FC2ブログ

Ⅶ よくある質問

いろは塾に入る気ゼロでも面談していいの?

全部気にしなくてOKです。

・親同伴でいいですか。
・SFC第一志望でないけれどもいいですか。
・いろは塾に通えないけどいいですか。

全部、OKです。

特にご要望がない限り、面談は、

面談の流れ
1:こちらの自己紹介
2:状況の確認
3:SFC小論文とは
4:質疑応答 or 添削答案チェック

みたいな感じですすみます。もちろん、多いケースではないですが、過去にはほとんど人生相談になった場合もあります。また、ご相談にきていただいている方の志望度によっては、むしろSFCの受験すらしないことをおすすめする場合もあります。(というか、今ご受講いただける講義が実質直前講義しかないです……。)

いろは塾を安心してご理解いただくためのお約束

1泊ルール

「受講の意思決定は見学や面談のその日には行わない」というルールです。必ず、家に帰って、最低1晩考えてから、お返事ください、というルールにしています。見学にきていただいた方は、8割以上の比率でその後も講義を受けてくださいますし、多くの場合講義後すぐに「来週以降も講義を受けたい」と返事をくださいます。だけど、必ず1晩考えて、おうちの人と相談してください、といいます。

誓約書

これは、「見学や面談にご参加いただく方」のためのルールです。講義中には隣の方と話すこともありますし、他の人の答案をお見せすることもあります。またご面談や通信講義のみであっても、Google Classroomを通じて、他の人の答案を見ることができます。そのため、「見た内容(個人情報)は外部にもらさないでね」というお約束をしてもらいます。あとは最近は、1時間の面談であっても、体調不良などで倒れてしまわれると連絡する先がないと困るので緊急連絡先のお電話番号を書いていただいています。

基本は講義参加前に1回見学していただく

夏期講習・冬期講習・直前講習では難しいのですが、

前期・後期の講義は必ず、一度、無料見学していただいてから参加いただく

というルールにしています。

すでに何度かお伝えしているのですが、後期の講義と冬期講習はほぼキャンセル待ちの状況(欠席がわかっているところしかあいていない)です。だから、ご見学いただいても、確約できるのは、直前講習といろは塾ファイナル(前日講義)だけですので、いまのところ見学の結果、ご参加を決めていただくものは何もない……という感じです………。

終わりに

したがいまして、結論…気軽に面談しにきてください、と思います。50分ほどの時間しかないですが、それなりに充実したお時間を過ごしていただけるよう努力しています。よろしければ、今後のご見学・ご面談予定をご覧の上、いらしてください。

小論文を書くときにネタが思いつかない…

A:しょぼいネタでも基準にあった答案を書けるようにしましょう。

アイディア系のご質問をよく受けます。アイディア力そのものを鍛える方法については、通学はもちろん見学や通信講義を受講中の方についても見られる「おまけ動画」でご説明しています。

ただ、もっと重要なのは次の2点です。

1:自分の得意ネタを作る
2:しょぼいネタでもいいので全て基準にあった答案を書けるようにする

です。順にご説明します。まず、

1:自分の得意ネタを作る

これは主に、「大学に入ってやりたいこと」でかまいません。これまでいろんな得意ネタをお持ちの人を見てきました。

・アニメ
・野球
・陸上
・自動翻訳機
・自動車
・ファッション
…………

ここに上がっている話題は合格した人が実際に武器にしていたアイディアです。(実際、本番にこのネタを書いたかどうかわからない人もいます。)また同じ話題を武器にしていたけれども、不合格だった人もいます。ただ共通していたのは、「自分で自由に書いていい」という話題の場合には、どんな場合でも自分の得意ネタを使って書いて、それを磨いていたことです。

ときどき、SFC小論文は「大学に入ってからやりたいことを確認する入試だから研究計画書を書けばいい」という人がいますが、それはちょっと違います。小論文自体で問われているのは「やりたいこと」ではありません。けれども、自分な得意なネタであれば、さまざまなアイディアも豊富に出てくるので、それだけ書きやすくなります。ぜひ、自分のアイディアをブラッシュアップしましょう。

