどいくらい設問に忠実に答えました。
問4は問3のをそのまま図にしただけです。正直こんなんでいいのか不安でした。字数10割
   
  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes

  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   浪人(n=1,ただし現役時ノー勉のため実質現役…笑)
そこはくだらないプライドを持たずに、浪人といってください。日本だから1年の差を気にするだけで、他国では気にするひとはいませんよ。あくまで、グローバルとして考えてみて下さい。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
結局受験では勉強を続けるのが一番大変だけど、正しいやり方で勉強すれば絶対に受かるよ。やるかやらないかの話。(ただし周りの環境が整っている場合)
正しいやり方(ある程度効果が出易いやりかた)を伝えることの難しさは今年体感しました。ブログだけだと全然伝わっていないんだな、と。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 思考力が鈍ると聞いたので暗記はしない。速単上級の読み慣れた長文で頭を冴えさせる。
  ②前日 本番の確認。今まで頑張った証になるものを見て勇気を出す。
  ③1月以降 過去問を中心に対策する。
直前、やっぱりやるべきは過去問だよね。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
勉強しろ!世界史!
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
勉強しろ!世界史!!
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
勉強しろ!世界史!!!
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
徹底的に欠点を指摘されるのを嫌がらずに小論文の添削持っていけ
(総合政策の方はクソすぎてボロクソ言われ、先生を怒らせました)
  ⑤高2の自分に伝えたいこと
勉強しろよ!!!!!
世界史に関しては何があったのだろう...。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
総合政策的アプローチに関するページ全て
それをいうと、このブログ全部が総合政策的アプローチに関する全てになっちゃうんだけどね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
子供のための哲学対話

英語→総合政策では大失敗したので偉そうなことは言えないのですが…。
以下全てSFCに限ったことです(←ここ重要)

受験生ってみんな単語とか文法は頑張るけど熟語をあんまりやってない気がします。解体英熟語などで熟語もちゃんとやりましょう。前置詞のイメージが大切です。ただし熟語は完璧に覚える必要はなく毎日パラパラと5分程度で見る程度でいいです。
単語は速単必修,上級がメインで、センター後にリンガメタリカを始めました。速単は効果抜群でしたが、リンガメタリカは正直ネットで言われてるほど効果なかったです。やって損はないですが、全部完璧に覚えなくていいです。あとは赤本の単語ページを使って知らない単語は全部覚えてました。空所補充の単語は書いてくれてないのも多かったので自分で書き足してました。それだけやればまあ十分です。満点取る必要はないですし(笑) 英検1級の単語とかはやるとかえって迷って選べなくなる気が…笑。でも、知らない単語が多い中で問題を解くという意味では、英検準1の長文問題はすごくいいです。しかも英検は全てが良問なのでオススメですね。青学とかで英検+小論文で受けられる学部があるんで、英検受けるのもありかと思いますけど、小論文が別物なんで難しいですかね。あとは、空所補充3つのうち2つが同じ意味だから答えは残りの1つというように仲間はずれ式の消去法で結構選べます。今年は総合政策の(67)でdespite,for all,givenが出されて、消去法でgivenだとなった気がします。 (ネタバレごめんなさい) for allは熟語やってればわかるはず。
時間あれば英文解釈もやった方がいいです。河合塾で英文解釈Tというのをやらされてすごく効きました。まあ市販のテキストでもいっぱいあるでしょう。
文法問題のための文法(難しい文法)は要りません。英語を読むための文法(基本的な文法)を完璧にしましょう。
時間があったら英語構文もやるといいです。(ほとんで出ませんが)
秋ぐらいまではちゃんと精読や読み直し(僕は速単上級)を繰り返し、冬ぐらいからたくさん長文を読みましょう。もうその時期になると丁寧に一文ごと復習しなくていいです。でも疑問点は解決しましょう。
最近は長文の難易度が下がり、昔は簡単だった内容一致も難化してる気がする(あくまで僕の感想)ので、空所補充は落としても内容一致は全部取らなきゃとか思う必要はありません。むしろ空所補充が易化してるかな…。
過去問解きまくれば空所補充で未知語を選ぶ勇気が出てきたり、内容一致の本文根拠の探し方もわかってきます。1年につき1時間くらいでサッサと復習してました。解き直しはしてません(やれば良かった)
センター英語はどんなに悪くても8割(できれな170くらい)は下回らないようにしましょう。でもSFCはマーク式なんで記述模試は偏差値60ちょいあれば十分です。
これくらいやって、SFCの過去問では7~9割取れてました(本番は大失敗)
最新4年分×2 +12年度の単語だけ×2
やりました。12年度は解こうと思ったのですが、最後に解いた年度が良かったので精神衛生上のことを考えあえて解きませんでした。
あとは、入試問題って全てが良問なわけではないので、たまには模試や問題集など良問を使い綺麗な答えの確認もしましょう(特に現代文で重要)
何も考えずにただ音読するのは意味がありません。するのであれば、精読を終えた後の仕上げとしてしましょう。でも何回もする必要はないと思います。受験英語ではひたすら音読だと主張される方もいますがよく考えて自分に合う方法を選択してください。
英語学習についていくつか補足。英文解釈は個人的にはやったほうがいいと思っています。自分が思うに、英語は学習タイミングのコントロールが割と難しい科目なんだと思います。その中で、英文解釈は重要度が高く、割と早めにやるべき内容なんだけれども、みんなが後回しにする内容です。これはさっさとやったほうがいいです。

