FC2ブログ

2015年10月

ORF2015に行こう!

  • ORF
今年もやってきました。Open Research Forum 2015!
慶應義塾大学 SFC Open Research Forum (ORF) は、湘南藤沢キャンパス(SFC)で行われている産官学連携による研究成果の発表と、研究シーズ紹介による産官学連携の推進を目的に、慶應義塾大学SFC研究所が主催するイベントです。SFC Open Research Forum
公式サイトは、こちらです。ORFはSFCで何を研究しているか、何がいまホットトピックか、をSFC(の付属研究所)が主催で紹介するイベントです。毎年、高校生向けのイベントもありますよ!

ちなみに、去年のエントリーはこちら「私をORFまで連れてって:受験生のためのORFガイド」。

絶対に行きたいイベント

開催日と場所

開催日 :2015年11月20日(金)・21日(土)
開催場所:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス
入場無料 事前登録不要

場所は「赤坂」ですね。アクセス方法は東京ミッドタウンの公式サイトからご確認ください。

絶対参加したいイベント1:高校生のためのSFC講座

高校生のためのSFC講座
11/21(土) 12:40 - 14:10 東京ミッドタウン・タワー4F カンファレンス room9

数あるORFのセッションのなかでも、特に高校生に毎年好評なのが「高校生のためのSFC講座」です。今年は、SFCではどのようなことを学べ、どのようなことに取り組めるのか、といったことを、幅広い分野を横断する教員陣が熱く語ります。
充実したSFCのカリキュラム、学生生活のリアルな様子、そして個性的な教員陣のモノの見方や考え方を垣間見ることができます。

SFCを知るためにも、ぜひ参加してみてくださいね。毎年、受験関係の話題も出たりするようですよ。見に行った人の中でも、毎年評判のよいイベントです。

未来創造塾スタート!そしてその先へ

未来創造塾スタート!そしてその先へ
11/20(金) 16:20 - 17:50 東京ミッドタウン・タワー4F カンファレンス room5

ORFの1日目・11月20日(金) 16:20 – 17:50@room5にて「未来創造塾スタート!そしてその先へ」と題して車座座談会を開催いたします。
このセッションでは、今までの未来創造塾開設に向けた取り組みを顧み、現在のSBCの活動をレビューして、その先にある未来に向けた取り組みについて、カンカンガクガクの議論をすることを目的としています。ハードの施設のみならずどのようなソフトな発想が必要なのか、皆で自由に話し合える場を作りたいと考えています。
登壇者とリスナーという関係ではない全員が参加者となる会議、白熱した未来創造にむけた話し合いをめざします。

金曜日なのがちょっと残念ですが、未来創造塾の議論イベント。小論文のネタ作り、という気分ではなく、「未来創造塾」というSFCが今やりたいことを議論する場に身を置いて、この大学で勉強することについて、考えてみませんか?

(未来創造塾という言葉は最近SFCの小論文にもよく出てきますので、本番に出てきてもびっくりしないように、してくださいね。)金曜日はどうしても参加できない><。って人は、翌日の未来のキャンパスをデザインせよ!- SBC出張カンガク会議発表会をのぞいてみてくださいね。

その他高校生向けイベント

土曜日には、「高校生」と名前がついたイベントが他にも開催されます。

<アドビシステムズ株式会社スポンサーワークショップ> 高校生のためのデザイン講座(事前登録制らしいです。)
SFCコスモポリタン – 多言語入試と多言語教育
SFCで健康科学を学ぼう – 高校生のためのヘルススタディーズ

これは金曜日だけど、好きそうな人がいそう。
SFCと起業、ベンチャーの秘密

終わりに

ORFはSFCの一年間の中でも特に重要なイベントです。小論文のヒントに、なんて気持ちではなくて、一足先にSFCでの研究を楽しむ気持ちで参加してくださいね。

#私も、どこかには、います。どこかに。毎年、「高校生のためのSFC講座」は見たいと思っているんですが。ORFに参加して面白かった話などありましたら、コメント欄かTwitterでいただけるとうれしいです。

今からSFC小論文をはじめる人へのゆるゆるアドバイス

1:設問に対してモレなく答えよう

SFC小論文では、「設問」が書かれており、たくさん答えるべき「設問」が書かれています。それに全て答えるように、小論文を書きましょう。重要なのは「設問に対して答えること」なのです。

序論本論結論、起承転結、序破急、モンイリケツetc「構成」に関するアドバイスはたくさんあります。けれども、こういったアドバイスは、いったんは忘れてしまいましょう。もちろん、「設問で尋ねられていることに答えるため」に、こういった「小論文の構成」は活用できます。それに、構成通りに書いてある小論文は「読みやすい」のは確かです。けれども、「読みやすい」分、設問に対して「答えていること」「答えていないこと」の粗が目立ちます。