2:しょぼいネタでもいいので全て基準にあった答案を書けるようにする

これは総合2015などの指標を作る問題や、総合2017のような因果関係を図示する問題で多い悩みに対してのアドバイスです。いろいろ考えていると、必要なことがたくさんありすぎて、どのようにまとめていいかわからなくなりますよね。そういう問題の練習としては、「どんなアイディアでもそれなりに設問で求められていることに答えられる」ようにしてください。

もちろん、アイディアや発想に対して点数はつく可能性は高いです。けれども、小論文の全ての点数がアイディアや発想点である可能性は低いです。200点中50点もアイディア点がつけばよいほうだと思いませんか?それ以上は配分されないでしょう。だから残りの150点で満点を目指せばよいのです。正確には、アイディア点で20点〜30点稼いで、その他のところで120点〜130点稼げば、それで150点という十分合格できる得点をとることができます。

だから「アイディアの練習」にこだわることなく、他のところで高得点をとる練習をすればよいのです。もちろん、満点は逃してしまいますが、だからといって、0点ではありません。本番試験ではとにかく1点でも多く得点をとりたいので、せいぜい全体の50点にも満たない部分で悩むよりは、残りの150点で高得点を狙ってください。

終わりに

試験時間の2時間で「世界を変えるようなアイディア」がぽんぽん浮かぶような人はいません。私が講義で口を酸っぱくしていうのは、「授業であてられたとき」や「グループになって話をするとき」に、授業で問われていることに合わせてある程度有意義なことを発言できる能力がアイディア力だ、ということです。120分の試験時間で確認できるのはせいぜいそれぐらいのことなので、「つまらないアイディア」であることを気に病むことはなく、「設問にあったアイディア」を書くことを心がけてください。

それでは。

しょうろんブログの価値について

質問箱でいただいた質問が面白かったので。

しょうろんブログの価値について

しょうろんブログの1番の価値は、SFC(小論文)でもっとも重要な問題発見・解決の概念をわかりやすく説明しており、またそれに合わせて学習した人が比較的効率的に、SFC小論文でよい点数をとり、本番試験に合格している点だと思います。ぶっちゃけ、問題発見・解決だけで言えば、いろは塾の講義で説明している内容は、全てブログ内に網羅されています。だから、ブログの読者に読解力があり、書いている内容を誤解せずに読み取れれば、「問題発見・解決」に関するアドバンテージはなくなります。言い換えると、試験を受けにくる3,000人強の受験生全員がしょうろんブログを理解すると、SFCの問題発見・解決という点について全員差がなくなりますので、確かにしょうろんブログの価値はなくなります。ただ、「ブログの読者に読解力があり、書いている内容を誤解せずに読み取れれば、」は、経験的にかなりありえない仮定です。

実際、このブログの内容で、SFCの問題発見・解決を理解できる人は、全体の1/3から1/4ぐらいだと思います。

「適性」を示す部分はあまりブログに書いていない

実際のSFC小論文においては「問題発見・解決に対する適性を示す」ことでよい成績がとれると考えています。ブログ内で、書いていなくはないのですが、SFC小論文で問われる適性(6つ)をどのように示すかを、ブログ上では網羅的に示していません。

もちろん「問題発見・解決に対する適性がある」かつ「設問に合わせて解答を正しく書ける」を「常に」できるのであれば、133点〜144点ぐらいはとれるとは思います。ただし、一部の適性は、「本当に適性がある人は悩まずとも書けるが、適性があまりない人は注意しないと書けない」ものです。そういう適性に対する「示し方」は、ブログの中では書いていません。正確には、以前は多少は書いていたのですが、フォーマットの類と勘違いされて、「とにかく、○○と書けばいいんですよね?」という誤解を何度も受けたのでブログから外しました。今はわかりやすいものしかのっていません。つまり、こういう関係です。

問題発見・解決 … ブログに全て載せている
適性 … ブログには一部しかない(講義では説明している)
示す … 読解力や文章力の範疇(ブログに書いてもいるが、むしろ現代文といろは塾講義の範疇)

