FC2ブログ

Ⅵ SFC勉強法

ORFの子 〜ORFなんて狂ったままでいいんだ!!〜

  • ORF
違った、そうじゃなかった。
世界は最初から狂っていたわけじゃない。
僕たちが変えたんだ。
天気の子
世界って言葉がある。」というわけで、僕たちには、またこの季節がやってきました。

ORFとは

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)では、その研究成果の社会への還元を自らが果たすべき重要な社会的責任の一端と考え、研究活動成果を広く社会に公開する場として、「SFC Open Research Forum (ORF)」を毎年開催しています。この研究発表イベントでは、SFC研究所で実施している様々な研究プロジェクトの現状と将来計画を、展示やセッションなどを通して、産業界・国・地方公共団体・学会等に広く紹介しています。
About ORF
SFCが外部に様々な研究プロジェクトを紹介するためのイベントです。実際のところ、SFCがひらく他のどのイベントよりも、SFCでやっている研究の「いま」がわかります。

開催概要

日時 2019年11月22日(金・祝)~23日(土) 10:00~20:00
 ※ブースや会場により異なります。
場所 東京ミッドタウン(六本木)

詳細は、こちらをご覧ください。

セカイのカタチのかえかたについて

当日の天気が、晴れなのか、雨なのか、はわかりませんが、完全に建物内なので「ねぇ、今から晴れるよ。」っていわなくても平気です。

興味の幅を広げる

私がよくご相談に乗る受験生さんは、

私は、SFCに入らなきゃ死んじゃうんです。これができるのはSFCしかないんです。

と、ものすごく視野がコチコチに固くなってる人が多いです。でも、実際は、SFCはもっと楽しいことをやってますよ。実際、ORFにいって「自分がやりたいことが見つかった!」という人もたくさんいます。まずは、視野を広げるために、いろんなブースでお話ししてきましょう。

興味をもっと追求しよう

せっかく、いろんな研究会が展示を出しています。自分の興味ある分野について、自分より先に研究している人たちとお話しするチャンスです。

好きなことを話しながら輝いているSFC生に接触するチャンスです

勝手な行動しないこと、 みんな気をつけよう!

各ブースにいる方は、みんな研究のご紹介のためにいます

「受験生が入試の話ばっかりしてきて、ぜんぜん研究に興味をもってくれなかった」という悲しみの声を、毎年、時々、ちらっとおうかがいします。ORFの目的は上で書いてある通り、SFCの研究成果を外部に発表する場です。自分のことでいっぱいいっぱいになる気持ちもわかりますが、目の前の発表者さんのことを考えて、きちんとお話ししましょうね。まぁ、大体の場合、展示が面白いので、そっちをしっかりみちゃいますけどね。

服装は自由!制服の人もいるけどね。

学校からの指定で、「制服で行きましょう」と指定されていない人は、服装は自由です。ブースにいる方は、学会発表向けのカチッとした服装であることが多いですが、参加する側の服装は自由ですので、リラックスして行きましょう。

って、書いてたら、SFC生が「自分以外の友達みんなフォーマルだった」と言ってた年があったんですが、在学生のことまで面倒見きれません笑。

ORFでもらった資料に書いてあることを書いても、それが理由で合格することはありません

毎年、合格発表後にいただくご意見です。

ORFでもらった資料に書いてあったことを書いても合格しなかった。SFCで実際にやってる研究について書いたのに、どうして落とされちゃうの?意味わかんない。

逆もあります。

書くことないから、ORFでみたことを適当に書いたら受かった。ORFいってよかったー。

ORF会場で、やたら資料をたくさんもらって、そしてそれを丸暗記して試験に望んで、失敗する人。けっこういらっしゃいます。

SFC小論文は、SFCに対する適性試験なので、「適性を発揮できているか」がポイントとなります。ORFはあくまで発想や創造のヒントをもらったり、モチベーションをかきたてたりするためにいくものです。知識を仕入れて、それを答案に書くためにいくわけではありません。

キラキラSFC生に騙された><

これは入学後の感想です。ORFでキラキラしている先輩をみて、ものすごく憧れていたけれども、実はそういう先輩は少数だった。という人を時々みます。

実際、そうなんだと思います。入学してから、キラキラするか、それとも堕落の世界に落ちていくか、は本人次第です。「だまされた」かどうかも本人次第。でも、合格しないと、「だまされる」こともないので、当面は「合格」を目標にしましょう。

終わりに

今年のORFのウェブサイトを見ているかぎり、高校生のみをターゲットにしたコンテンツはありません。去年まではあったのですが。もしかしたら、受験生が在学生や先生が嫌がるような使い方をしたのかもしれません。あくまでORFは、SFCでやっている研究(の一端)を公開する場です。

しょうろんには、いろんな方の相談メッセージが寄せられますし、いろは塾でも、いろんな方とお会いします。SFCが第一志望でなかったとしても、SFCを受けるならば、ぜひORFを見に行ってください。何か、発見があると思います。
神様、お願いです。これ以上僕たちになにも足さず、僕たちからなにも引かないでください。
天気の子

3浪仮面の就活について〜実際の先輩の体験談から〜

ご質問

ご回答の補足

実は、このご質問に対して、3浪仮面のあのジョンさん(@john_nxsfc)「ジョン様」の合格体験記から「いいね」がついたので、プチ座談会をしてみました。お楽しみください。
いろは
ジョンが、三浪就職に関して一家言あるらしい。
ジョン
一家言程のものはないですが、人並みには話せますよ。
いろは
しょうろんに載せるから、ちょこちょことツイートするか、DM送ってよw
ジョン
何を話したらいいのか検討がつかないので、聞かれた内容にゆるく答える感じでどうですか?
いろは
笑。