だから、まずは「モレなく」設問に答えましょう。
問1:あなた自身の身体知の学び
図1と、資料1から資料3をふまえた上で、あなたがこれまでに学んだ身体知(あなたが第1象限と第4象限に属するであろうと考える知)について述べてください。その身体知がどのような経験によって獲得されたのかを具体的に述べたうえで、自分が学んだ方法以外に、はたしてその知を獲得する別の方法がなかったか、について考察してください。(400字)
環境情報学部2013年入試小論文 設問より引用。
という設問に対しては、

・あなたがこれまに学んだ身体知
・身体知がどのような経験によって獲得されたのかを具体的に述べる
・自分が学んだ方法以外に、はたしてその知を獲得する別の方法がなかったか

が答案に書いてあることが重要です。序論本論結論、起承転結、序破急、モンイリケツetc等に集中するあまり「述べてください」や「考察してください」と示されている内容が書けていない答案がたくさん見受けられます。「モレなく」答案に答えましょう。

2:SFCの「問題発見・問題解決」を理解しよう。

SFCの理念は「問題発見・問題解決」です。そして、SFC小論文では「問題発見・問題解決」の理念に対する適性が問われています。だから、SFCの理念である「問題発見・問題解決」をしりましょう。

SFCの問題発見・解決とは何ですか?このブログの「適性を学ぶ」を読んでみてください。こんな怪しいブログの書いていることが信じられるか!!という人は、2010年総合政策学部の資料文1と2007年総合政策学部の資料文1〜3を読んでみてください。

よくある誤解1

あやまったSFCの問題発見・問題解決に対する理解1
問題発見・問題解決とは、問題の真の原因を見つけ出し、それに対する解決策を探すことである。

これは、問題発見・問題解決の一側面に過ぎません。もちろん「問題の原因」を探り、それに対する「解決策」を書く、という設問が出る場合もありますが、その場合でも「真の原因を見つけ出し、それに対する解決策を探すこと」を求めていないことが多いです。

よくある誤解2

あやまったSFCの問題発見・問題解決に対する理解2
問題発見・問題解決とは、今の状況を大きく変えるような新しい手法を提案することである

これも間違いです。よくSFC小論文は「アイデア勝負」と言われますが、そういう場合の「アイデア勝負」とはこういう「問題解決」を意識して、書かれていることが多いです。けれども違います。これも問題発見・問題解決の一面しか示していません。

誤解を避けるために:問題発見と原因発見を混同しない。

この手の「よくある誤解」を避けるために重要なことは「問題発見」とは何かを正しく知ること、です。

経営学等では「問題発見」という言葉が「真の原因を発見すること」と同じ意味で使われます。これが誤りです。

SFCの問題発見とは「立場を決める、価値観を選ぶ、善悪を定める」ということをさします。
 2007年の総合政策学部の資料文の中で「戦争と城壁」の例が出てきます。「原因発見」を重視する人は、「あの城が攻め落とせないのは、城壁が原因だ。よし、あの城壁の弱点を探して、その弱点をつこう。」などと考えます。経営学の問題発見ならばそれでいいのです(誤解を防ぐためにいえば、経営学の問題発見にも色々ありますよ。)。
 けれども、SFCの問題発見は「立場を決める、価値観を選ぶ、善悪を定める」ということをさします。「城を攻める側」にとっては「城壁は問題」です。けれども、「城を守る側」にとってはむしろ「解決策」になります。

 同じ現実であっても、立場・価値観・善悪によって、問題なのか解決策なのか(はたまた原因なのか)は異なるのです。

SFC小論文では毎年毎年この「問題発見・問題解決」に関する適性に関する設問が設定されます。だから、SFCの問題発見・問題解決について知らなければならないのです。

3:論理的つながりを意識しよう

「論理的つながり」と言われると難しいですが、簡単にいうと「各内容を関連づけて書こう」ということです。

Q:お昼ご飯食べに行かない?
A:おそ松さんみたいにバカみたいにパロディネタぶちこんだ奴に弱いw

この会話はつながっていませんよね(当然です。質問はいま私が勝手に作ったもの。解答はTwitterから勝手にとってきたものです。)。こういうことはすぐにわかります。「論理的につながりを意識する」とは、これに近い感覚です。「前後と関係した内容になってるかどうか?」を確認することです。日常生活の中では自動的にやっています。この例でも、ほとんどの人が「前後と関係した内容になっているか意識しなさい」と言わなくても、勝手に「なんか変...?」と感じます。「論理」とは日常的なつながり感覚に近いものです。

小論文で「論理的に書く」というのは、「前の内容」か「後の内容」と関係付けて書く、ということを意味します。ここでようやく「序論本論結論、起承転結、序破急、モンイリケツ等」が登場します。この枠組みのどれもが「前後の内容を関連づける」ものです。そして前後の内容を関連づけるなら、パターン通りに書けばやりやすいよね、ということでこういった枠組みに対する小論文がちまたに氾濫しています。「小論文」は「論理的」に書くものなので、各文章を関連づけて書くのは当然ですから、何も指針がないよりもこういう指針があった方がやりやすいのです。

