FC2ブログ

2015年03月

SFC小論文の配点について

SFC小論文の採点方法は、ときどき話題になります。今回は、その採点方法について「想定される配点」から推測したいと思います。なお、このエントリーは多分に「推測」が含まれたエントリーです。読み物のひとつとしてお楽しみいただければ幸いです。

SFC小論文の合格最低点

私が入手できる限り古い赤本を用いて、各試験科目(学科)毎の合格最低点を表にしてみました。なお、2013年以降は小論文については、大学側が合格最低点も基準点も開示しない方針となっていますので、データはありません。

総合政策学部

年度数学外国語数学・外国語
2012111122111
2011122122122
2010111100122
2009111111111
2008151145151
2007120132132
2006114132132
2005114145132

環境情報学部

年度数学外国語数学・外国語
201278122100
201177111111
2010126126126
2009100117117
2008108108108
2007114108114
2006114120114
2005108120120

ヒントは「等差数列」

この過去の合格最低点を眺めていると、ある規則性に気づきます。それは「111点」「122点」「132点」「120点」「114点」という数字が多いということです。少し整理してみますと、

総合政策学部
2005年〜2007年 114,120,132,145
2008年 145 151
2009年〜2012年 100,111,122

環境情報学部
2005年〜2008年,2010年 108,114,120,126
2009年 100,117
2011年〜2012年 77,78,100,111,122

というように数字が並んでいます。総合政策学部では2009年以降、環境情報学部では2011年以降の合格最低点は「77,78,100,111,122」とほぼ11点刻みです。唯一の例外は77点ですが、これも11点刻みの「78点」の近傍にあります。

総合政策学部は2008年、環境情報学部は2009年に若干の異常値があります。総合政策学部は6点刻み、環境情報学部は17点刻みです。

さらにさかのぼると、総合政策学部では2005年から2007年まで、環境情報学部では2005年〜2008年,2010年までの合格最低点は「108点、114点、120点、126点、132点、145点」に集中しています。これは、ほとんど6点刻みとなっています。唯一の例外の「145点」に関しても、6点刻みで予想される「144点」の近傍にあります。

ここから一つの仮説を立てます。

SFC小論文は、過去は6点刻み、最近は11点刻みの配点であった。

ここから簡単な計算をしてみます。

11点刻みなら、200÷11≒18の約18段階評価
6点刻みなら、200÷6≒32 の約32段階評価

つまり6点刻みならば32段階評価、11点刻みなら18段階で評価されていると仮定できます。またほとんどの場合が、きれいな6刻みあるいは11刻みになっていることから、少々の漢字ミスでマイナス1点や表現のあやまりでマイナス1点のような配点をしていなさそうだ、と推測できます。

あるいは、「合格体験記12:テクマクマヤコン様」に示されているような5段階評価ではなさそうだ、という推測ができます。

ここから先は完全に推測ですが、複数の先生が採点し「論理」「アイデア」「表現」「適性」などに項目を細分化し、それぞれの項目を3段階あるいは4段階で評価するなどして最終的な点数を算出しているのかもしれません。だからこそ、このように「6点刻み」あるいは「11点刻み」の点数になっていると推測されます。18段階や32段階と偶数になっていることは、複数採点であるという予測を若干は揺るがせはしますが(例えば二人の先生が同じ観点で採点する場合、合計点のあり得る組み合わせ奇数個となるため)、恐らくは何らかの方法でこれぐらいの段階刻みで採点していることは、相応に合理的な推測と思います。

SFC・慶應他学部・早稲田・上智の合格しやすい順

質問です。慶應SFC、慶應の他学部、早稲田、上智の受かりやすい順を教えてください。
慶應SFCは小論が大きウエイトを占めるので難易度がイマイチ分かりにくいです。勉強時間が同じなら、慶應のSFCと慶應の他学部や早稲田や上智のどちらが受かる確率が高いのでしょうか?
当ブログのコメント欄から抜粋

ご回答:比較は無理です

すみません。比較は無理です。私が上記大学の全ての学部学科の全ての試験方式を理解しているわけでもないですし。偏差値的な難易度が知りたければ、各予備校のサイトなどを見てください。学部学科によってもずいぶん違いますので。

早慶上智に合格するためにどうすればいいか

ご質問を読み替えさせてください。

早慶上智に合格するためにどうすればいいか?

一旦は「学校別対策を忘れて基本を学習する」

まだ3月ですので、「学校別対策」をするのは、後からでも十分です。また、MARCHレベル以下であれば、「◯◯大学は、毎年こういう傾向の問題が出るから、◯◯大学に合わせた勉強をする」という対策を徹頭徹尾続けることで、合格の可能性はそこそこあります。ところが、早慶上智レベルでは、この対策はあまりうまく行きません。特に確実に合格しようと思えば、なおさらです。大学別の対策を最初から主眼に置くのではなく、「基本」から学習して、着実に力をつけていきましょう。

この段階では、科目は割と広めに勉強した方が無難です。

・英国社
・英数国
・英数理

私学3教科ならば、この辺りがメインになると思います。この場合、夏休みまでの学習イメージは、

・英:東京一レベル、国:MARCHレベル、社:センターレベル
・英:東京一レベル、数:MARCHレベル、国:センターレベル
・英:東京一レベル、数:MARCHレベル、理:センターレベル

に到達することを目標に時間配分や力の入れ方を調整しながら勉強します。夏休みまでに、上に書いてあるレベルに到達するのは難しいと思いますので、あくまで力点の置き方のイメージです。

夏休み:志望校の過去問のいくつかを解く

実際に過去問に集中するのは、11月ぐらいからでも十分です。しかしながら、各大学の難易度を知るために、夏休みまでには志望する早慶上智レベルの大学の過去問を解いてみてください。それ以外の時間は、基本を学習することに配分しましょう。