だから、しょうろんブログを完璧にマスターしたとしても、1つ目の問題発見・解決の部分しか理解ができないため、その意味では完璧に理解していないことになります。

適性の示し方について、簡単な話は面談でもしていますし、過去問を3、4年度分もやれば、バリエーションはともかくとして、ほとんどのパターンはカバーできます。

「適性」の一部は身につきにくいのも事実

現代文の成績がそう簡単に上がらず、また、個人差があるのと同じように、読解力や文章力には個人差があります。また適性にも個人差が生じやすいものもあります。典型的なのは「数字を操る力」です。「単位・指標の問題」は実際のところ、そんなに難しいものではないのですが、それよりも総合2018の計算問題は、本番で実際に出てきたときに「常に」正答するには、それなりの算数力が必要となります。

だから、実際にはブログの内容だけでは、合否は半分ぐらいしか決まりません。それに加えて、個人差もあります。その個人差を考えると、
「よりSFCの適性に近い内容」を「試験日」時点で書けた人が合格するんだと思います。
ということになります。もちろん、試験本番での緊張なども影響しますから、そういうものにより差が出てくるんだと思います。

結局

「問題発見・解決」と「適性」の両方を答案に反映できる人は強いです。最終的に目指すのはそこです。だから、まずはそれができるようになりましょう。その観点でいうと、ブログでは伝わりづらい「適性」は講義に回して、「問題発見・解決」はきちんとブログで示しているという感じです。

それでは。

ウェブ上の模範答案の利用について(利用や活用には、本当に気をつけよう…)

ウェブ上の模範答案をみてびっくりしたこと

先日から、「私が教えていた内容」と似ているな…と言っていたブログの一部に、私が昨年、冬に教えていた生徒の答案が含まれていました。

そちらのブログには、添削済答案のうち、

・環境2015…3回目の答案(2回リライト)
・環境2017…初回答案(実際にはリライト済答案あり)

が掲載されていました。環境2015の答案は「そこそこいいのを、書いてるじゃん」と思っていたのですが、環境2017は…「あれ、イマイチ」だなぁ…という感想を持っていたので、「実はうちのブログの全てを読んでいるわけじゃないんだろうな」と思いながらみていたのですが、そうではなかったようです。

たぶん、環境2017については、リライト済の答案を捨ててしまわれたのだと思います。そのため、初回答案を使わざるをえなかったのだと思います。当時のメールアドレスがまだ有効かどうかはわかりませんが、その方のメールアドレスにリライト済の答案を改めてご返却して、せめてウェブ上にのせるなら、こちらのリライト済の答案にしてください、とお願いしました。ひどい答案をウェブ上に載せておくと受験生が混乱するからです。(ほんと…どうせなら、本家本元をきちんとみにきて><)

ウェブ上の模範答案を利用するのは本当に注意してほしい

ウェブ上の模範答案を利用される受験生は、そのブログに書かれている経歴や肩書きなどをみて、「あ、これはSFC生やSFC卒業生が作っているんだ」と安心されるのかもしれません…。けれども、その裏では、こういうことが生じていることが十分にあります。

そして、そもそも私は、模範解答をWebに掲載するのはあまり好きではありません。私が、模範解答をのせたくない理由は、「テレビの登場」じゃないよ……学習の際に気をつけてほしいことにも掲載しました。(なぜ元のブログがこんな単純なミスをしてたかわかりました。上の環境2015や環境2017の答案を書いた方は、環境2016は受講なさってなかったのです。)模範解答だけ見せられて、それをうまく使える方は限られます。だから、私は模範解答をできるだけ載せたくないと思っています。

仮に、SFC生が作成していても、質の低い答案が氾濫する状況になっています。ウェブ上の答案を用いるのは注意してください。 と思います。

同時に………ありがたいことに………

悲しかったので、こういう悲しい書き方になりましたが…、それでも毎年のように、合格者の方から、後輩や自分の予備校や塾の教え子に「SFC小論文ならいろはさんのところだよ」とご紹介いただいています(こういう悲しい例は私が気づいている限りごく少数です。)別の、SFC対策塾でアルバイトしながらも、私のことを陰でおすすめしてくださっている方がいるのも知っています。私の知らないところで、YouTuberさんにもご紹介いただいているようです笑

できれば、質の低い模範解答を参考にするのではなくて、ぜひしょうろんブログを読むか、いろは塾まできてください。もっとしっかりしたことをお伝えすることができます…。面談などは、ぜひぜひ、こちらからよろしくお願いいたします。

お申し込みフォーム



しょうろん&いろは塾は「現代文」を推しているけどどうしてですか?