ちなみに、私がつかう枠組みは「縦糸」と「横糸」という枠組みです。こまかくはエントリーを読んでもらえればいいです。「序論本論結論、起承転結、序破急、モンイリケツ等」では、全ての設問パターンに対応できないのですが、「縦糸」と「横糸」ならば、全ての問題パターンに対応できるので。

この「論理的つながり」については、使う枠組みはなんだっていいのです。要は「前後を関係づける」ということが出来ていればいいので。「前後を関係付ける」ことができていれば、「序論本論結論、起承転結、序破急、モンイリケツ等」なんて不要です。もちろん私のいう「縦糸・横糸」という枠組みも不要です。

4:分かりやすい文章を書こう

・文章は短く
・主語、述語は明確に
・修飾語も短く
・接続語も明確に

これぐらいを意識しましょう。

これは、小論文で合格点をとるために必要となるわけではないのですが、なにぶん文章を分かりやすく書くと採点する側も読みやすいので、書かれている内容が正しい内容であれば、当然読みやすい方が、書いている側の意図が理解しやすい文章の方が読み手の理解度が高まり点数が高くなりがちなのです。138文字。長い。

このことは小論文で合格点をとるために必要なことではありません。けれども、書き手が分かりやすく文章を書けば、採点する側も文章を読みやすくなります。そして、書かれている内容が正しい内容であれば、読みやすい文章の方が点数が高くなります。なぜならば、書いている側の意図が理解しやすくなり、読み手の理解度が高まるからです。こんな感じ?

この「4」は訓練次第でどんどん上達します。はやめに意識して文章を書く技術を向上しましょう。

これ、全部できれば合格できますよ。

この1〜4までができれば、SFC小論文では、十分合格点がとれます。参考書ジプシーをするよりは、このエントリーに沿ってたくさん小論文を書いてみましょう。

それでは。

【添削・くま様】環境情報学部・2013年

問1
これまで生きてきた中で得た身体知といえば、かたづける技能が挙げられる。私の場合は段階的なものでなく、主に非段階的な手順で身に付いたものだ。まず、こどもは各家庭のルールにのっとって養育者の模倣をする。次に幼稚園や小学校で全生徒一律の品物と個人の私有スペースを得た時に初めて他人との差が可視化され意識される。たとえばお道具箱といった文具を入れる長方形の箱の使い方においては、私は他人よりもクレヨンの使用回数が多いことを自覚していたので取り出しやすく奥から手前に持ってくるなどといった工夫ができるようになった。ここでは段階的に指導されたというより非段階的に経験上身に付いたものであるといえる。得た技能や工夫の大半は養育者の模倣や自分の経験によるものなので非段階としたが、仮に段階的に学ぶとすれば片付けの指南本を読んで取り入れてみるなどある程度システム化されたものをなぞることもできるといえるだろう。396/400

問2
私は他人とかたづける技能を共有する方法を提案する。まず前提としてかたづける技能の向上においては、自己の内面を多角的に見つめることが重要である。なぜなら同じ空間も人によって使い方が変わるし、それが世間一般に整理整頓されていると見えるか否かにかかわらず、使いやすさや優先順位は自己の内面に由来するといえるからである。しかし自己の内面というものは一人で悶々としているだけでは見えてこない。ほどよく他人と比較したりすることが必要だ。たとえばカウンセラーに取り留めもなく自分のことを話す行為によって自分でも意識されていなかった内面に気づくということは世間的にも広く認知されている。このことを応用し、各人のかたづける技能や工夫を共有することで気づかなかった自己の内面に気づき、それを自分の技能にフィードバックしていくことができればこれまでの内向的な技能向上とは全く異なる効果が期待できるだろう。390/400

問3
設置する科目名は「かたづけ学科」とする。履修内容はまず理論的なデータ研究と、実践的な改良研究を並行して行う。枠組みとして定義するのは住宅に限定する。まず理論的研究のために間取りと家具の配置を固定した場合における生活動線を定点観察、データ化し、最大公約数的に最適といえる基礎を導く。次に実践面では未来創造塾が滞在型教育であることを生かして枠組み無しでの実生活と、理論による最適化を取り入れた生活を送り、住環境が身体面と精神面にもたらす影響を記録する。その中で創意工夫を意識的に行い、また客観的に自己を確認するため定期的に共同生活やディスカッションも取り入れて学びの機会とする。期待される身体知は自己の内面の把握がどのように身体面へ影響するかという生涯的な生活態度の形成である。想定される学生数は大多数の学生に共通するテーマであることや学生寮の規模等も考慮に入れ、70名程度とする。評価方法は行動観察法とインタビュー法による熟達度レベルの測定を軸とする。また自己の内面を他者に明らかにするという壁を学生に感じさせないためにも、教員は学生と良好な関係を築けるようカウンセラー資格をもつもの、それも相性を考慮し最小限10人以上配置されていると良い。ふだん意識することのない生活の研究は、どの年代どの国籍においても
きわめて重要な基礎であり、未来創造という名にふさわしい実のあるものとなることだろう。592/600
辛口添削依頼をしてほしい、と申し添えていただいていますが、小論文のレベルに達していないものを、有効に批評するのは難しいです(と、辛口で。)よって、辛口に批評することも無理です。辛口に罵倒することはできますが。