ぶっちゃけ、三浪だと就活は不利だったの?
ジョン
個人的にはあまり不利は感じませんでした。
もっとも、何が理由で落とされているのかは開示されないのであくまで体感ですが…。
ESで落とされるケースは少なかったですね。
いろは
やっぱり………そうだよね。3浪が原因だ、とは言えないよね。ちゃんと書いてればけっこう通るし。

仮面浪人については書いたり、話したりした?
ジョン
そうだと思います。

仮面浪人について、書類に関しては相手方の質問項目によりますが、かける場合は積極的に書きました。
面接に関しては、すべての面接で話しましたね笑
いろは
笑。そういや、先につっこまれるスキを作っておくと面接で楽だっていったような記憶。

3浪や仮面について、イヤな質問はされたりしましたか?
ジョン
嫌だと感じる質問はされてないと思います。
勿論、仮面した動機や経緯、結果や得られたものや反省などは突っ込まれますけどね笑
いろは
自分が、就活する際に、仮面や三浪してることで、何か特別に気をつけてたことはありますか?
ジョン
特にありません。
強いて言えば、面接の際に仮面3浪の件は必ず話題に上がると想定したうえで、どの角度から突っ込まれても対応して話せるように準備はしました。
いろは
なるほど……

では、ifの質問をしたいと思います。ジョンさんは3浪してSFCを目指している受験生に、3浪することをおすすめしますか?もしくは、どういう人ならおすすめしますか?
ジョン
基本的にはおすすめしません。
SFCでないと絶対にできないって事は少ないと思うからです。

やりたい事が明確にあって、今現在で既に(大学等に頼らず)それに取り組んでいる、みたいな方にはおすすめですね。SFCは作業環境は提供してくれますが、基本的に放置なので、自発的に食いついて取り組むような人でないと、時間とお金の無駄になると思います。
いろは


逆に、3浪してSFCに入ってよかったと思うことはなんですか?
ジョン
うーん、正直あまりないですね。
自分自身を納得させられた事が一番の収穫ではないかと考えています。
もう一度今の記憶を持ったまま過去に遡れるなら、以前の大学で一年生からちゃんと大学生としてその大学に参加して、楽しい大学生活を送ろうと試みると思います。
いろは
おー、なるほど。

今日はありがとうございました。これからもぜひお願いしますね!

出願の際に「主体性」「多様性」「協働性」を入力するらしいよ。

学部一般入学試験のインターネットによる出願の際に,「主体性」「多様性」「協働性」に
関する経験について,入力を求めます。
・入力は受験生本人が行うものとし,出願の要件とします。
・入力した内容は合否判定に用いることはせず,入学後の学習指導上の参考資料としてのみ活用します。
・併願する学部が複数ある場合でも,1 回の入力ですべての学部に適用されます。
2021 年度 学部一般入学試験(2021 年 4 月入学)について

備忘録

入試サイトを見ていたら、こんな記述があったので、備忘録としてブログに書いておきます。

出願の際にびっくりしないようにしたいですね。ここで「合否判定に用いない」と書いているので、内容によって合否が決まるものではない(それに全学部共通の内容だし、学部ごとに違う内容出せないし。)というのは信じましょう。

ただし、ブランクだったら、「書類不備」にはなるでしょうね。気をつけましょう。

勉強法についての当ブログの考え方

【勉強法に関する考え方】
1:特定の大学に絶対に合格する方法は存在しない。
2:万人に当てはまる究極の勉強法は存在しない。
3:勉強時間と合格率は正の相関がある。
4:常に現在の勉強法をよりよくする方法は存在する。
5:ある程度いろんな人に当てはまる勉強法は存在する。

1:特定の大学に絶対に合格する方法は存在しない。

これに関しては、数学的に証明できるので、絶対に正しいということができます。

【証明】
「特定の大学に絶対に合格する方法が存在する」と仮定する。大学入試の合格者数には、必ず上限が存在する。定員よりも多く合格させる大学もあるが、それでも上限は必ず存在する。この上限をx人とする。「特定の大学に絶対に合格する勉強法」に従う人間がx+1人いる場合、合格できるのは「x人」であり、必ず1人は不合格になる。この場合、「特定の大学に絶対に合格する勉強法が存在する」という仮定に矛盾する。したがって、「特定の大学に絶対に合格する勉強法が存在しない」ということができる。

時々、「慶應義塾大学に絶対に合格できる方法」などの謳い文句を見ますが、数学的にありえませんので、信じないようにしています。「絶対に合格する方法」など存在しないのです。

だから「絶対に合格する方法」を探している人は、まずそれを止めてください。

2:万人に当てはまる究極の勉強法は存在しない。

「こう勉強すれば一番効率的だ」という究極の勉強法は存在しません。

これは数学的に証明できるわけではありませんが、『「2」を信じる人の方が合格確率が高い』という経験則があります。「万人に当てはまる究極の勉強法が存在する」と思う人は、よい勉強法を追い求めるあまり、実際の勉強に費やす時間が大幅に少なくなったり、今の勉強法で正しいだろうか、と思い悩み確信度が低いまま勉強することが多く、かえって非効率な勉強法になりがちです。

3:勉強時間と合格率は正の相関がある。

よほど変な勉強法でない限り、これも正しい法則です。いくら下手な勉強法であっても、「間違った内容」を学ばない限りにおいては、勉強時間が多いほど合格率は高くなるのです。試験日までに自分が期待するレベルの合格率にたどり着かないかもしれませんが、それでも「勉強時間が多いほど合格率が高くなる」のは確かです。

なお「勉強法を変えれば同じ勉強時間でももっと効率的に合格率が高くなる」ということはありえます。あくまで言葉通りに「勉強時間が多いほど合格率が高くなる」(≒「合格率が高くならないならば、勉強時間が少ない」)ととらえてください。