ブログをよくお読みいただいた上で、ご見学orご面談にきていただける方からよくいただくご質問に、
現代文はどのレベルまで勉強すればいいのですか?
というのがあります。

端的に申し上げて、「家庭用テレビの登場」を「テレビの登場」と誤読するような恥ずかしい答案を書かないため(笑)に必要なんです…が、むしろ大事なのは「設問分析」の方です。「設問」で尋ねられていることに正しく答えるためです。

ご面談に来ていただいた方には、目の前で実演できますし、予備校などで解いた答案があれば、その方の設問読解力をきちんとチェックできるのですが、ブログだけだと伝えづらいのも事実です。要は、「聞かれたことに答えている」ということに「自分で気づく」ために読解力が必要なのです。そのための現代文です。だから、現代文の勉強を何時間やった、とかではなく、「設問に合わせて答えられるようになったか」の方が基準となります。参考書を2、3冊やることを想定して目安時間を作成しています。

小論文を書く一般的な手順やプロセスを理解してください。

1:設問文を読み解く
2:資料文からヒントを読み取る
3:1と2に合わせて小論文を書く

このうち、1と2は読解力が問われる作業です。これをきちんとできないと、よい小論文は書くことができません。逆に言えば、確実に合格するためには、読解力を磨くしかないのです。いろは塾の講義に参加いただいている方は、このプロセスは「思いつき」なのではなく、どんなSFC小論文にでも当てはまる汎用的な作業だということ学んでいただいています。そのための過去問演習です。あとは、どれだけ注意力を発揮して文章を読めるか、にかかっているので、個人の読解力に依存してしまいます。

もちろん、過去問でも読解力を伸ばせるのですが、それをさらに補助する意味で現代文の勉強をお勧めしています。

SFC入試時の筆記具について(2mmのシャープペンシルでアンダーライン)


※2015年度入試までは、青ボールペンを使用して小論文の問題用紙にマークするという裏技がありましたが、現在はボールペンは使えなくなりました。現在は、全学部でボールペン使用不可となりました。
試験中に使用を認めないものの一例
・ボールペン,赤ペン,色鉛筆,色マーカーペン(蛍光ペン等),付箋
慶應義塾大学 2020年度 入学試験要項,p27
2017年度からは、全ての学部でボールペンの使用が禁じられました。2015年度までは、黒あるいは青のボールペンの使用が認められていたので、問題用紙に下線を引く時に青ボールペンを使う、という裏技があったのですが。今年も青ボールペンは使えないでしょう…。(なお、文学部のみボールペン使用可能な時期もありましたが、それもなくなった模様。)

しかたがないので、「太い芯」で代用するしかありません。

SFC入試で使用可能な筆記具

入学試験要項の説明がかなりトリッキーなので整理しておきます。

マークシート...黒「HB」鉛筆のみ
マークシート以外...黒「HB」「B」の鉛筆、黒「HB」「B」のシャープペンシル

過去問の傾向にしたがえば、

学科試験...黒「HB」鉛筆
※但し、問題文にチェックするときは、黒「HB」「B」の鉛筆、黒「HB」「B」のシャープペンシルを使用可能
小論文試験...黒「HB」「B」の鉛筆、黒「HB」「B」のシャープペンシル

です。

just idea...