この答案は「合格レベルに達している」どころか、「ずいぶんと中身の無い事ばかり書いているけれど、覚えたての言葉を使って議論の真似事をするSFCごっこがそんなに楽しい?曖昧な言葉で話した気になって、分かった気になって、何ひとつ行動を起こさない。そんなの前に進むわけがないわ。何も生み出さない、何も得られない、何も与えない。ただの偽物。」と言いたくなるレベルです。

さて、罵倒はさておき。あまり時間もないので要所要所を。

問1

「かたづける技能」というのは、テーマとしていいと思います。けれども、その後の展開が全くよくありません。

まず問1ですが、問題は、
問1:あなた自身の身体知の学び
図1と、資料1から資料3をふまえた上で、あなたがこれまでに学んだ身体知(あなたが第1象限と第4象限に属するであろうと考える知)について述べてください。その身体知がどのような経験によって獲得されたのかを具体的に述べたうえで、自分が学んだ方法以外に、はたしてその知を獲得する別の方法がなかったか、について考察してください。(400字)
環境情報学部2013年入試小論文 設問より引用。
です。

だから、

・あなたがこれまに学んだ身体知
・身体知がどのような経験によって獲得されたのかを具体的に述べる
・自分が学んだ方法以外に、はたしてその知を獲得する別の方法がなかったか

というのがこの問1で書くべきところです。ところが、ご投稿いただいた答案は、
問1
これまで生きてきた中で得た身体知といえば、かたづける技能が挙げられる。私の場合は段階的なものでなく、主に非段階的な手順で身に付いたものだ。まず、こどもは各家庭のルールにのっとって養育者の模倣をする。次に幼稚園や小学校で全生徒一律の品物と個人の私有スペースを得た時に初めて他人との差が可視化され意識される。たとえばお道具箱といった文具を入れる長方形の箱の使い方においては、私は他人よりもクレヨンの使用回数が多いことを自覚していたので取り出しやすく奥から手前に持ってくるなどといった工夫ができるようになった。ここでは段階的に指導されたというより非段階的に経験上身に付いたものであるといえる。得た技能や工夫の大半は養育者の模倣や自分の経験によるものなので非段階としたが、仮に段階的に学ぶとすれば片付けの指南本を読んで取り入れてみるなどある程度システム化されたものをなぞることもできるといえるだろう。396/400
好意的にみて「黒字」部分がかろうじて設問に答えている部分です。とはいえ、「かたづける技能」が具体的にどのように身に付いたか、というのは書かれていません。「抽象的に書いた後に、一部だけ具体例を付け足している」(「例えば」と接続していることで、この答案が「具体的に」書かれていないことを引き立てています。)だけです。つまり、論理的にまったく異なる答案を書いていることになります。これを仮に具体的に書くのであれば、

・親を模倣した経験
・自分で工夫した経験

を双方書く必要がありますし、最終的に「かたづける技能」が身に付いた、ということを経験として説明する必要があります。

ここまでが論理的にダメな部分。まず、設問で尋ねられていることについて書きましょう。

続いて内容の話。

このブログの内容をまともに読んでらっしゃるかどうか分かりませんが、SFCの問題発見・問題解決とは、「問題の価値観・枠組みを自分で設定し、その枠組みに基づいて問題を解決すること」です。最終的に「かたづける技能」=「片付いた」という枠組みがどういう枠組みなのかをしっかりと設定していなければ、「問題発見」できたとは言えません。実は答案のそこかしこにその萌芽のようなものは見えるのですが(「使用回数が多いことを自覚していたので取り出しやすく奥から手前に持ってくる」「使いやすさや優先順位は自己の内面に由来するといえるからである。」など)、それが明示的に書かれていません。「いくらまわりの人からみてきれいになってないようにみえたとしても「使いやすい状態」というのが「かたづいた(よい)状態」である、ということに近い内容を考えていらっしゃるのでしょうが、この答案からそこまで推測してもらおうというのは、読み手に甘え過ぎていると思います。

この「片付いた状態」というのが「どういう状態」であり、「どうやってそれを身につけたか」が明確になっていないことがこの答案では最後まで尾をひきます。

問2

問2
私は他人とかたづける技能を共有する方法を提案する。まず前提としてかたづける技能の向上においては、自己の内面を多角的に見つめることが重要である。なぜなら同じ空間も人によって使い方が変わるし、それが世間一般に整理整頓されていると見えるか否かにかかわらず、使いやすさや優先順位は自己の内面に由来するといえるからである。しかし自己の内面というものは一人で悶々としているだけでは見えてこない。ほどよく他人と比較したりすることが必要だ。たとえばカウンセラーに取り留めもなく自分のことを話す行為によって自分でも意識されていなかった内面に気づくということは世間的にも広く認知されている。このことを応用し、各人のかたづける技能や工夫を共有することで気づかなかった自己の内面に気づき、それを自分の技能にフィードバックしていくことができればこれまでの内向的な技能向上とは全く異なる効果が期待できるだろう。390/400
この答案で比較的マシなのがこの問2です。