4:常に現在の勉強法をよりよくする方法は存在する。

「万人に当てはまる究極の勉強法が存在する」よりも、もっとストイックなものの見方です。自分の勉強法をよくする方法は、どんな場合でも常に存在し得ると考えています。だから、少しづつ工夫をしていくことでよりよい勉強法となっていくのです。立ち止まってはいけません。勉強を続けながら(「3:勉強時間と合格率は正の相関がある。」)よりよい勉強法になるように毎回少しづつ工夫を続けて行くのです。

5:ある程度いろんな人に当てはまる効率的な勉強法は存在する。

「人間」は「人間」という生物の特徴を持っています。人により、多少の差はあるにせよ、人間の脳にウサギの脳が入っていることは(普通)ありえません。だから個人差はあれど「人間」という生物の脳が持つ性質を全ての人は共有しています。

だから、人間という生物にあてはまる特徴から見いだされる「ある程度いろんな人に当てはまる効率的な勉強法は存在する」のです。

「ある程度いろんな人に当てはまる効率的な勉強法」は?

1:とにかく繰り返す
2:結果が出るには時間がかかる
3:意識しながら繰り返す
4:関係づける、体系づける
5:アウトプットを意識する
6:基礎の大切さを知る
7:寝る=夢を活用する
8:繰り返しはペンキ塗りのように

1:とにかく繰り返す

人間の脳はどうやら何度も目に触れるものや、何度も脳で意識されるものを覚える傾向にあるようです。だから特に初学時は「とにかく繰り返す」ことが有効です。勉強本は大別して「○○大学対策の勉強法」と「どこの大学にでも合格できる勉強法」のどちらかに分けられますが、結果的に確実合格者が多かったり、難易度の高い大学に多く合格しているのは、後者の勉強法をとっていることが多いです(試験1か月前から開始する場合は、「○○大学対策の勉強法」の方が有効だったりしますが。)。

そして後者の本で常に強調されていることが「とにかく繰り返す」です。

2:結果が出るには時間がかかる

人間は普通1日で変わることは不可能です。1日で身長は5cm伸びないし、どれだけたくさん食べても1日では食べた分以上に体重は増えませんし、脂肪として二の腕についたりもしません。同じように1日で全てを覚えることは不可能です。もちろんフラッシュバックのように、強烈な記憶は頭の中に残りやすくはなります。但し、全ての勉強内容をフラッシュバックのような形態で脳に入れ込むのは不可能です(そしてフラッシュバックは記憶を取り出す時に難があります。)。

勉強法を変えたところで結果が出るには時間がかかります。しっかり時間をとってから変化を確かめましょう。

3:意識しながら繰り返す

どうやら人間は「意識して繰り返されたもの」を覚える傾向にあるようです。最初は闇雲に「とにかく覚える」でやっていたとしてもうまくいきます。あるいは、「とにかく覚える」でやっていた方が効率がよかったりもしますが、そのうち壁に打ち当たります。それは「意識して繰り返されなくなるから」です。「とにかく覚える」の場合、「あれもダメ、これもダメ」という状態なのでいわば「どれも意識しながら覚えている」状態です。けれども、「繰り返し」が続けば、だんだん「できる」部分が多くなり「意識」することが少なくなります。そうなったころからは「意識して繰り返す」方が効率がよいのです。

「同じ参考書を繰り返しても答えを覚えるからダメだ」という人には、この「意識しながら繰り返す」が苦手な人が多いです。意識しながらやる方法として「音読」や「筆記」を推奨する人もいます。方法を変えることで「意識しながら」を自然とできるようにする方法です。但し、こういう方法論を勧める人はしばしば「音読」や「筆記」という方法論にとらわれがちになることもあるので注意が必要です。「意識」しないままの音読はあまり効果がないです(「とにかく繰り返す」レベルならば効果が高いが、それを越えると「意識して繰り返す」をしなければならないのは「音読」でも「筆記」でも壁が来るのは一緒。)また普段意識していないところをうまく使う方が効率はいいです。

4:関係づける、体系づける

人間はどうやら自分の頭の中にあるものと、これから覚えるべきものを関係づけられると覚えやすくなるようです。これも「意識」の一形態かもしれません。人間が覚えやすいのは「1チャンク」という「意味のひとかたまり」ですが、既に覚えていることと関係づけることでこの「意味のひとかたまり」が大きくなり覚えやすくもなるようです。

「とにかく繰り返す」で伸びなくなった人は「関係づける」「体系づける」に挑戦してみてもいいかもしれません。

5:アウトプットを意識する

人間の脳はどうやら

アウトプット
1:問題の解答を自分の脳で考える
2:実際に答えを出す
3:正誤を確認する

という「アウトプット形式」の方が「記憶に定着しやすい」ようです。

インプット
1:脳の外にあるものを認識する
2:繰り返すことで、その認識した内容を記憶して脳に留める

というインプット形式は、短期的に記憶するためには有効です。同じ情報であっても「インプット」と「アウトプット」で脳の中での処理の仕方が違い、「アウトプット」方式の方がどうやら脳に残りやすいのです。

prevent … from Ving(…がVするのを妨げる)

というイディオムがあったとして「prevent … from Ving(…がVするのを妨げる)」を記憶するためには、「短期的にはイディオムを繰り返す」ことが有効であり、これを何回か繰り返せばとりあえずは数日は頭の中で保持できます。ところが、この状態では数日たったら忘れてしまいます。だから「復習」するのですが、この復習の際は「prevent … from Ving(…がVするのを妨げる)」を繰り返すのではなく、アウトプット形式、つまりは問題を通して復習した方が効率的に記憶できるのです。