この時期に、過去問を解くことで目標と現在地の差が明確にわかります。

もし、英語以外の科目のレベルが上がってきたら、もう少し上のランクを目指すようにがんばりましょう。

11月以降:第1志望、第2志望を決める

11月まで学習してくれば、だいたい自分の実力がわかるようになってきます。自覚もあるでしょうし、模試の結果も出ています。だから、興味のある大学の学部学科の過去問を見て、第1志望と第2志望を決めて、過去問対策をしましょう。この時は、できるだけ3教科の試験方式を選んでください。

この時期は、第1志望と第2志望の過去問を5年分やりこむことを目標にしてください。それに加えて、過去問で分かった苦手な範囲の対策も行ってください。

1月以降:受験校選び

第1志望、第2志望、SFC2学部、その他受けたい数だけ受験校を決めてください。SFCは学科の試験がそこそこ取れたら、小論文次第で合格しますので、予定に空きがある限りは受験してください。

第1志望、第2志望以外の対策は志望度に応じてやってください。

大切なことは早い時期から「志望校」を絞った対策をしないこと

「かんたんな大学」の「うかりやすい学部」の過去問に合わせた対策を優先すれば、近道に見えるかもしれません。しかしながら、難関大を受けに来る人は基本的に基礎力も高いので、そういう小手先の対策を優先するよりは、「基本」に忠実に勉強した方がいいです。

質問に答えてはいないと思いますが、こんな感じで。いま、学部学科を絞ると却って合格可能性が下がってしまいますよ。

「秋様」の合格体験記

合格おめでとうございます!あの方でしたか(笑)
1:合格実績
①合格した学部
環境情報学部

②予想点 英語 82(2-6) 78(3-4)点 数学 8割くらい 小論文 130~160 点

小論文=埋めた字数(9割)

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
1浪
学科がかなり高得点ですよね。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
第一志望に固執しすぎて周りが見えなくなってないか?
これはいろんな人に言いたいですね。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 解けたつもりの問題で計算ミスしてないか確認(数学)
  ②前日 寝ろ
  ③1月以降 後述
ほんとに、前日ぐらいベッドの中で体だけでも休めてくださいな。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
予備校に通うなら、利用してやる!くらいの気持ちで

  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
基礎固めの大切さ

  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
直前期になって焦らないように、そろそろ最終地点を見据えた勉強をしような??

  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
計画通りに進まなかったことを悔やんでもなんの生産性もない。現実を見て次何をするべきか考えましょう。
一歩ずつ、一歩ずつね。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
当ブログを用いた「総合政策的アプローチ」の学び方:オススメ編
3ページで理解する総合政策的アプローチ
10頁で3通り学ぶ
しょうろん特講

大切なことが何回も繰り返し登場するので、自然と覚えられました。
何事も基本が一番ですよね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
しょうろん!!!
速単上級
速単については後半でも触れられていますね。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes
次からがおもしろいので楽しみながら読んでください。 編集はしません。
8:アンケート
私が言いたいことはズバリ、「受験は水物である」ことと「第一志望にこだわっている自分がいるならば、本当に自分がその大学に行きたいのかもう一度考え直してみること」です。

私は自分で言うのもなんですが、特殊なケースです(笑)
高2まで先のことを何も考えず、ただ定期試験をその場しのぎするだけで特に何の目標も持たずに生活していた私は、勿論大学受験のことも殆ど意識せず、目の前のことにしか意識を向けられていない有様でした。
しかし高3で偶然ICUの存在を知り、調べれば調べるほどICUに惚れてこの時初めてICU受験という明確な目標が定まりました。因みに高校では特に何も考えず理系コースを履修していました。
ですがこの状況で現役合格するほどICUは甘くはないので、あっさり浪人が決定しましたね。因みにsfcのことはこの時知りませんでした^^;(情報を集めることも遅かった)
そして本気でICU合格を狙うため、文転をして国公立型の勉強をすることにしました。
2浪するつもりはなかったので、併願校としてsfc,SILS,法政GIS等を受けることにしたものの、頭の中はICUでいっぱいでずっっっとICUの勉強しかしませんでした。具体的に言えば『BUCHOさんのオンレク』を軸にセンター対策(総合教養、人文社会科学の知識問題対策)として英数国世界史倫政物理基礎化学基礎。それに加えて地理とおまけに日本史近代史をしました。
英語は速単上級をリスニング→精読→シャドーイングの順番で多読し、読解力とリスニング力を鍛えました。この本単語帳としてはあまり機能してないと思うけれど、多読として使うならば本当にオススメです。
センターの結果は8割4分ほど。この時点でGISはセン利合格。国公立は特に行きたいところがなかったので、横国の経営(センターのみ)に出しました。
秋頃に某K様がAO入試で受験されるのを大々的に報道させあそばせなさったおかげか、志願者数は爆上げで辛かったですね。。(理系受験生に人文科学が必須じゃなくなったのも関係しているかもしれないのもあるが)
~ICU受験当日~
「過去問10年分以上殆どの年で合格点越えてたし、知識問題も他の受験生より遥かに網羅できている。オンレク(簡単に言うと高級過去問)でICU特有のクセも体系化して頭に刻み込んだ。これは合格できる!」と意気揚々と試験に臨みました。
人文社会科学はいつも通りこなせました。
ところがICUの今年から始まった新課目の総合教養ATLAS。ここで苦手だった条約に関する問題をピンポイントで突かれ、後から考えると意味不明な間違えを連発してしまいました。頭では前の科目を引きずらないことが大切なことなんて百も承知だったのですが、なんせ高3から2年間、片思いをし続けてきたICU。その想いは自分の思っていた以上に膨らみすぎてしまっていたようでした。切り替えられない。1回しか流れず音も小さいリスニングをそのような状態でこなせるはずもなく、これは落ちたな....と思うと同時に、試験は水物であると強く実感しました。
ここが2月7日。ここから初めてsfcの対策をしようという考えが浮かびました。(浮かんだって変だけど、本当にICUのことしか頭になかった^^;;;;;;;;)
SILSよりはsfcに興味があったのでSILSは無対策で臨むことにしました。
とりあえず赤本を買って、英数を解いてみたところ特に問題なかったので特徴的であると聞いていた小論文に着手することにしました。
いろはさんのブログに出会ったのはここです。『「しょうろん」のSFC小論文についての考え方』のエントリーを読んで、しょうろんの通りにしてみようとなりました。
とりあえず上に絶対に読んでほしいページとして載せたものを、エントリーの題を見たらすぐに内容が思い浮かぶまで読み込みました←これ大切だと思う
※余談ですがしょうろん特講は必ず月単位で購入してください!私は焦ってたのか説明もあまり読まず1つ1つ買ってしまってました(笑)因みにこれでダメージを受けたのは私の財布ではなく、他人よりはITリテラシーがあると思っていた自分のプライド?です(笑)
過去問はエントリー中で触れるものを除いて実際に解く暇は殆ど無くて前日に1年分流れの通りに解いてみただけでした。
そして試験当日、英数は手応えがあり残りは小論文。
総合政策的アプローチに従い設問を分析し、縦の糸に横の糸を紡ぐその時、ICUのために勉強してきた知識が生きたのです。今回の小論文では放射性廃棄物について書いたのですが、物理と世界史の知識でうまく横の糸を紡ぐことができたのです。つまり、ICUのために勉強した知識で小論文に多角的なアプローチをかけることができたのです。
仲間のことにも十分に触れ、小論文も手応えを感じて書き終えることができました。
あ、でも最初の題名をつける設問は飛ばしてラスト10分で適当に書きましたw
他にも、ICUの試験の文章を何十題もこなすことで読解力や背景知識がついたこともプラスに作用していると思います。
これらから言いたいことは、「試験は水物であり、一本勝負は危険すぎる。他大学のためにしていた勉強が間接的に役に立つことも大いにある。つまり、一つの大学にこだわっている人がいるならば、本当に自分にはその大学しかないのかもう一度見直してみて併願校を探すという選択肢もあるよ」ということです。現に今私はsfcに進学することを嬉しく思っています。