問1でしっかりと「かたづける技能」とは「自分に依存したものなのだ」と書いていれば、「他の力を借りて、自を再び意識する」という方法論が有効です、というのは全うな論理的帰結だと思います。
しかし自己の内面というものは一人で悶々としているだけでは見えてこない。ほどよく他人と比較したりすることが必要だ。たとえばカウンセラーに取り留めもなく自分のことを話す行為によって自分でも意識されていなかった内面に気づくということは世間的にも広く認知されている。
「他人と比較」と「カウンセラーへの相談」が微妙に例として対応していません。あと
「これまでの内向的な技能向上」
という「内向的」という言葉の使い方はいまいちです。資料文からの引用ならば明確に引用箇所を特定した方がいいでしょう。辞書的な意味とは全く違っているのですから。

問3

問3
設置する科目名は「かたづけ学科」とする。履修内容はまず理論的なデータ研究と、実践的な改良研究を並行して行う。枠組みとして定義するのは住宅に限定する。まず理論的研究のために間取りと家具の配置を固定した場合における生活動線を定点観察、データ化し、最大公約数的に最適といえる基礎を導く。次に実践面では未来創造塾が滞在型教育であることを生かして枠組み無しでの実生活と、理論による最適化を取り入れた生活を送り、住環境が身体面と精神面にもたらす影響を記録する。その中で創意工夫を意識的に行い、また客観的に自己を確認するため定期的に共同生活やディスカッションも取り入れて学びの機会とする。期待される身体知は自己の内面の把握がどのように身体面へ影響するかという生涯的な生活態度の形成である。想定される学生数は大多数の学生に共通するテーマであることや学生寮の規模等も考慮に入れ、70名程度とする。評価方法は行動観察法とインタビュー法による熟達度レベルの測定を軸とする。また自己の内面を他者に明らかにするという壁を学生に感じさせないためにも、教員は学生と良好な関係を築けるようカウンセラー資格をもつもの、それも相性を考慮し最小限10人以上配置されていると良い。ふだん意識することのない生活の研究は、どの年代どの国籍においても
きわめて重要な基礎であり、未来創造という名にふさわしい実のあるものとなることだろう。592/600
問1で「片付ける技能」を「問題発見・解決」として書けていないので、そもそも答案になってすらいないんですが、それに輪をかけて、こちらの内容はひどいです。

・「科目」と「研究」の取り違え
・中身のない言葉の氾濫

が主な原因です。

教育としての「科目」と「研究」は全く違うものです。もちろん、「片付ける技能」を身につけるのに「研究」という枠組みが必要ならば使えばいいですが、この答案では単に「研究」と「科目」を取り違えているだけだと思います。

もう一つは、はっきりいって
まず理論的研究のために間取りと家具の配置を固定した場合における生活動線を定点観察、データ化し、最大公約数的に最適といえる基礎を導く。次に実践面では未来創造塾が滞在型教育であることを生かして枠組み無しでの実生活と、理論による最適化を取り入れた生活を送り、住環境が身体面と精神面にもたらす影響を記録する。その中で創意工夫を意識的に行い、また客観的に自己を確認するため定期的に共同生活やディスカッションも取り入れて学びの機会とする。期待される身体知は自己の内面の把握がどのように身体面へ影響するかという生涯的な生活態度の形成である。
評価方法は行動観察法とインタビュー法による熟達度レベルの測定を軸とする。また自己の内面を他者に明らかにするという壁を学生に感じさせないためにも、教員は学生と良好な関係を築けるようカウンセラー資格をもつもの、それも相性を考慮し最小限10人以上配置されていると良い。
は内容が全くなくて読む気にしかなりません。

「理論的研究」って何の理論を研究するの?生活動線を定点観察するのに?何の理論。「最大公約数的に最適」って何?「最適」という以上「よい(もしくは悪い)」という状態を定義しないと「最適」は導けません。そこを全く書かずに「最大公約数的に最適」と書いたとしても何の意味もありません。こんな言葉の使い方をしていても、アホな高校教師や塾講師は騙せても、SFCの先生は絶対にだませませんよ。おそらく自分でも、自分の書いた言葉の内容を理解していないのではないでしょうか。
次に実践面では未来創造塾が滞在型教育であることを生かして枠組み無しでの実生活と、理論による最適化を取り入れた生活を送り、住環境が身体面と精神面にもたらす影響を記録する。
影響って、何をどう記録するの?最適化を取り入れた生活を送り、って何?
その中で創意工夫を意識的に行い、また客観的に自己を確認するため定期的に共同生活やディスカッションも取り入れて学びの機会とする。期待される身体知は自己の内面の把握がどのように身体面へ影響するかという生涯的な生活態度の形成である。
なぜか「身体知」が「かたづけ技能」だったのに、「自己の内面の把握がどのように身体面へ影響するかという生涯的な生活態度」に変わっている。こう変えるのであれば、どこかで再定義する必要はあるでしょう。どうしてここまで論理を飛躍できるか意味不明。
評価方法は行動観察法とインタビュー法による熟達度レベルの測定を軸とする。また自己の内面を他者に明らかにするという壁を学生に感じさせないためにも、教員は学生と良好な関係を築けるようカウンセラー資格をもつもの、それも相性を考慮し最小限10人以上配置されていると良い。
「熟達」というのは何を計るのかが意味不明。「片付け」の熟達?「生活態度」の熟達?