6:基礎を大切にする

いわゆる「難問」の類いは「奇問」でない限りにおいて、所詮「基礎」の積み重ねで解けます。多くの場合、「広い範囲の基礎を融合する」ことで「難問」が作られています。したがって、「基礎」をしっかり学ぶことによって驚くほど幅広い難問に対応できるようになります。

三角関数の基礎計算をしっかりできることで微積分の難問を解く力があがるということは往々にしてあります。とにかく「基礎」をバカにしないこと。

「僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった」の内容がとても示唆的だと思います。
それは、彼が教えてくれたことのなかに、頭の回転が速くなければ理解できないことなどひとつもなかったということです。彼のことを知るにつけ分かったことは、彼の知性と実績のほとんどは、まさに勉強と鍛錬によってもたらされているということでした。そして、必要に応じて学んで訓練をした知性の道具や数学の道具を蓄積した結果として、彼の大きな道具箱があるのだと知りました。
君がAをとったのは、君が勉強をしたかあるいは授業内容が簡単だったからです。君がBをとったのは、おそらく、どうやって扱ったらいいのか分からないことや、そう簡単には腑に落ちないようなことをすぐ理解してしまうのに慣れすぎたからだと思います。思うに、君は早いうちに認知と知性に関する道具をつくり上げて、新しいことを身につけたり処理したりということを素早くできるようになったのです。でも、あまりにもそれに頼り過ぎてしまって、それだけでは対処できない事態に必要となる、ちゃんとした道具一式を全く発達させなかったのです。
「SFC対策」と言われるものの大半は、こういう類のものが多いと思っています。
「頭がよい」というのは単に、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」ということを言い換えているに過ぎないからです。

(中略)

これが決断であるということを認めるのは怖いことです。なぜならそれは、君にはなにかをする責任があるということですから。でも、それは力が湧いてくる考え方でもあります。君にできるなにかがあるということですから。
受験生の間には「地頭信仰」のようなものがあり、それが「学習効率」を低下させることがあります。「○○大学に△△さんが合格したのは単に地頭がよかったから。」みたいな。遺伝要素やその後の長い間の鍛錬が大学受験に対して全く影響しないとは言えないとは思います。けれどもそれは「受験生がしっかり勉強しても合格しないこと」を意味しません。「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」までやってみましょう。

7:寝る=夢を活用する

2:で書いたように「結果が出るには時間がかかる」のです。その一つの理由に「どうやら脳は頭の中を整理して記憶するのに夢を活用しているから」というものが挙げられます。つまり「睡眠」は「記憶」に対して重要な役割を果たしているのです。睡眠の活用法としては、

1:寝る前に暗記したい箇所を復習する
2:寝る前に目標設定をしっかりする

の2通りがあります。前者は「覚える対象そのもの」に働きかけ、後者は「やる気」に働きかけます。

8:繰り返しはペンキ塗りのように

勉強するには「繰り返し」が重要なのは、1と3で述べた通りです。

この「繰り返し」について、「全範囲」を広く繰り返すと「急に伸びる」ときがやってきます。いつまでたっても細かい部分のみを繰り返すより、「いったん広い範囲を繰り返す、たとえたくさん間違ったとしても」があるほうが、どうやらビヨンと伸びるようです。脳は「チャンク(意味まとまり)」毎に対象を認識しますが、「いったん幅広い範囲を繰り返す」ことをやると、そのチャンクに柔軟性が産まれるようです。

「まだ前の部分しっかり覚えていない。」そんなことは分かっている。分かっているから、前がぼろぼろでもかまわないから広い範囲をやってみる。ペンキを塗りをするときに、端っこばかり塗らずに、何度も丁寧に上塗りしますよね。各箇所毎に塗る、というようなやりかたはしないですよね。何度も上塗りするのです。

勉強にもそれが役に立ちます。

最後に

「急に」合格できるようになる方法はほとんど存在しえない、とこのブログでは考えています。もちろん、直前に行うことで、まぐれ合格の確率が高くなる方法はありますが、所詮その程度です。そういう勉強法をとるかどうかは直前に決めればよいことです。

いまこの時期は、しっかりと実力をつけていきましょう。学問に王道はない、のですから。

残念ながら...な結果となった方へ

今年も、試験後に、いろんな方から不安の想いをDM、メール、ツイッターのリプライ・TLなどのいろんな形でいただきました。

 一昨年は、確か結果が芳しくなかった方と、合格発表の翌日にお話をさせていただきました。発表翌日にお話したその2人がすごくやる気があったので、いろは塾・2期やります、という説明会を準備しはじめたら、あとで別の方から「あれは自分たちのことを結局お金のためとしか見てなかったんだ」と思ってしまってショックを受けた、とお叱りを受けたり…。でも、
 そのあと、1年半経って別の方とお会いしたら、「あの人はそう思っていたみたいだけど、自分はぜんぜんそうは思ってないよ」とフォローしていただいたり。長くやればやるほど、いろんな言葉をいただき、それに対して喜んだり、悲しんだり、うれしくおもったり、さみしくおもったり。

***

いろんなお気持ちなどあるとは思います。私でよろしければ、ご相談、ご意見を受け付けていますので、コメント欄・Twitter(TL・DM)などでご相談ください。

言葉は言葉であり、想いをのせて、どこかに届きます。どれだけ事前に思っていても、現実が押し寄せると言葉が変わってしまうこともあります。けれども、言葉が「何かの想い」をのせていること、に変わりはありません。私は耳障りのいい言葉を聞きたいと思っているわけではありません。ただ、今言葉にのっている想いをお伺いしつつ、今後どんな想いを言葉にのせていくのか、のご相談にのりたいと思っています。