な、長い.....
オンレクは神です(笑)。SFC小論文対策は相容れないところもありますけれどもね。

ちなみに、私は秋様をよく覚えてます。ブロマガは単体記事で500円、月単位で買うとまとめて1000円のため、明らかに月単位で購入いただいた方が安いのです。試し読みのために単体記事を購入いただくのはよいのですが、全部読みたければ、月単位の方が安いのです。それなのに、ポチポチと500円ずつご購入されていた方がいたのです。ツイッターで呼びかけても出てこなかったので、エントリーを使って呼びかけましたよね。

合格されててとてもうれしいです!

「Focus様」の合格体験記

Focus様、合格おめでとうございます!Twitterを見ててとてもうれしかったです。(私が、ツイッターで「(補欠は)AとBぐらいは。」みたいなツイートをした後に、Focusさんの「ランクCは論外だな」みたいなツイートがあったんですよね。その2時間後ぐらいにランクCまで補欠出た!!って感じです。)これからも準備が大変だと思いますががんばってくださいね。
1:合格実績
①総合政策学部

  ②予想点 学科 156点 小論文 見当つきませんが多分足きりぎりぎり
   2−6配点

小論文=埋めた字数
    問3の記述は5割ちょいでした

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
現役
英語は十分に点数があったけれども、小論文はちょっと、って感じだったんですよね。きっと。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
何もせずぼんやりしてる時期が一番苦しい
なんでもいいから、なにかしよう
うん。行動する、というのは意外とキーになります。情報を集めるよりもね。

踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃソンソン。というよしこの節は結構好きです。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 朝風呂で目覚ます&レッドブル
  ②前日 めっちゃリラックス
  ③1月以降 英単語&しょうろん
後ほど出てきますが、英語にはそこそこ自信があった、というタイプの方です。念のため。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
  目標を立てなさい
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
  机に座りなさい
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
   このあたりからしっかり対策すれば余裕が出ると思います
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
  なんとかなるから思い込む必要はないよ
現役生に共通することですが、「スタート」が遅いことが多いです。合格した人は、まだ苦労話で済むんですが、合格しなかった人にとっては後悔にしか繋がらないですから。できるだけ早く着手しましょう。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
3項で理解する&合格体験記
短期合格のためには、「合格体験記」の熟読は必須だと思っています。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
速読英単語上級&リンガメタリカ
1週間で詰め込みました
後半で出てくる通り、基礎はできている方です。念のため。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes

8:アンケート
 僕がSFCを受けると決めたのはセンター試験2日前でした。それまでこの学部のことは知らなかったけど、ほぼ何もしなかった受験生活、最後くらいどこかに挑戦できないか考えていたときにこの学部を探し当てました。ここを受けると決める前は、何もせずともA判定だった受験科目の少ない国公立に行く予定でしたが、SFCを調べているうちにここにどうしても入りたくてたまらなくなりました。
英語には多少自身があったのですが、1月20日ごろにはじめて過去問を解いたときに2010年の英語は80点に届かず、くやしくてたまらなかったのを覚えています。
小論文を解くと、もうめちゃくちゃでした。

しかしながら英語はとにかく単語と過去問、小論文はいろはさんのWebページを眺める(書く練習はほぼしていません)を3週間したら英語も7割とれてきて、小論文では学部の理念を意識した解答がある程度はつくれるようになりました。