とにかく、この問3はツッコミどころしかなくて、何を言いたいのかが「さっぱり」分かりません。かろうじて「問1」と「問2」では「設問に対する解答」として読み取る事ができたものの、問3は表面的な言葉が並んでいる上に問1と問2と全く違う内容(もしくは書き手の中ではリンクがあるものの読み手からは読み取れない内容)が書かれていて、何も読み取れません。

最後に

先日学校で添削をしてもらったところ表記の曖昧さを何点か指摘されたのみで、「”環境”と”情報”に配慮して書かれており内容的にも合格レベルに達しているだろう」とのことでした。しかしながら辛口での評価をお願いしたく、ここにコメントさせていただいた次第です。よろしくお願いします。
先生の採点もひどいかもしれませんが、その前にこれを書いているくまさん自身はSFCをどのような大学(キャンパス)だと思っているのでしょうか?環境と情報の大学だと思っているのでしょうか?この大学は何をするところだと思っているのでしょうか?私は別にSFCを第1志望にしないとダメだ、というつもりはないですが、SFCというキャンパスを理解しないとコンスタントに合格を狙うことは難しいです。

もう少しSFCについて知ってみてはいかがでしょうか?とてもじゃないですが、SFCについてよく知った上での答案とは思えません。

それでは。

【添削】環境情報学部・2012年(粉さま)

コメントに非公開でご投稿いただきました。お名前だけ、ちょこっとだけ変えさせていただきました。

内容が汚い、とか全然気にしませんよ。
環境情報学部 2012年
問題1

 私が、印象的な関わりを持った生活用品は、ティッシュぺーパーである。これは、鼻をかんだり、こぼした飲み物を拭いたりとタオルで拭くには抵抗のあるちょっとした汚れや水分を拭き取る使い捨ての生活用品である。
 私は、鼻炎になりやすく、くしゃみが止まらないことがよくある。そのとき、鼻水や唾が回りに飛び散らないように、口や鼻を何かで押さえたくなる。しかし、手やタオルで押さえてしまうと、それらが汚くなることに抵抗があったので、使い捨てできるティッシュペーパーを用いた。ところが、ティッシュペーパーで口や鼻を押さえると、鼻水や唾がティッシュペーパーを貫いて、結局手についてしまい、不快な思いをした。
 この体験は、ティッシュペーパーがあまりに柔らかいために起きたと考えられる。本来は、水分や汚れを拭き取るために用いるため、柔らかくても問題ではない。むしろ、鼻をかむときには、柔らかくないと、鼻を痛める可能性さえある。しかし、私の鼻炎による連続的なくしゃみの勢いに耐えるには、柔らかすぎたのだ。

問題2

 私は、周りに飛ばすことなく、手を汚すことなく、くしゃみをして、そして、汚いものをすぐに捨ててしまいたいと思う。この一連のプロセスを行えるような生活用品を考える。
 まず、このプロセスのために使い捨てであることは欠かせない。次に、周りに飛ばすことなく、かつ、自分の手を汚さないように、口や鼻をおさえられるものである必要がある。問題1で述べた私の体験では、ティッシュペーパーは柔らかいために、くしゃみの勢いに耐えられず、破けてしまい手が汚れてしまった。だから、それに耐えられる程度の硬さが求められる。しかし、さらに、鼻についた鼻水を拭くとき、柔らかいもので拭かなければ、鼻を痛めてしまうため、柔らかさも必要である。
 そこで、私が提案する生活用品は、1枚の中に硬い面と柔らかい面の両面を含むティッシュペーパーである。これを剛柔ティッシュと名付ける。これを用いれば、前に述べたプロセスを完璧に行うことができる。たとえば、私が鼻炎で、くしゃみが止まらない場面を想定する。まず、くしゃみをするとき、剛柔ティッシュの硬い面を両手で持ち、口や鼻を押さえる。十分に硬いため、破けることなく、しっかりと鼻水や唾を受け止められる。次に、持つ部分を柔らかい面に変えて、鼻についた鼻水を拭き取る。私のような頻繁にくしゃみをする人でも、鼻が痛むことはない。そして、その使い終えた剛柔ティッシュをゴミ箱に捨てて終了である。
 剛柔ティッシュは、私のくしゃみのときに望むプロセスを実現する生活用品である。
ちょっと時間がないので、後日書き直しますかもしれませんが、パラパラと。