***

なにはともあれ。おかえりなさい。おつかれさま。少し休んだら、次の道を探しに行きましょう。私はコーヒーを淹れて、いつも通り待っております。

補欠合格だった方へ

補欠合格だった方へ

今、一番多いご質問が「補欠だとどれぐらい望みがありますか。」です。

真摯にお答えすると、「わかりません」です。

補欠合格に関してですが、「外部の人間よりデータが多い慶應義塾大学が予想しきれないためバッファとして準備している合格」です。だから、誰にも予想ができません。ただ、ランクが高い人は、それだけ回ってくる確率が高いし、そうでない人は回ってくる確率が低いのが補欠合格です。

これから3月にかけて、

慶應(SFC)は補欠合格は出す気がない

というデマが必ずでます(毎年出ます。)。あとは、

・○月△日に補欠合格が出なければ出ない
・昨日の会議で補欠合格が出ないことが決まった。
・先生が補欠繰り上げは今年はないといっていたよ。

というものもあります。”内部関係者”もやたら増えますが、一切がデマです。気にしないようにしましょう。過去3年の補欠からの繰り上げ実績は慶應義塾大学が公開しています。

補足

ひとつお答えするのを忘れていました。この時期は、「補欠を待つ」のか「浪人を覚悟する」のかどちらがいいですか?という質問。これに関しては、英語でも、数学でも、浪人のためとかあまり考えずに、将来のために勉強する方が時間を建設的に使えるかな…と思います。そうできないのであれば、その覚悟を決めるために「浪人を覚悟する」のはありかと思います。

(一昨年までは、補欠繰り上げの予想を出していて、今年もやわらかくは何かを書こうと思っていますが、冒頭の「外部の人間よりデータが多い慶應義塾大学が予想しきれないためバッファとして準備している合格」という性質を踏まえると、所詮1つのデマに近い物語情報を超えるものにはならない、と思っています。)

合格おめでとうございます!SFCへようこそ!!

合格おめでとうございます!!

皆様、合格おめでとうございます!!

はじめのお願い

<はじめのお願い>
1:ご家族やお世話になった方へのご報告が先!ツイッターやSNSはそのあと!
2:SNSなどへの合格画像貼付などは極力ひかえましょう。(悪用されることがあるよ)。
3:お酒やタバコは20歳になってから。バイト先でのいたずら画像ももちろん貼り付け禁止!

SNSはたくさんの反応が返ってくるので、ついSNSに投稿したくなりますが、落ち着いてからゆっくり報告しましょう。

つぎのお願い:合格体験記のご記入

合格後、落ち着いてからでOKです。合格体験記用エントリーに合格体験記を募集しています。みなさまがどういう風に、しょうろんと関わって、そしてどういう風にいろはと関わったのか、それが来年以降の受験生に一番役立ちます。ほんの少しでも結構ですので、コメントをいただけるとしあわせです。(お会いした事ある人は、ぜひ対談というか雑談をしましょう><)

みっつめのお願い

・The future depends on what we do in the present.
・You must be the change you want to see in the world.
・Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.
Mahatma Gandhi
入学は所詮、皆さんにとっての最初の一歩に過ぎません。目的語も修飾語もつけません。これからお伝えしたいお願いはたった一つです。

「学ぼう。」

これだけです。4年後に、皆さんが卒業するときに、今日の笑顔以上の笑顔でありますように。

終わりに

この世界線が誰にとっても幸せな世界線となりますように。

【朝&お昼休み更新】環境情報学部の小論文についてポイント集

今日は、火災報知器がなりませんように。

総合政策学部の手応えを思い出しながら落ち込んでいる人たちへ

小論文の良し悪しは自分ではわかりません。
プロの教授たちでも、院生や准教授に自分の論文を読んでもらって、論文のチェックをかけてから投稿することが多いです。ましてや受験生自身が自分の書いた文章を記憶に頼って再現しただけでは合否なんてわかりません。
(という話を、去年K大の准教授の先生と話をしていました。)
まわりの噂に流されずに、今日の小論文も落ちついて問題を解きましょう!

自分らしく、あなたらしく、でも設問に合わせて!

SFC小論文は、問題発見・解決に対する適性を確認するための試験です。

去年の小論文は、「こんなタイプの問題ははじめて」と思った人が多かったみたいです。それも正しいと思います。ただ、よく見れば環境2014に類似した問題でした。できる方は、あの中でも「問題発見」をしなければいけない部分、問題解決にかかわる部分をきちんと分けて問題が解けたようです。

大切なことは、問題発見・解決を表面的にとらえるのではなく、適性のレベルまで意識してとらえることです。そのために大事なのが次の項目です。

設問をしっかり読むべし

「設問をしっかり読んで、質問で尋ねられることに過不足なく答える」。たったこれだけのことなのにできていない受験生が山ほどいます。だから、あなたは、まず、この領域に達しましょう。丁寧に「設問で尋ねられていること」を明確にして、文章を組み立てて行きましょう。(いろは塾・ファイナルにきてくれたみんなは、タコの文章を思い出すんです。あのわかりづらさ。)たったそれだけで上位半分にはまず間違いなく到達できます。知識ではなく、丁寧さでここまで上がることができるのです。

環境情報の出題テーマは理系っぽい出題!

これは村井先生が明言してます。テーマは、サイエンス・デザイン・テクノロジーだから、どちらかといえば、解決策(ツール)よりの出題が心持ち多いのです。確実ではないけれどもね。単にツールを応用することが問われるのではなく、「ツールが悪い状態を良い状態にかえること」を意識して書く(価値観の設定をさせる問題)ことが問われているのではないか、と疑ってください。

授業の設計だってそうだよね。「身につけていない状態から身につける状態に変えるのが授業。」それを書くのがSFC小論文。出題に合わせてね。

SFCの理念は大事。

ただし、理念に沿ってそのまま書いちゃダメ。SFCは設問を通じて、受験生に「擬似的に問題発見・解決のプロセスのうちの一部のプロセスを実行させ、その結果を小論文の形にのこさせ、それを見ながら採点していく」と推測しています。

だから、問題発見・解決に対する「適性」を出題形式に合わせて示すことが最も重要です。

知識、アイデアはそんなに問われない。

設問を読んで、それに合わせた内容を書けばいいだけ。頭のなかにある知識やアイデアの正誤を問う試験ではなく、いまの頭の中を使って「問題発見・解決に対する適性」を示す試験!