本番は学科はいい感触がありましたが、小論文はまったく時間が足りず、内容もダメダメで落ちたと直感でそう思いました。
結果的に補欠合格しましたが、ほんとにギリギリでした。

受験勉強をいつはじめようが、結局はやるべきことはやったか、と本番で力を発揮できるかだと思います。
小論文で何をすれば分からないときにこのブログに出会えてよかったです。
ありがとうございました。(文章下手でごめんなさい)
SFCの過去問は、セオリー的にはできるだけ早く手をつけるべきだと思っています。その意味では、決心してすぐに手をつけたのは正解だと思います。たとえ、80点だったとしても。そこから、どう対処するか、ですから。

英語の学習に関しては、「基礎」さえできていれば、「単語」が勝負を決める、という要素は多少なりともあります。特に長文読解問題の場合。その意味でFocusさんのこの勉強方法は正解だったんだと思います。

小論文に関しては、変にいろんな人の方法を試さずに一つに絞ったことは功を奏していると思います。

それでは、本当に合格おめでとうございます!!

「RenKai様」の合格体験記

RenKai様合格おめでとうございます!
1:合格実績
①環境情報学部

  ②予想点 学科 87点 2-6です 小論文 180点
   ※英語なら、2−6配点か3−4配点かも教えてください。

小論文=埋めた字数(10割)

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
現役
あとで出てきますが、補欠から繰り上がりされた、ということですよね。それと関係があるのか、英語の点数は割と低めな点数にも見えます。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
諦めないで!死にたいって思わないで!すごくいいことが、奇跡が起きるから!!
うん。本当によかった!!
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 楽しもうとして面白い人がいないかと探してたらリラックスしました。
  ②前日 早めに寝ました。でもギリギリまで単語はやりました。
  ③1月以降 過去問を本格的にガリガリやっていました。英語の基礎固めをこの時期にやっていました汗
SFCについては、AO対策をされていたため、一般入試の対策に着手するのが遅れてしまったんですよね。1月以降の基礎固めは、とても大変だったと思います。

単語のようないわゆる「暗記もの」は、前日に「最後の一点」を引き上げてくれる可能性がありますよね。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
目標は高めに設定しましょう!高めに設定してその大学のことを調べていくと、どんどんそこへ行きたくなってモチベーションあがります。
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
学校の先生があてにならない場合はもう先生の言うことは忘れて自分を信じて頑張って下さい。
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
誘惑が多いかもしれませんが、そこをなんとか我慢してください(;_;)
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
模試の判定に左右されないでください。A判定で合格する人も不合格の人もいますし、E判定でも合格する人も不合格の人もいます。あとは、無心になって勉強するだけです。
進学校でない限りは、学校の先生はあてにならないことが多いです。学校の先生は、高校生に「大学受験」を教えるのが仕事ではありませんしね。

あと、模試は自分を「振り返るため」のものであり、「合格可能性」を判定するものではありません。結果には惑わされずに勉強しましょう。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
全部です。いろはさんの言う通りにすれば、上手くいきます。私はAOでダメで一般でリベンジしたのですが、その時からでもこのブログを読んでその通りに勉強していったら、英語にノータッチだった私もSFCの英語の過去問が読めるようになりました。
2つほど補足を。「早く成長するためのキーワードのうち、一つは『素直さ』だ。」とはよく言われます。信じると決めたらがむしゃらに信じたものをやる。それは、早期に成長するために不可欠な要素です。

二つ目。とはいえ、信じすぎも禁物です。そのバランスは、失敗しながら身につけていかなければなりませんね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
過去問以外やりませんでした。
過去問は超大事です。特にSFC入試の場合は。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes or No

8:アンケート
 私はAO落ちて、12月から本格的に勉強を始めました。別の大学も複数合格しましたがSFCに行きたい気持ちが、勉強しているうちにどんどん強くなりました。でも、スタートは遅いし、SFCの英語は太刀打ち出来そうにない…小論も長いし…と毎日泣きそうでした。代ゼミの模試も12月なのにE判定で、もうだめだ、と絶望していました。でもこのブログに出会って、書いてあること全部実践してとにかくいろはさんの言葉に元気づけられて毎日諦めないで、本番も諦めないで頑張りました。結果として補欠合格でしたが、入学できることを本当に喜んでおります。いろはさんがいなければ絶対ここまでこれませんでした。大好きです。笑 心より感謝しております。ありがとうございました。
なんとなく「意思」の力が強いように思えました。

すごく怖く思いながらも、諦めないで勉強されたんだな、と。

大学受験は、「しっかりと勉強して」なおかつ「運を味方につけた」人が合格する試験だと思っています。特に後半はがむしゃらに勉強されたような気がします。

それでは、合格おめでとうございました!

「あさがお様」の合格体験記

騙されたと思って真似してみてください(*^^*)

あさがお様、合格おめでとうございます。この季節にこの名前なのがかわいくていいです。
1:合格実績

①合格した学部
総合政策

②予想点 学科 120点 小論文 ?点
※英語 2-6配点 小論文 字数(9割)

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
1浪→仮面浪人
英語6割ぐらいでの合格ですね。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと

やり方は間違っていないです。
正しい方向を向いて惜しみない努力をしてください。
私は概ねの目安として、3日・3週間・3ヶ月というのを目標にしています。このタイミングで振り返りをすると「正しい方向」に向かっているかどうかがよく分かります。1週間程度で止めてしまう方も多いですけれども、それこそ惜しみない努力を続けてほしいです。
3:本番の試験で気をつけたこと

①当日

緊張感のコントロール。
本番緊張していい目安は、練習のときに感じた最大限の緊張までだと自分に言い聞かせました。

②前日

1 問題を解く上で気をつけるべき基本的なポイント(時間配分 / キーワードチェック / 細部にこだわらず大まかな掴みの意識 など)をノートなどに書き出して本番直前に見れるようにしておく