もし、問題文に線を引く時に、どうしても下線部を目立たせたい!!という人は、
試験中に使用を認めるもの
鉛筆(黒「HB」「B」),シャープペンシル
(黒「HB」「B」)

※解答用紙がマークシートの場合には「HB」の黒色鉛筆とプラスティック製消しゴムを使用してください。
慶應義塾大学 2018年度 入学試験要項,p26
というルールの範囲内で行動するしかありません。

シャープペンシル 2mm

そうですね。太さの指定がされていません。だから、2mm芯の製図用シャープペンシル(芯の硬さHB)を使いましょう。多少は目立つ線が引けると思います。

なお、製図用のシャープペンは概して「柔らかい芯(2Bとか)」のものが多いので、くれぐれも芯の硬さがHBまたはBのものを探すようにしてくださいね。これを使用することに関して、文句を言われる筋合いは全くもってございません。これを使ってほしくなければ、2.0mm芯はダメ、とか芯の太さまで指定すればいいんだし。

クラッチペンシル、芯フォルダー

次は微妙な選択肢。

鉛筆,色鉛筆及びそれらに用いるしんという日本工業規格において、鉛筆は
手などで保持して描く筆記具で木軸などの中に鉛筆用しんを固定し,描くときに加わる力に耐えることのできるもの。
と定められています。シャープペンシルも同様に、シャープペンシルという規格があり、
筆記及び/又は製図のために,しんを保持し繰り出す筆記具。
と定められています。これに定められているものならば、日本で「鉛筆」「シャープペンシル」と言い張っていいはずです。残念ながら、シャープペンシルにはシャープペンシル用しん(JIS S6005)という規格があり、この中で芯の直径は2mmが最大ですので、芯の太さ2mm超過のシャープペンシルは規格上存在し得ません(実際には「2mm」は「呼び直径」ですので、計測した直径に関しては「1.95mmから2.05mmまで」の許容幅があるので、芯をたくさん購入して「2.05mm」の芯を探し出す、という行動をとれば2.05mmまでは合法的に可能です。ここまでする意義は全く感じませんが。

世の中には「クラッチペンシル」「芯ホルダー」という「太い(鉛筆)芯」を「機械で留める」タイプの筆記具があります。これを製造メーカーにJISの「鉛筆」と呼んでいいかどうかを確認すれば、本番試験でも用いることができます。(少なくとも、メーカーに確認までしているのに、それを理由に不利な取り扱いにすることはできない。)

クラッチペンシル5.5mm芯を使えば、HBの硬さで、最大5.5mmまでの太さの線をひくことができます。クラッチペンシルや芯ホルダーは本来であれば芯を削って使うものですが、うまく削れば3mm〜5mmぐらいの線までは引けると思います。

まぁ、ぶっちゃけ試験監督だって、芯ホルダーやクラッチペンシルぐらい許してくれるんじゃないですか?(適当。責任は一切とりません)仮に試験監督に「だめ」と言われたら、「ごめんなさい」といって「2mm芯のシャープペンシル」を使えばいいんだし。クラッチペンシルは弱視の方が太い線を書くために使う、という用途もあるようなので、大学側も無理に拒否できないでしょう。
※注:クラッチペンシルの芯が「マークシート」に使える保証はありません。

ここまでして太い線を引くメリットがあるかはわかりませんが。

終わりに

わかっているとは思いますが、後半ジョーク記事です。が、

・現在は、ボールペンは使えない
・かわりに「太い芯のシャープペンシル」で代用するしかない

というのは覚えておいて下さい。ロフトにでもいけば、0.9mm芯のシャープペンシルは普通に販売されていますしね。そういう一工夫が点数につながるのであれば、やっても損はないと思います。

なお、上では冗談で「JIS準拠」なら先生も文句を言えないでしょう。と書いていますが、実際には試験監督の指示にしたがってくださいね。

【令和2年度】SFC入試の採点方式について ※3段階採点は終了しています

いまだに「SFCでは学科・小論文による事前の足切りあり」と解説しているページが山ほどあるので今年もアップロードしますね。(いくらSFC対策が片手間だとしても、これはひどい。)

このエントリーをまとめると...
1:3段階採点方式は既に終了。2015年度以降は学科の成績に関わらず、小論文は採点されている。
2:正確には「選択した受験教科の得点と,小論文の採点結果を組み合わせて最終判定を行う」方式。
3:したがって学科と小論文と同時並行で対策すべき。