新しいアイディアじゃないからって落ち込まないで、設問に答えてるかを確認!いろは塾の講義ではよくいうのですが、2時間の時間で思いつくアイディアが、ものすごいブレイクスルーを起こすアイディアであることは滅多にないです。(もし、そうであれば、SFCでは各講義で全員がものすごいブレイクスルーを起こしていることになる。無理でしょ?w)そうではなく、90分の講義の中で、自分がグルワをしたときに、単なる平凡な意見ではなく、まわりの意見を引き出せるぐらいのちょっとしたアイディアを満たしていれば十分です。そのためには、

・設問にきっちりと答えていること
・(設問に応じるレベルで)具体的であること
・ナラティブ(物語的)であること

の3点が重要です。設問に合わせて、自分の得意なことを思い出しましょう。去年のいろは塾ファイナルのときにお手伝いにきてくれたかぼちゃさんは、その考え方を「自分ごととしてとらえる」といっていましたね。設問の中の状況を「自分ごと」として捉えて設問を解きましょう。

再度、強調

SFCは問題発見解決がスローガン。問題「発見」という部分が大切で、何が問題なのかを特定できたら、たいていの問題の解決は近いのです。ちなみに、そもそも「問題」ってなんだろう?なんて問いに答えられる?
國領先生のこのTweetはとにかく重要。グローバルだったり、文理融合学部だったりするわけじゃなく、問題発見・解決を対象とするから、グローバルや文理融合になるわけじゃありません!

こういうことを念頭に置きながら、きっちりと『設問』に答えてね!

最後に

せっかくの平成最後のSFC入試、問題を見ながら、楽しく解いて来てくださいね!

【お昼休み更新】総合政策学部の小論文についてポイント集

はじめましての方は、はじめまして。そうでない方も、よろしくお願いします。お昼休みの直前更新です。

SFC小論文は「問題発見・解決」に対する適性試験

SFC小論文は「問題発見・解決」に対する適性試験だとこのブログでは考えています。

SFC小論文とは
1:「SFCで学ぶために必要な適性」の有無を確認する試験
2:特に問題発見・解決力に対する適性出題文に即して示すことが最重要
3:よって問題発見・解決を中心に適性を身につけ出題に即してそれを示す練習が不可欠

SFCの「問題発見・解決」は「普通」の意味の問題発見・解決ではありません。よく話題にされる問題発見・問題解決では、

介護問題を考えよう。その「原因」はなに?その「原因」のさらに「原因」は?と考え続けて、これが「真の原因」だ、というのを見つけるのが問題発見で、その「真の原因」に対策するのが問題解決です。

みたいな感じですよね。

でも、SFCの「問題発見・解決」はそこからスタートしません。2007年総合政策学部の資料文の中身がそれをよく表しています。

「城壁」は、城の中に住んでいる人たちにとっては、外敵から身を守る「解決策」
城の外から攻める人たちにとっては、自分たちの攻撃を阻む「問題」

と。つまり、SFCの「問題発見・解決」とは、対象が「問題」なのか「解決策」なのか、といった「価値観」や「枠組み」を決めるところからはじまり、その「価値観」や「枠組み」を定めることを「問題発見」と読んでいます。その後、「発見した問題」に対して「問題解決」を行うのです(この時に「真因」を考えるのは、もちろん「あり」です。)

これを元総合政策学部の学部長の國領先生は
SFCは問題発見解決がスローガン。問題「発見」という部分が大切で、何が問題なのかを特定できたら、たいていの問題の解決は近いのです。ちなみに、そも「問題」ってなんだろう?なんて問いに答えられる?
國領先生のTwitterより引用
と表現しています。

総合政策学部の小論文で問われること

総合政策学部(本当は、環境情報学部も、ですが)では、「資料文から「価値観」や「枠組み」を読み取る問題」や「読み取った「価値観」や「枠組み」、あるいは、自分で設定した「価値観」や「枠組み」に基づいた「解決策」を設定する問題」がよく出題されます。

単に「問題発見・解決」「IoT」「学際性」「国際性」を書けばいいのではなく、資料文や設問文においてSFCに対する適性を提示あるいは暗示し、そういった設問を解きすすむことによって、自らの適性を文章の中に示して行く試験だと考えています。

2018年総合政策学部

数的判断力や自主的な思考力を中心に問われる問題。まずはルールに基づき計算し、その計算結果を資料文などを見ながら解釈しつつ、最終的に党首選における選び方の望ましさルールを考える問題。最後の問題は、状況を理解した上で、それにあてはまる例を書く思考力も要求される。

2017年総合政策学部

年収と糖尿病死亡率の関係という原因を分析させる問題。問題の構造化を行う問題です。資料文から因果関係と相関関係についての性質を読み取り、また年収と糖尿病死亡率を分析するポイントも資料文から掴み分析する試験でした。読んだ資料を単にまとめるだけだと社会疫学的視点を忘れたり、因果と相関の関係を図に描ききれない人が多そうでした。