2 英語小論文共に解く手順のシミュレーションをする

③1月以降

英語
過去問を暗記するくらい何度も解く

小論
ひたすら文章を書くことに集中するのではなく、過去問の設問を分析し、自分の書く文章の全体構成を正確にマッピングすることを練習する
「構成」と「イメージトレーニング」かな。今年は特に「構成」の重要性を指摘する方が多いと思います。イメージトレーニングは、多くの人がいっていますよね。本番と同じ時間割で普段の勉強をするのもそのひとつです。
4:来年受験する方へのアドバイス

①4月の受験生(自分)に伝えたいこと

英語
いまの自分の学力の、どの項目(文法範囲A、イディオムなど)が合格ラインに足りていないかを明確に認識する。ごまかさない。

②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと

英語
明確化させた問題点をつぶす作業をする。いろいろと手を出したくなるが、それだけに集中する。すべては基礎から!

③9月の受験生(自分)に伝えたいこと

英語
MARCH入試試験レベルの力がついたら過去問を解き始める。単語、熟語、基本構文の暗記も毎日同時進行させる。

小論文
1 総合政策的アプローチの概念を徹底的に頭に叩き込む。

2 覚えたアプローチと照らし合わせながら2012年環境情報の過去問のいろはさんの思考回路をたどる

3 過去問の設問から“総合政策的アプローチのなにが聞かれているか”、“その問いにどんな内容で具体的に論述するか”を資料分析も含めて簡単にまとめる練習をする (文章は書かない)

4 論文の構成がうまく立てられるようになったら実際に文章を書いてみる

④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと

英語
いろはさんが紹介している過去問の活用方法を信じて進めてください。知らない間に実力がついています。

小論
③の3の作業の練習を最後までやってください。この作業が毎回きちんとできるようになれば、自然と文章も書けるようになり、小論文の点数は安定します。
基礎、基礎、基礎のはずなんですが、慶應の名前に萎縮してしまって基礎ではないところに力を使ってしまう方がいらっしゃいますよね。怖いけれども、基礎をしっかり塗り重ねていくしかないのです。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ

英語
リンガメタリカしかやってない><。。。って方からの質問

小論
「総合政策的アプローチ」があなたを合格に導く理由
1.問題の再設定:3ページで理解する総合政策的アプローチ
2.問題の構造化:3ページで理解する総合政策的アプローチ
3.解決策の検討:3ページで理解する総合政策的アプローチ

2012年 環境情報学部 解答例&推敲例
リンガメタリカの音読だけで全ての人が合格するわけがないのは、ちょっとかんがえてみればわかることなのですが、なぜか引っかかる人多いですよね。不思議。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策

英語 小論
とにかく過去問!!!!!!!
20回ぐらいやりたいぐらいです。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
Yes

8:アンケート

小論文の対策を調べると始めは多くの情報に惑わされてしまうと思います。採点基準は示されておらず、その勉強方法の選択から、受験生は試されています。

多くの情報を吟味し、自分の納得のいく方法・先生を見つけたら、もう迷わずその勉強を極めることがその人の合格への一番の近道だと思います。

そして、私はいろはさんを選択して本当によかったと心から思っています。このブログに書いてあることが、SFC小論の本質であると私は思います。本当にありがとうございました!
いろんな勉強法をフラフラする人多いみたいですよね。不安になったとしても一旦決めた勉強法をしっかりとやり続けることが合格の近道だと思います。

それでは、ありがとうございました。

「ずふぉ様」の合格体験記

ずふぉさん、合格おめでとうございます。うん。私にとっては、TLを見ていると受験オタク化しそうで怖かったうちの一人なんですが、合格して本当によかったです。
1:合格実績
①合格した学部
環境情報学部

②予想点
総合 数学:160~180 小論:100くらい 字数:9割(結論の途中で終わりました。)
環境 数学:150~160 小論:140くらい 字数:9割(図なし)


Yes


仮面浪人
数学はばっちりだったみたいですね。

2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
今までやってきたことに自信持て、受かるから。慶應だからってビビるな。
これは本当にそう思います。慶應を難関大にしているのは、たいていの場合はその人自身です。慶應入試自体は、基礎スキルの上に成り立っています。
3:本番の試験で気をつけたこと
①当日
とにかく何回もトイレに行きました。試験中に尿意や便意を感じたら落ちると思っていたので空っぽにしようと心がけました笑
あと、カフェインは利尿作用があるので本気で避けました。前日眠れなくて、目覚ましのためにレッドブルやモンスターを飲む方がいらっしゃるかもしれませんが、個人的にはおすすめできません。目を覚ますためにはとにかく朝食を取ることです。可能であるなら、試験開始の3時間以上前に済ませることをおすすめします。
トイレ対策は重要ですよね。「行かないようにしたほうがロスが少ない」のは明らかですからね。
②前日
今更学科の勉強したり小論したりしても全く変わらないと思っていたので、自分の好きなことをやっていました。外で外食し、友達とたくさんお喋りし、宿泊先のホテルに帰ってきたら、音楽を聴きながら入浴剤を入れたお風呂に2時間くらい浸かってかなりリフレッシュしていました笑
リラックスも大事です。試験前の過ごし方はとにかく「決まったことをしっかりやる」そして「慌てない」が鉄則ですね。
③1月以降
小論をじっくりとやっていましたね。学科は過去問で満点を何回か取っていたので1月以降は少ししかやっていません。疲れた時の息抜きとして遊びでやっていたくらいです。そこでまた高得点をとって自信に繋げられたので、学科が得意でもうやらなくてもいいやという人は敢えてやってみることをおすすめします。
数学は超難関大対策をしてれば、そんなに難しくはないんですよね。点数も数独などが出ない限り安定しますしね。
4:来年受験する方へのアドバイス
①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
4月からやっていれば精神的にも余裕を持てたし、小論も余裕だったと思うよ。まだ4月だからって余裕ぶっこくな。1年はあっという間にやってくる。

②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
もうそろそろ危機感を持とう笑
遊ぶのもいいけど、小論ちゃんとやれ!