音読に関しては、ブームや流行り廃りがあり、特に数年前は超ブームでした。声に出して読むと、脳によさげな結果があるよ、という研究結果はあるものの、単に音読するだけで成績がものすごくあがるものではありません。いろんな仮説があるものの、今の段階で私が言うとしたら「意味や構造を意識しながら音読することには意味がありそうだね」ぐらいです。
小論文→添削ではいつも5割とかだったんで偉そうなことは言えませんが…。
基本は設問に過不足なく忠実に答えることです!!!!!(←超重要。でもこれが難しい)
それさえできれば5.5割~6.5割くらいはいくそうです。
総合政策は社会科学の知識(役立ったかどうかは微妙)や時事問題への関心があるといいそうです。日本の論点は図書館で借りましたが読みませんでした(おい)。
環境情報は僕みたいに発想力も読解力もない場合は、予め何か発明品や社会問題の解決策を考えておくと楽です。(僕は休み時間に考え始めネットで調べたりした食品ロスがビンゴでした) 歩いてるときにあちこち見回すとネタが見つかったりします。 本番では開始後5分くらいで書き始める人ばかりでビビりましたが、自分は自分だし、他人は他人にはです。僕は環境情報では1時間くらい答案は書かずにいろいろ考えてました。他者に惑わされず自分のペースを守りましょう。
7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?
総合政策→06,99,12
環境情報→06,07,11

河合の小論文の先生にそれだけやれと言われ1回やりました。でもセンター後に目指し始めるのはバカだとボロクソ言われ怒鳴られました…。
マニアックな選択ですが、環境情報07あたりは今回は役に立ったのかな。
10:
こう偉そうに書いてしまいましたが、もともと慶應法志望でした。でもセンターで大失敗したが2浪は嫌だったこと、世界史ができないこと、英語が苦手ではなかったこと、SFCに興味があったことが重なりセンター後にSFCを第1志望にしました。世界史をやめて英語,国語,小論文で受験しました(青学,中央,法政,成蹊などは受けられます) 河合塾で社会科学系小論文は受講してましたが、SFCのは解いたことがなく怖かったです(英語も)。でも、いろはさんがセンター後にSFCにして受かった人もいると書いてくれてたので目指そうと思い、ビリギャルの一浪男子版(笑)になってやると決意しました。センター後1週間くらいはSFC対策がわからずあまり勉強できませんでしたが、いろはさんのブログを読んでました。総合政策的アプローチについて理解できたり、合格最低点の目安がわかったので目標点(英語8割程度、小論文6割程度)も決められたりして助かりました。(本当は両方8割目指しましょう)
僕は総合政策に行きたかったので想いが強すぎたのか信じられないほどできませんでした。でも、精神衛生上それでは良くないので、日吉から家まで帰る間「俺はできた。受かってる。大丈夫。」と無理やり思い込むようにしました。もちろんできていないことを実感したくないので掲示板とかその日の講評とかは一切見てません。そのおかげで環境情報は気持ちよく受けられ、悔いなく出しきれました(笑) 僕みたいにメンタル弱い人は精神衛生上のことをよく考えましょう。
SFCを目指す人はちゃんと早い時期から目指すといいです。応援しています。
試験おつかれさまでした。センター後からの切り替えでも毎年合格できる人はいますよね。

とにかく、合格おめでとうございました!

「りゅうせい様」の合格体験記

りゅうせい様、合格おめでとうございます!

オープンキャンパスの日にお会いして、その後、いろは塾ファイナルに来て下さった方です。おめでとうございます。
1:合格実績
  ①合格した学部
総合政策
環境情報
阪大経済結果待ち
  ②予想点 
総合政策 英数 6割3分 小論 全く検討つきません
環境情報 英数 7割 小論 全く検討つきません
  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes
  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   1浪
学科でしっかり稼いで、小論文でも得点された感じですね。国立も受かるといいですね!2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
落ち込む時はトコトン落ち込めば良い。それが結果的にいいことに繋がる
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 何が起こっても冷静でいる事
  ②前日 リラックスする事に全力を尽くす
  ③1月以降 国立の勉強をしていました 国立のための勉強に時間をさいているので、小論文よりは学科に力を入れていらっしゃったのかな、と思います。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
過去問対策の前にいろはブログを読み込む
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
基礎の徹底を大切に
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
基礎の徹底を大切に
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
焦る事は全然悪い事じゃない。むしろ焦るべき。
  ⑤高2の自分に伝えたいこと
精一杯遊ぶなり部活なりをするべき
基礎の徹底と焦ることの話おもしろいですね。