2016年総合政策学部

格差問題をどのように設定するかに関わる問題発見に関する問題です。(実際に研究を実行させる、という意味では問題解決に関わる実行力も問われています。)格差問題について3つの視点で書かれた文章が各視点ごとに6つ提示されていました。そして、各視点ごとに、資料がペアになっており、その両者の比較をする問題(問1と問2)です。必ず片方が古い研究で、片方が新しい研究になっていました。そして、問3では未来がどうなるかを予測する問題です。問1と問2では3パターンの研究の進め方を確認できるので、問3ではそれらを参考にしながら、未来を予測し、研究の方向性を決めればよい、という問題でした。

2015年総合政策学部

現状を計測する指数を設定する、という意味では問題設定・発見に関する問題ですが、この指標が問題解決後の状況をも有効に計測できるか、という意味やデータを集める意味では問題解決や実行力も問われています。
(1)生活習慣病の予防や健康管理による医療費の適正化
(2)保育所の待機児童解消や男性の育児参加促進による子育て支援
(3)選挙区の区割り改定による一票の格差是正
(4)外国人観光客の誘致による雇用促進
指標の問題は、「測りたい価値の明確化」「価値を表す指数の決定」「指数の計測方法の設定」「指数の再解釈」という4つのプロセスが重要になります。こうしたプロセスを通じて、データ分析を行わせる出題でした。

2014年総合政策学部

では「新しい教科書」というテーマで、まず世界史の教科書の例があげられます。これは「中国と西洋の立場に対する考え方を変えると教科書の中身が変わる」=「各教科をみるための価値観が変われば、教科書の中身もかわる」ということを示す準備問題(=価値観の設定を読み取る)が出され、その後「親しみにくい」教科書を親しみやすくする、問題解決が求められます。当然のごとく、SFCの小論文ですから、「親しみにくい」をさだめる「価値観」を自分で定めて、それに対応した「親しみやすさ」という「価値観」を自分で定め、その後「教科書の中身を変える」という問題解決を行います。

2013年総合政策学部

では、A〜D組という異なる価値観を持つチームがそれぞれ日本の針路に対する意見を持っています。そして、受験生はD組という「価値観」を持つ立場になり、他のチームに反論します。この時、自分の組や他の組の「価値観」を読み取り、相手の「解決策=針路」を論破していくわけです。この問題では「相手の価値観」にも反論できますし、「解決策」にも反論できます。相手の「問題発見・解決」を読み取りながら、弱点を探して行くのが特徴です。(資料文には、露骨に価値観が定められています。)

2012年総合政策学部

では、グローバリゼーションが政治経済に与える影響を通じて、問題発見と問題解決をよみとらせます。グローバリゼーションが何らか「よいもの」をもたらさない限り、グローバリゼーションは進むことはありません。だからグローバリゼーションが「どんなよいもの」をもたらすものとして過去進んできたのかを論じて(もちろん、悪影響もありますが、通常、悪影響がよい影響をしたまわるから、グローバリゼーションは進むのです)、グローバルゼーションの与える変化を説明するための主要な要素を資料文から読み取って(共通する論点や相違する論点、自分が重要だと思う論点など)、そしてグローバリゼーションのあたえる変化がどうなるか、を一般的に表現するのです。そして、問2では、その読み取った論点を用いて、次世代のグローバリゼーション、つまり、次に起こる「よい変化」と起こりうる「悪い変化」を設定していくのです。

2011年総合政策学部

は、さらに露骨です。「よい日本」という「価値観」を設定させたあと、それに対する「解決策」を定めさせます。そこから一歩進んで、「そういった問題発見・解決のアプローチを自分なりに定式化してね」という設問が出題されます。そもそも設問文に
「ある枠組み(価値基準・規範)の中で考えたサブシステムにおける定量/定性的な最適解は、別の枠組みで考えると最適にはならないことを認識し、枠組みの設定こそが重要であり、そのために絶えず物事に対しズームをきかせながらとらえ俯瞰するといった、全体のパースペクティブを意識的に持たねばならない」と指摘します。これこそが、総合政策学のアプローチの主要な部分といえます。
慶應義塾大学総合政策学部2011小論文過去問より抜粋
と書かれています。

 過去7年間の総合政策学部の過去問を概観しましたが、いずれもSFCの問題発見・解決について出題がなされ、「資料からそれらを読み取ったり」、「自分で価値観を設定して、問題解決をさせたり」します。これがSFC小論文が求めていることなのです。

SFCの小論文は実は「同じ問題」が繰り返されている

SFCの小論文は「問題発見・解決」に関する適性を確認するための設問がひたすら繰り返されているだけなのです。

これを解くためのステップは実はかんたんです。

1:設問や資料文の中から「問題発見・解決」に関係する部分を読み取る
2:設問で要求されている通りに、問題発見・解決の考え方に基づいて分析を実施して書く

難しい知識などはいりません。もちろん、資料を読む時に、そういった知識があれば、ちょっとだけ便利ですが、決してそれは不可欠ではありません。
「○○問題」が出たとしても、その「背景知識」が問われることは稀です。むしろ「○○問題」の背景にある「価値観」を読み取ったり、自分で設定することの方がはるかに重要となるのです。

最後に:合格体験記から

昼休みに読める量にコンパクトにまとめてみました。さらに、このブログに賭けてみよう、と思った方は、
 1ページで把握する「総合政策的アプローチ」
 3ページで理解する総合政策的アプローチ
を読んで、SFCの問題発見・解決に関する理解を深めてみて下さい。ちなみに、過去の合格体験記ではこうしたコメントをいただいています。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
縦の糸、横の糸(ここが自分にとって合否の分かれ道だったと思います)
「Mira様」の合格体験記
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
1頁で把握する SFC合格のみであれば個人的には
これだけで必要十分だと思います。
「HP様」の合格体験記
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
3ページで理解する総合政策的アプローチ
SFCの小論を書くにあたって重要であることの全てがここに凝縮されていると思います。必ず読みましょう。ここを読むだけで合格する人もいるかもしれません。
「ずふぉ様」の合格体験記
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
3ページで理解する総合政策的アプローチ
これ読めばセンスある人は受かっちゃう気がする笑
ほんとおすすめです。
総合政策2010年の資料に書いてある事を小論文対策用に焼き直したような内容なので、信用性はあると思います。
「サクサク様」の合格体験記
みたいな感じですね。ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