③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
おい、、もうそろそろ真面目にやりなよ・・・・去年みたいになるぞ・・・・小論はすぐには伸びないぞ

④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
模試はマジで関係ないからそのまま小論頑張れ。自信持てば受かる。辛いとか思ってるだろうけど、それは今までサボってた付けが回ってきただけな。自業自得だ馬鹿野郎。
勉強時期は自分が考えているより「早め」がいいですよね。コントロールが効きますから。

もちろん、ぎりぎりからはじめて合格する人もいます。但し、ぎりぎりからはじめて落ちる人もいます。だったら、早めから対策をしておきましょう。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
3頁で理解する
SFCの小論を書くにあたって重要であることの全てがここに凝縮されていると思います。必ず読みましょう。ここを読むだけで合格する人もいるかもしれません。
実際に皆さんがしっかり読まれているのはここ、ですよね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
内田樹の日本辺境論です。特に理系の方におすすめします。敢えて自分とは真逆の人の本を読むことは大切だと感じました。ちなみに、SFCの小論にはあまり関係ありません、単純におもしろかったです。
本は作者の考えを通じて自分を再確認するためにも読めます。自分と考えが逆の人の本を読むことは、自分を読むことにもつながります。
7:このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
Yes

8:アンケート
 数少ない数学受験合格者として参考になって頂けたらと思います。学科の勉強法は、赤本で過去問を繰り返し解く。これだけで十分です、チャートなんていりません(私自身使ったことがありません)。また、SFCの数学は、脳トレゲームのような遊びの類であり、身体知のようなものであると個人的には思っています。勉強だと思って身構えず、遊びだと思って気楽にやりましょう。また、数学の過去問入手のために00年あたりまでの問題が載った中古の赤本をAmazonなどから購入することをおすすめします。英語受験者の方が圧倒的に多いので、数学受験の人は高確率で何も記載されていない過去問を中古の赤本から入手することができます。購入が困難であった場合は最新の5ヵ年分だけでもかまいません。
 また、小論もSFCの数学と同様に身体知のようなものであると私は考えているので、過去問を繰り返し解くことをおすすめします。また、予備校などに行っていない人はTwitterなどのSNSでSFC志望の受験者と相互添削などをすることを強くおすすめします。小論文は学科と違い、自分一人でやることは非常に困難です。相互添削を通じて、相手の自分より優れていると感じたところ(書き方など)を積極的に取り入れ、自分の小論文向上に繋げていきましょう。技術を盗むことは悪いことではありません笑また、他の人の小論文を読むことであらゆる価値観や考え方に触れることも出来るのでメリットが多いです。
 そして、しょうろんの読者のみなさんに注意していただきたいのは、いろはさんの掲げる「総合政策的アプローチ」はSFCの小論文を良く書くための「方法の一つ」であるということを忘れないでください。総合政策的アプローチはSFC小論文を書くための唯一解ではありません。小論文の書き方は無限にあります。相互添削などを通じて、いろはさんの掲げる総合政策的アプローチを誤って理解している人は、これが唯一解であると考えているのではないかと個人的に感じました。例えば、14環境問3の小論を添削するにあたって、問題の構造化が出来ていないと指摘するのはナンセンスです。問3の設問は「編集者としてのあなたの考えを紹介しながら、この本の読者に伝えたいことを1000字以内でまとめる」です。「問題の構造化をする」ではありません。
 また、受験生の皆さんに言いたいことは、自分に自信を持っていただきたいということです。SFCの小論文は他大学と比べ、独特で不安になることも多いと思いますが、どんな人でも今まで自分がやってきたことは必ず結果として残ります。自分の高校はど田舎で偏差値50以下、周りは向上心の無いアホばっかりで勉強をする環境としては最悪な底辺高校、慶應を受験するなんて考えは誰も持ち合わせていませんでした。そもそも地方は国公立至上主義というアホみたいな主義を掲げていることが大概です笑。しかし、そんな馬鹿で環境が最悪な高校出身でも慶應SFCに合格できたのです。ですので、自分は底辺の高校だからという理由で諦めるのは本当に勿体ないです。周りの環境に流されてはいけません。
 長くなりましたが、自分の合格体験記を通じて受験生のみなさんの自信になって頂けたらと思います。みなさんが合格し、キャンパスで会えることを心から願っております。
 そして最後に、いろはさん今まで本当にお世話になりました。いろはさんと出会っていなかったら今の自分はなかったです。本当にありがとうございました。
少しだけ注を。

しょうろんはなぜか「信者」っぽい人が出やすい作りのようです。私が意図的にそうしている部分もありますし、全く意図していない部分もあります。

もし、誤解があるとすれば、「しょうろん」の教義は「総合政策的アプローチ」ではなく「SFC合格」です。そのために、そのツールである「総合政策的アプローチ」があるのです。そこは誤解しないようにしていただければ、と思います。

それでは、合格おめでとうございました!!