全般的には、これぐらいかけてたら、単体では合格点に達していると思います。あとは周囲のライバル次第です。

問1はほとんど満点に近いと思います。ケリーが叫びたかったのと同様に粉さんは鼻をかみたかった。ただそれだけですが、それこそが価値観の設定です。一部わかりづらいと思うところもありますが、許容範囲内。接続語も、これぐらいしつこくつかっちゃっても問題ないと思います。(一部わかりづらい理由は、主に一文が長いから、です。でも、論理構成がしっかりしているので、ちゃんと読めますよ。一文を短くしたり、主語述語を明確にすることも文章を書くためには重要ですが、論理構成がしっかりしている方が重要です。)

問2は、一カ所、本当にわかりづらい箇所があります。
十分に硬いため、破けることなく、しっかりと鼻水や唾を受け止められる。次に、持つ部分を柔らかい面に変えて、鼻についた鼻水を拭き取る。私のような頻繁にくしゃみをする人でも、鼻が痛むことはない。
手で持つ部分を柔らかい面にしたら、鼻側に来るのは硬い面なので、鼻痛くなっちゃうんじゃ?と思いました。(ちょっと自分でティッシュを持って想像してみてください。)

このあたりは多少工夫の必要がありかと思います。(たぶんどんな場合でも、硬い側を持って使うんじゃないかな?)ただやりたいことはわかるので、いいかな、って気もします。まわり次第。(補足:コメント欄を読んで意味がわかりました。おそらく粉さんの文章では「面」と書いてあるのが、ミスリーディング(表面・裏面と勘違いする)なんだと思います。絵を描きつつ「正方形の真ん中に境界線を引いて、一方の長方形の部分が柔らかく、もう一方の長方形が硬いティッシュ」などと書けば誤解しないと思います。「面」ではなく「部分」や「場所」という言葉に書き換えた方が分かりやすいですよ。)

ちなみに、わたしは「2枚くっついているティッシュの1枚をナイロン製にする」というアイデアをおもいつきました。片側がナイロンなら、くしゃみなどで破れる事もないし、鼻をかむときも柔らかくかめますし。もちろん、ナイロン側で鼻をかんじゃダメですよ。

論理構成も、これはこれで一つの正解だと思いますが、個人的には先に「剛柔ティッシュ」を書いた方がわかりやすいと思います。最後の1文は、なくても、あってもいいかな。練習のときには書かなくてもいいと思います。

問題2でも価値観の設定をしてもいいか

コメント:2か月位前?にブロマガを購読した者です。ブログの内容を参考にして書いたつもりなのですが、いかがでしょうか?問題1で価値観の設定をしたのに、問題2でも加えて価値観の設定をしてしまったのですが、これはまずいでしょうか?汚い内容なので一応非表示でコメントしますが、いろはさんの判断で公開してもかまいません。
添削よろしくお願いします。
これに関しては、一義的には「Yes」です。ただこの答案では、問題2ではほとんど「価値観の設定」をしていません。唯一言えば、1文目の
「私は、周りに飛ばすことなく、手を汚すことなく、くしゃみをして、そして、汚いものをすぐに捨ててしまいたいと思う。」
部分でしょうが、これは「価値観の設定」というよりは、わかりやすいように問題1の内容を繰り返しただけです。それはもちろんOKです。

中段の
まず、このプロセスのために使い捨てであることは欠かせない。次に、周りに飛ばすことなく、かつ、自分の手を汚さないように、口や鼻をおさえられるものである必要がある。問題1で述べた私の体験では、ティッシュペーパーは柔らかいために、くしゃみの勢いに耐えられず、破けてしまい手が汚れてしまった。だから、それに耐えられる程度の硬さが求められる。しかし、さらに、鼻についた鼻水を拭くとき、柔らかいもので拭かなければ、鼻を痛めてしまうため、柔らかさも必要である。
は、価値観の設定というよりは「解決策の検討」もしくは「問題の構造化(原因の検討)」です。これはこれできちんと成立しています。

この調子で、しっかりと小論文を書き進めていってくださいね。

補足:「先に「剛柔ティッシュ」を書く」とはどういうことか。

問題2は、
第1段落は 問題の再設定
第2段落は 問題の構造化
第3段落は 解決策の検討 を意識して書きました。
剛柔ティッシュを先に書くということは、解決策の検討から書くということでしょうか?
コメント欄にご投稿いただいたので、補足です。

この問題の設問は、
問題2 問題1で挙げた生活用品は、もしかすると秋岡芳夫が指摘していた様々な制限の中から生まれたものかもしれません。あなたが今後、その生活用品の開発にたずさわるとしたら、どのように作るでしょうか。あなたが問題1で説明したものを体験してからも、ものづくりの状況はどんどん変わっています。1~4の資料を見ながら、どんなことができるようになるかを考え、問題1で挙げた生活用品の改良案、またはそれに代わる新しい生活用品を700字以内で提案してください。
必要であれば解答欄右側の四角の中に図や絵を描いて説明の補助としてください。
です。そして、小論文の基本は、