出題に関する基本的考え方

センター後から追いつくSFC小論文講座(1日目)小論文とSFC小論文を理解しよう
センター後から追いつくSFC小論文講座(2日目)設問に合わせて答えることがSFC小論文の命です
センター後から追いつくSFC小論文講座(最終日)小論文を通じて、適性を示すことが最重要です

それでは、試験前の最後の昼休み、よろしければしょうろんと一緒にお過ごしいただければうれしく思います。試験がんばってくださいね☆

【2019年度:直前更新4】明日はいよいよSFC入試ですね!

もう明日になってしまいました。毎年、直前更新を指折り数えて楽しんでたのですが、今年はリライトの山の合間の更新でした。ふときづけばいつの間にかここにいた、って感じです。

1:「厳密な意味での設問文」をとらえよう

 今日のいろは塾・ファイナルでも「設問文を読むこと」をひたすら強調しました。春からいらっしゃる方はもちろん、冬期講習や直前講習から参加して、一緒に添削をしてきた方も、その難しさは実感いただいているはずです。

 けれども、丁寧に「厳密な意味での設問文」を把握して、その設問文に合わせて資料文を読めば、かなりのレベルで「何を書くべきか」がわかります。

試験会場では、必ず「初見」の小論文に出会います。絶対に、です。もちろん、タイプ分けをすれば「○○年度の問題に似ている」と分析することはできます。そうすることで、「ある年の問題の類題だ」あるいは「初見だ」と分類することもできます。けれども、そのタイプ分けが必ずしも正しいわけではないし、それは安心の材料にしかなりません。

でも、設問文は毎年SFCの先生が作ってくれる受験生へのメッセージです。タイプ分けをして「こんな問題は見たことがない」と焦るよりも、丁寧にSFCの先生からのメッセージを読み解きましょう。「初見」の問題であっても必ず、設問文の中にヒントが隠れていて、それがあなたの味方になります。忘れないでください。「初見」だろうが「類題」だろうが、設問文はあなたの味方です。

2:眠れなくても体は横にしておこう

 試験前日は、色んな方が眠れないようで、毎年TLやDMでゆったりといつものようにリプライを送り合います。でも、12時ぐらいには、おやすみしようね、ともいつもお伝えしています。「眠れない」のは緊張しているから当たり前なんです。けれども、体は今日も十数時間動いて疲れています。だから、布団の上で体をおやすみさせてあげましょう。もちろん、明日の試験について、怖い想像をしてしまうかもしれないし、やり残したことで不安になるかもしれない。でも「明日」こそ、たくさんの仕事をする必要があります。

そのための体力を蓄えましょう。そのために体だけでもやすめてあげましょう。「おやすみ。ありがとう。」と体にもいってあげましょう。そのために、夜12時過ぎたら、電気を消して体を横にしてあげてくださいね。おやすみなさい。

3:最後に

毎年毎年、このメッセージを書くのに悩みます。
昨年は、こんなことを書いていました。
一昨年は、こんなことを書いていました。
どれだけきれいな言い訳をしても、結局、明日はみんなの孤独な勝負だもの。

 去年の春に説明会をやったのが、まるで昨日のことのように思えます。多浪生向け座談会もやりましたね。ほんとに、つい最近のことに思えます。
 春のうちは「あやしいな」と思いつつ(笑)、そのうちしっかりと信じてもらえるようになって、一緒に勉強して、今日ファイナルの日まで続けてきてくれた人たちもいます。先生の立場でいると「あの人たちが仲良くなってるな」「あの人たち実は合うのかも」とかいうのはけっこう見えたりしたものでした。
 そのうち、秋にも、冬にも、いろんな人に加わっていただき、いろは塾全体でガヤガヤという雰囲気になりました。名前を覚えきれなかった人、ツイッターアカウント名は覚えたけど、本名は覚えられなかった人、いろいろいました笑。いつも間違えて覚えてしまっている人がいて、今日のファイナルでも間違えました笑。変な名前の人もいました。誰だよ、江頭2:50ってw誰だよ、ブチギレってw誰だよ、ニュートリノってw。

***

そういえば、直前講習で、アウフヘーベンについての説明をしました。正ー反ー合。「正と反という2つのものをより高いところで統合する」という論じ方の話です。先ほどから、一昨年のメッセージと昨年のメッセージを往復しながら、いろいろ考えていました。だけど、なかなか「合」に行き着きません。私って無力ですね。

最近、いろは塾とは別のことで、ずっと「世界線」について考えていました。SFで使われる用語で「パラレルワールド」に近い意味ですね。

たぶん、世界は残酷で、無限に存在する世界線の中には一緒に勉強してきた人の一部がSFCで一緒に勉強できないような世界線も存在していて、そして、おそらくは、圧倒的にそういう世界線が実現する確率のほうが高いのです。そして、どれだけ強く願ったとしても、その1つの世界線が実現したら、別の世界線は全て消え失せてしまいます。しかも、どの世界線を実現するか、については、それに関わるプレイヤーに委ねられています。そして、世界線自体の運命は、プレイヤーではない私の手からはもう離れてしまいました。あとは皆さんに任せるしかありません。

***

できるだけ多くの人を、願わくば、全員をのせた世界線を実現してくれ。あとは任せた。

では、がんばってきてね。