Twitterでもつぶやいたんですが、「私の知っている限りにおいて、ほんとうに頭のいいひとは、基礎からやっているからこそ、偏差値70に辿り着いている気がする。そうなっていない人は、基礎をかじってから「さぁ、応用だ」と応用に取り組んで途方にくれて「基礎をやってる暇はない」となって結果偏差値65ぐらいで終わる。」みたいな感じです。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
SFCは適性試験です!って何度も言ってる三ページのやつ
(このブログはそれしか書いていないけどねw)
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
いろはブログを徹底的に読む。あとここに掲載されてる他人の添削答案を読んでネタ集めしてもいいかも
7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか?
SFC専願の現役時に各5年分やったのみで、浪人時は去年の問題を直前にもう1回読んで頭の中で構成を考えたのみです。(通年で塾で小論講座を取っていたけどSFCに直接役立ったとは感じなかったです。文章を書く練習になる程度。)
文章を書き続けることは重要だと思います。
10:その他、ご意見・メッセージ
 その他、貴重なご意見をお待ちしています。
いろはブログの言ってる事を信じて、何度も何度も強調されていることを本番意識して書いたら合格しました。このブログは信用する価値があると思います!
ありがとうございます!

合格おめでとうございました!!

合格体験記以降のやりとり

合格体験記をいただいたあとに、いくつかご質問させていただいたので、それを加えます。

しょうろんをどう活用したか

SFC小論文の大前提の理解に活用しました。というか、何書けばいいのかよくわからないし、なんとかSFC小論文書けるようにならないかな〜って気持ちでブログ読んでたら、結果的に根本的で最も重要なポイント(SFC小論文は適正確認テストで、適正あるかないかをいかにして伝えるか…etc)に気付けたって感じです。

・いろは塾ファイナルのどこが役に立ったか

過去問を使って回答へのアプローチの仕方を説明してくれたことが役立ちました。ブログを読んで根本的なことは理解していたつもりなので、いかに回答するかを意識して吸収しようと心がけました。それが本番でもそれがだいぶ生きたと思います。この講座受けていなかったら平均点は超えていたとしても合格点には届かなかったと思います。
あと最後のトピックセンテンスの話はあんなにチョロっと話すだけでは勿体ないと思いました笑。あの事に気付けてない人が多いから自分の小論文の出来不出来の感触が信用ならないんだなと思うし、ブログでもあの事をもっと全面に押し出して強調したら良いんじゃないかなと思いました(上から目線でダメ出ししてるみたいですいません笑)
補足。トピックセンテンスの重要性を理解してもらうための小ネタが3つか4つぐらいあるのですが、そのうちの1つをいろは塾ファイナルで説明しました。その話ですね。

トピックセンテンスの重要性、理解できても、すぐにはなかなか文章には反映できないんですけれどもね。

国立の勉強とどう両立させたか

・【小論文】
国立の対策に時間かけたかったので、小論文は河合で週一で講座を受けていた程度でそこまで力を入れていませんでした。添削も経済とか法学部向けの添削をされるので、SFC受験にあまり役立ったとは思いません。正直言うと、SFC志望なら添削の結果はフル無視で大丈夫だと思います。
文を書く練習ももちろん大事ですが、SFC小論文にたっぷり時間をかけれない国公立志望ならブログをしっかり読んでその内容を意識しながら過去問のみに当たるっていうのが一番負担が少なくて効率的ではないかと思います。SFCの理念をしっかり理解している先生(あまりいないと思いますが)に添削に行けば更に効率的だと思います。
【英語】
SFCはオールマークなのでSFC専用の対策は特にせずに、ほとんど京大英語しか触れていませんでした。しかし、SFCの英語の空欄補充の部分が単語重視というよりも文脈重視の方向性に変わりつつある(受けてみて勝手に思っただけ)と思うので結果的にこれでよかったと思います。京大英語は文脈が命なので笑。あと内容一致の正答率も京大英語のお陰で良かったのかな思います。英数受験なら言うほど速読力は要求されないと思うので(これも勝手な感想)文脈把握力が何より大切かなと思いました。あと単語帳はパス単準一級を使っていました。難単語知っているってのは国公立でだいぶアドバンテージになるし、SFCにも役立つと赤本に書いてあったからです。ほかの単語帳を使っていないのでハッキリとは言えませんが、SFC受験に相当使えます。今年はだいぶパス単の恩恵受けたなぁと思いました。
【数学】
数学に関しては、SFCの過去問は前日に解いたのみで全く触りませんでした。塾のテキストや市販の参考書などで充分です。要するに国公立の対策だけしておけば大丈夫です。