もうすでに慶應SFCは3段階採点方式をとってはいない。

Yahoo知恵袋や匿名掲示板、さらにはSFC専門塾ですら、SFC「3段階採点方式」についてよく触れています。しかしながら、この3段階採点方式は2014年度を最後に行われていません。慶應公式の入学試験要項を見てみましょう。昨年度は、
採点方法について:選択した受験教科の得点と,小論文の採点結果を組み合わせて最終判定を行います。
慶應義塾大学 2020年度 入学試験要項 p11,p12
と書かれています。2014年度までは、
小論文は選択した受験教科(「数学」あるいは「外国語」あるいは「数学および外国語」)の得点が一定の基準に達した受験生について採点します。小論文が一定の水準に達した受験生に対して、受験教科の得点と、小論文の採点結果を組み合わせて最終判定を行います。

慶應義塾大学2014(平成26)年度入学試験要項、慶應義塾大学2013(平成25)年度入学試験要項
のように明記されていました。だから、いわゆる3段階方式の足切りはすでに終了しています。これを以て、

・SFCの採点では足切りがなくなった。

と言われることがありますが、それは早計だと考えています。あくまで「組み合わせて」と書かれているので「足切り」がなくなったとは言えません。
 この文面(や配点)から分かることは、

・小論文は学科試験の成績に関わらず、必ず採点される。
最終的には、合否は学科と小論文は1対1の重要度で判定される。

ということでしょう。例えば「両方採点後に、学科は上位30%以上、小論文は上位60%以上の人だけを選び、残った人のみ合計点で合否判定」という足切りがあり得る、ということです。(2018年度追記:でも得点開示の内容をみると、たぶんありえないと思う)

採点後の足切り有無は不明

採点方法について:選択した受験教科の得点と,小論文の採点結果を組み合わせて最終判定を行います。
慶應義塾大学 2020年度 入学試験要項 p11,p12
再度の引用になりますが、太字で強調した部分。ここが「合計して」等となっていないので、全部採点後に
 ・学科、小論文の両方で足切りをした後、合計点で判定
 ・小論文のみで足切りをした後、合計点で判定
といった採点方法はありえます。

そこから先は、SFCの先生しかわからないことだと思います。過去のオープンキャンパスに参加された方からは「小論文をしっかり採点するために、足切り方式をやめた」と担当の先生から説明を受けた、という話も聞いた事があります。いずれにせよ、もうすでに3段階採点方式は実施されていないことだけは確実です。

結論

ということで、繰り返しになりますが、

2015年度以降は小論文は必ず全員分採点されています。
但し、小論文採点後に学科・小論文に関して「足切り」があるかどうかは不明と考えています

知恵袋の回答者さんとか割と適当なことを書いていることがあるので、きちんと「公式情報」を確認してください。予備校の先生や私や知恵袋が正しいんじゃありません。「公式」に書いてあることが絶対です。

それでは〜。

おまけ:そういえば…

SFCのn期生(要は一桁台)の方と先日お酒を飲んでいたのですが、過去にSFCの先生が小論文の採点について「一応、足切りする仕組みにはしていたけれども、足切りした中にもいい人がいるかもしれないので、結局全部みてた」と言っていた、という話を聞きました。お酒の席の話ですが、ご参考に。

SFCの問題は思わぬところでつながっている

現在、環境2011年度(新しい単位)の添削をしています。添削しながら思うのは、多くの人が「単位」の問題を、他の問題と独立の問題だと考えているように思います。

けれども、実際のところは、たいして別の問題と変わりありません。確かに、数字をつかって表現する、というめんどうな条件がありますが、それをのぞいてしまえば、ほとんど他の年度の問題と変わらないのです。

そこに気づけば簡単に解けるようになるのになぁ、と思う日々です。

添削をしつつ思うこと:抽象と具体を自由に扱えるようにしよう。

毎週20個ぐらいの添削をしているので、年間では1000近くの添削をしている気がしますが、「抽象と具体」をうまく扱えない人が多いように感じます。似たような視点ですが、「鳥瞰と虫瞰」というのもあります。

要するに、書くときの「細かさ」を、自在に調整する能力だと思えばいいです。
先生、理由はどれぐらい細かく書けばいいですか?ステップはどれぐらい細かく書けばいいですか?要約はどれぐらいすればいいですか。
DMや講義の質問
お答えは簡単です。