「フランソワぱみゅぱみゅ様」の合格体験記

フランソワぱみゅぱみゅ様、名前を噛まずに言える自信がありませんが、合格おめでとうございます。
1:合格実績
①合格した学部
環境情報 総合政策

②予想点 
環境情報 数学180 小論文150(全て9割以上)
総合政策 数学170 小論文100(全て9割以上)

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
現役
数学高得点の方はやっぱり合格率高いのかな。数学は高得点者が集まっている気はします。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
そんなに心配しなくても本番は論文はすらすら書けます
本番に心配しすぎてダメになる人もいるのでそういう方にお伝えしたいアドバイスですね。
3:本番の試験で気をつけたこと
①当日
学科のマークミスをしない
総合政策の数学でマークミスをしました
②前日
新聞とか経済誌をパラパラと読むのがいいかと
③1月以降
過去問は量をこなすより1つに時間をかけましょう
マークミスですが、「誰でも」やってしまう可能性があります。学校の先生、予備校の先生、先輩、みんなが言います。だけど、絶対に「うるせーよ、ばーか。」と思っていた人の中から、絶対にマークミスする人は出てきます。注意しておいてください。
4:来年受験する方へのアドバイス
①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
過去問などには触れずに本を読みましょう(村井純先生の本とか)
②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
過去問を見てどんなレベルか知りましょう
③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
ちょっとずつ過去問を解き始めましょう
④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
問題を解いていない年度の過去問にある資料をぱらぱらと読みましょう
早め早めに手を打つことは大事かな、と思います。SFC小論文に関しては「本を読んでおくことはマイナスにはならないけれども、プラスにするのもなかなか難しい。だけど、興味を持った分野については調べておくと強い」と思っています。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
おすすめの年度をまとめているところ
過去問かな、資料文かな。どちらでもよいのですが。資料文は興味のある資料文があったら、その引用元の本を読んでみるといいかもね。

たぶん、「【2015年度版】試験直前に解きたいSFC小論文過去問ランキング」だと思います。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
村井純先生とか夏野剛先生の本は1冊ずつ読みましたがあまり役には立たなかったです(ネットとかでは役立ったと言っている人もいる)
SFCでどんな授業がうけられるかやどんな研究をしているのかはSFCのサイトで見れるのでそれは見ておいたほうがいいと思います(過去問を読めばだいたい分かる)
ここも勧め方は難しいのですが、モチベーションを保つために、そしてSFCでやりたいことを考えるために、SFCのサイトを見るのは重要です。だけど、そこから何か出る、と思ってはいけません。「今年の問題は、絶対に◯◯先生が作った」なんてのは、内部の学生にやらせておけばよくて、受験生は別の方法で勉強しておきましょう。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
Yes

8:アンケート
正直僕は面倒くさがりやなので過去問は2、3年分しかやってません。(直前に焦って問題文と資料だけ5年分くらい目を通しましたw)
総合政策的アプローチについて理解したのも入試の1ヶ月程前でした。
本番の小論文では総合政策的アプローチのことやSFCの論文だから斬新で画期的なアイデアを書かないといけないといったことを全て忘れて問題発見解決のプロセスを念頭に置いて書きました。
時間も数分余ったので少しでも読みやすい文章になるように何度も細かい修正をしました。
正直2時間という少ない時間の中で高校生が教授をうならせるような斬新なアイデアを思いつくなんてSFCは期待していないと思います。(こういう答案を書く人も中にはいるんでしょうが…)
設問要求を満たしていて実現可能性などをきちんと考慮した読みやすい答案を書くことを心がけるべきです。
また人からふと聞いたことやなんとなく読んでいた新聞や雑誌の内容が設問要求とマッチしていたなんて事もあります。(環境情報の論文で僕は国語の先生がおっしゃっていたことをほとんどそのまま書きました笑)
自分の知らなかったことはなんでも吸収し小論文のネタとしてストックしておくことが大事だと思います。
SFCに入りたいという強い思いがあればなんとかなるので受験生の皆さん頑張ってください!
一応、補足を。総合政策的アプローチは、問題発見解決のプロセスですよー。

アイデアに関しては同感です。2時間でアイデアをひねりだせるわけがないですから。教授も短期間で採点するので、教授に気に入られたかどうかによって決まる、なんていう説もありますが、あの人たちは、論理おばけなので、短時間で相当深くまで読み込めますから、かなり公平に採点されていますよ。

ネタ集めは不可欠ではないけれども、アイデア出しのツールとしてネタ集めが重要になる人もいます。

それでは、ありがとうございました。

「ゴーヤ様」の合格体験記

1:合格実績
①合格した学部
 総合政策○
 環境情報×

②予想点 
 総合政策 英語48/60 小論文120???(9割5分埋め)
 環境情報 英語43/60 小論文???(9割5分埋め) 
  英語は問題によって配点異なると思うので、正解数を書きました。

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
仮面浪人
英語の配点って、どうなってるかわかりませんよね。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
がんばれーー笑
終わってから、「がんばれ!」って言えるのは、すごいことだと思ったりします。だいたいの場合、「そんなにがんばらなくてもなんとかなったよ」と言いたくなるので。
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 始まる前に自分の弱点(小論だったら早く資料を読むとか)を心の中で繰り返しました。あと、参考書等をしまってくださいと言われた時に、氷砂糖を口に入れて、試験が始まるまで30分くらい舐めてました笑
  ②前日 お風呂であったまって、ストレッチして早めにぐっすり寝ました。あと、お腹を壊す可能性があるので生ものは食べないようにしました。
  ③1月以降 仮面浪人のため、学校の試験期間でした...やることの優先順位と時間を決めてタイムスケジュールに気をつけました。
試験前の糖分は、皆さん基本中の基本みたいですね。

何を食べてるのかは人それぞれですが。

試験開始までの時間は割とやることがないので、みんな過ごし方を工夫されていますよね。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと 周り(大学の)に飲み込まれないように気をつけて!
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと まとまった勉強時間をとれる貴重な夏休み、いっぱい勉強して!
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと 何か不安なことがあったらそのままにしないで解決したほうがいいよ!!(私は小論の塾を変えましたw)
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと 最後まで諦めないで小論文書き直し!!
Read! Read! Read! and Write! Write! Write! です。

仮面浪人はモチベーションを保つのが大変ですよね。仮面浪人の4月5月の誘惑を断ち切ることができなければ、その後の勉強もなかなか難しいですね。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
 男子目線でサクサク理解する論点講座(名前あっているかな...?)
ブロマガ
そんなタイトルだったと思います。

アキレス腱フェチの話。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
 本は特にないです。
 小論文の対策は、私はまず、9月頃までひたすら要約の練習をしました。1日1コ以上をノルマにしていました。次に、小論文過去問を書いて、塾の先生に見てもらい、書き直し..という流れを苦手な年度の問題は5回以上、8年度分ずつ繰り返しました。そうすると、自分で書いたとは思えないくらいの小論文がかけたりします。最後に、初見の問題で2時間測って書くという練習もしたほうがいいと思います。私はこの最後の段階を少しおざなりにしたので、本番で自分がイメージしていたほどかけませんでした。
初見の問題、なかなか難しいんですよね。これが。特に本番だと。

「要約」については、「読解力」とペアになっています。「読解力」がなければ、「要約」できたかどうかの判断もつかないので。

練習はとにかく大事です。
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
 Yes
8:アンケート
 私は、いろはさんのブログを一度理解したら少し離れました。小論文を書く際にネタを考える力や選ぶ力は、ブログだけでは付けるのが少し難しいと思います。わたしは、その部分を塾で学んだ後、もう一度いろはさんのブログを読みました。すると、かなり小論文の力がついたなと感じました。ものすごく抽象的ですみません。うまく言葉にできないです。。
 ただ、一つ言えるのは、いろはさんのブログはとても役に立ちますが、頼りすぎない方がいいかなあということです。

いろはさん、ありがとうございました!!
しょうろんはブログという媒体のため、読解力がないと毒にも害にもなり得ます。「◯◯と仮定すれば、」の部分を無視して、後ろの主張だけを鵜呑みしてしまう、とかね。そういうのは、読解力不足による誤読なのでしかたがないとは思っていますが。

しょうろんを読むだけでSFC小論文は書けるようにはなりません。基本的な読解スキルや記述スキルは別に身につける必要があるからです。そんな点からも頼りすぎはあまりうれしくはないなぁ、と思ってはいます。

それでは、ありがとうございました。

「なすび様」の合格体験記

1:合格実績
①合格した学部 総合政策、環境情報

②予想点 総合政策 数学160点 小論文?点(埋めた字数9割)
環境情報 数学 190点 小論文?点
(埋めた字数8割)
  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
Yes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
浪人
超難関国立志望の人にとっては、SFCの数学って実はそんなに難しくないんですよね。実際。

今年の京大英語の傾向変更の方が少し気になったりします。他大ではよくある形式だったので、そんなに困るほどではないと思いますが。昭和の昔には同じような出題があったんでしたっけ?記憶薄い。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
なせばたいていなんとかなる
I think so, too.
3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 部屋の暑さ対策に冷えピタ持参
総合政策的アプローチ(入試に出された問題に対する自分の価値観、その問題の原因、解決策の実効実行可能性、解決策の副作用)を意識した解答作り(解答を書く前に問題用紙に全部書き出してそれを採点者にアピールするように解答を作りました)
  ②前日 特筆なし
  ③1月以降 特筆なし
構成作りをする段階で「設問に合うように」「何をアピールするか」を考えると割とすんなり書けたりしますよね。
4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
英語と数学をきちんとしよう
  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
受ける可能性のある大学は対策をしよう
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
模試を気にし過ぎない
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
テストで自分のベストを尽くそう
模試の結果は本当に参考になりませんよね。その時点の自分の立ち位置を概ね60%程度の確率で当てるぐらいの役にしか立ちません。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」いささか男尊女卑的な言葉なので、手放しで好きだとは言いませんが、それでも割と私はこの言葉を信じています。だから、慶應の場合、最後の模試は12月31日(もしくは冬期講習の演習)なので、そこから試験日までは時間があるのであきらめずに対策をすべきです。
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
総合政策的アプローチとは...価値観の再設定、問題の構造etcについて書いてるページ
王道ですね。
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
数学:赤本(余裕があれば他学部や昔のものも)
小論文:書き慣れるために河合塾の社会科学系小論文などの講座はとるべき
添削はやっぱりしてもらった方がいいんでしょうね。自分のよいところと悪いところがはっきりわかるので。過去問はできるかぎり過去に遡るといいと思います。お金の許す範囲で。
8:アンケート
 僕の場合京都大学が第一志望だったのでSFCのために割ける時間は他の受験生より少なかったと思いますが、小論文については夏から書き慣れるために予備校を利用してここのサイトの総合政策的アプローチを3,4度読めば十分合格できる力はつきました。秋に受けたOPでは小論文が悪くてD判定でしたが小論文の採点は当てにならないので気にする必要は全くないです。自分が納得できるようなものを書くように意識しましょう。あと小論文はいきなり書き出すのではなくSFCならば80分くらい考えを練ってから書いたほうがいいと思います。僕個人としてはSFCのみを受験校にするのは小論文の採点基準が分からずリスキーなので、慶應義塾大学の他学部だったり国公立大を出したりするべきだと思います。また他の学部や他の大学に一切触れていないと、もし英語、数学の傾向が変わったらとても危ないです。
SFC専願は私もあんまりオススメしていないのです。何が起こるかわからないですしね。

あと構成を考えるのに時間を書けるのも賛成です。書き慣れてさえいれば、自分の書く速度が分かるので、構成に思い切って時間をかけられますから。

それでは、ありがとうございました!!