ぜーんぶ、ケースバイケースです。日常会話でも同じですよね。2文でオチを求められる場合もあれば、わかるように丁寧に話さなければならない場合もあります。みんなとわいわい楽しく話しているときに、1分ぐらい(いや、30秒であったとしても)長く話をしたら、「空気読め!」とか「なげーよ」とかツッコミを受けるはずです。(関西はそうでした。)

字数により、だいたいの目処はあるものの、最終的には、設問で問われている内容にも関係しますので、自分でそれを決めなければいけません。それこそが、SFCで問われる「構想力」の一端でもあります。

重要なのは、「いま自分が何を書いているか」を俯瞰しながらモニタリングする自分を意識的に持つことです。友達と喧嘩しているときに、エスカレートしていく自分に対して冷静にツッコミをいれてくれる方の自分を常に持つことが重要です。これは、できない人は、自分で練習しないとできないですし、知識があればできるものでもありません。

ぜひ、抽象や具体、俯瞰や虫瞰を身につけましょう!

SFC受験に伴う宿泊について:2020年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

今年も、SFC入試は「日吉」で開催されます。詳細は、慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2020年2月17日(月)
・環境情報学部 2020年2月18日(火)

です。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!人が1人はいます。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方が無難です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方がよいと思います。

補足 試験会場の公式発表を待たずして、ホテル予約をする方もいらっしゃるようなので、昨年度は公式発表すぐに予約をしても、意中のホテルのシングルやツインなどの部屋があと少ししか空いていない、ということもあったそうです。

宿泊駅の選び方

宿泊駅を選ぶための基準は3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。5年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

第1位 横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。サグラダファミリアよりも工事が長引きそうな迷宮。

東急東横線:約14-20分
横浜市営地下鉄:約40分
タクシー:4,790円(約30分)

第2位 新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

JR+東急東横線:約15-17分
横浜市営地下鉄:約25-27分
タクシー:2,450円(約20分)

第3位 渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR or 東急田園都市線+横浜市営地下鉄作戦が使えます。

東急東横線:約19-27分
タクシー:5,700円(約50分)

第4位 みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

東急東横線:約18-24分
横浜市営地下鉄:約40分〜45分
タクシー:5,510円(約40分)

第5位 川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

東急東横線:約25-28分
タクシー:2,360円(約20分)

第6位 元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。過去の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

東急東横線:約23-26分
タクシー:6,230円(約40分)

番外1:センター南駅

横浜地下鉄グリーンラインを用いるため、基本的にSFCのためだけにくる人におすすめ。目立つホテルは、ホテルアトラスのみ。観光地は少ないものの、横浜市における主要な生活拠点に指定されているため、都市としては整っています。

横浜市営地下鉄:13分
タクシー:2,990円(約20分)

番外2:綱島駅

日吉駅の1駅隣。がんばれば、慶應まで歩ける。慶應入試のため連泊するならばおすすめ。目立つホテルは、ホテル タイムズイン24 綱島のみ。特に都会の駅ではないので驚かないように。むしろ、住宅街の玄関口みたいなイメージ。(私は東日本大震災の翌日に、比較的早く運転再開した東急線に乗って、この綱島駅まで到着し、そこから当時の自宅まで2時間かけた苦い思い出があります。)

東急東横線:3分
タクシー:1,010円(約10分)

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、日吉に行くときの電車が若干混まないかもしれません(しかも、目黒から日吉まで22分で1本でいけるんですよね。)。渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです(宿の質は落ちますが。)。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:過去の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんがスタートを切った商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとコインランドリーがないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

電気スタンド

たまにホテルに設備がない場合があるので、きちんと確認してみてくださいね。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。Google Mapでも簡単に検索できますしね。

ドラッグストア

急に頭が痛くなったりしたら、ロキソニンやイブなどの頭痛薬がほしくなります。お腹が痛くなったら、下痢止めなどもほしいですよね。コンビニでは置いていないことも多いこれらの薬も近くにドラッグストアがあれば安心です…基本的に大きめの駅であれば、近くにドラッグストアがあるので安心です。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

受験生応援プランは…意外と便利です。

たとえば「2019年度版!受験生応援プラン!」(るるぶさん)。高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

合格体験記では、バッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。