設問に答える

です。この設問は、ひとことで言えば、生活用品の改良案、またはそれに代わる新しい生活用品を700字以内で提案してください。です。そして、この設問にひとことで答えようとすれば
私が提案するのは「剛柔ティッシュ」だ。
などになるでしょう。つきつめれば、この20文字足らずの言葉が「この設問の答え」であり、これを書くことが「設問に答える」なのです。だから、先にこの文章を書いた方が、読み手である採点者は、この文章を理解しやすくなります。

そして、
私が提案するのは「剛柔ティッシュ」だ。
私は、周りに飛ばすことなく、手を汚すことなく、くしゃみをして、そして、汚いものをすぐに捨ててしまいたいと考え、この生活用品を提案する。
と「価値観の設定」(この場合「提案の理由」と考えてもいいです。)を次に続けるのも一つの書き方のパターンです。

あるいは、
私が提案するのは「剛柔ティッシュ」だ。「剛柔ティッシュ」とは「1枚の中に硬い面と柔らかい面の両面を含むティッシュペーパー」である。
と書いても構いません。(これは「提案の詳述」と考えてもいいです。)この構成をどう決めるかは筆者の自由です。

ただ「設問で問われていることに答える」というのが「小論文の基本」なので、「一番最初に設問に対する答えをダイレクトに書いた方がわかりやすい」と、個人的には思っています。もちろん、この小論文は700文字の字数があるので、レトリックとして「提案内容を秘密にしてあとから明らかにすることで内容を際立たせる」という手法を使ってもかまいません。(最初に「好きです。つきあってください。はじめて出会ったのは3年前で...」と書くラブレターと、「はじめて出会ったのは3年前でした。はじめは何とも思っていませんでした。(中略)。あなたのことが好きです。つきあってください。」と書くラブレターの違いみたいなの。)けれども、そういうレトリックを使うのは文章をうまく書けるならばつかえばいいだけのものですし、そもそもそのようなレトリックをつかわなくてもSFCには合格できますので、無理しなくてもいいと思っています。

「総合政策的アプローチ」の各ステップは、小論文を書く際に、「その順番に書く必要はない」ですし、「それを全て書く必要もありません」。何度も書いているのですが、誤解する人はけっこういます。「設問に答える」ことを目的に必要なステップを書いていけばいいだけなのです。

SFC受験に伴う宿泊について:2016年バージョン

SFC入試は今年も日吉キャンパスで実施!!

ようやく今年の試験会場が発表されました。慶應義塾大学学部入学案内>一般入試をご覧下さい。

SFC入試
・両学部とも日吉キャンパスで実施
・総合政策学部 2016年2月17日
・環境情報学部 2016年2月18日

と書いてあります。毎年、試験会場と思って、SFCに行ってしまった!なんていう人が一人はいるみたいですのでお気をつけください。試験会場は「日吉キャンパス」です。※諸事情により試験会場が変更となる可能性もございます。必ず試験日前日に、今一度ご自分の目で再確認をお願いします。

今年は、昨年と同じ試験日ですね。大学生協による慶應義塾大学生協Web宿泊プランもあります。ぜひ予約はお早めに。ちなみに、大学生協で紹介するホテルに宿泊するかどうかは、合否には全く影響ありませんよ(だからといってホテルの備品を無理矢理壊したりすれば、どうなるか分かりませんけどね。)。ご自分の好きなところをお選びください。

ホテルの予約について

大学受験のホテルの予約ですが、基本的にさっさとしてしまった方がお得です。キャンセルポリシーを確認の上、早めに予約した方が、いい条件のホテルが予約できます。普通のホテルであれば、1週間前にキャンセルすればキャンセル料は必要になりません。(ホテルや旅行会社によりますので、ご自分でご確認ください。)一人で多数のホテルを予約するのはよくないですが、併願校が多少決まっていなくとも、第1志望の大学だけはいい条件のホテルを早めに予約した方が無難です。

宿泊駅の選び方

宿泊駅の選ぶための条件は大きく3つあります。

1:試験会場への行きやすさ
2:悪天候時の代替経路の確保
3:併願校の会場までのアクセス

の3点です。このエントリーでは、SFCが第1志望であるものとして、いくつか駅をご紹介します。

日吉キャンパスへのアクセス

日吉キャンパスには、2つの路線が使えます。

・東急東横線
・横浜市営地下鉄(グリーンライン)

です。横浜市営地下鉄よりは、東急東横線の方が使いやすいので「基本」は東急東横線を使用することにしてください。(横浜→日吉:東急東横線15分程度、横浜市営地下鉄40分程度)。

つまり、基本的には「東急東横線」にアクセスしやすい駅に宿泊するとよいです。

悪天候時の代替経路

試験の頃には大雪となる可能性もあります。2年前の慶應入試は雪に翻弄されました。東急東横線は、一部区間をのぞき地上を通るため、大雪時にはダイヤの乱れ、もしくは、運休が発生します。そうなったときに、頼りになるのは「横浜市営地下鉄」です。タクシーという手もあるのですが、タクシーは道路事情によっては大幅に時間がかかってしまいます。だから、SFCが本命の方は、

・東急東横線に行きやすい
・横浜市営地下鉄にもアクセスしやすい

ホテルを選んだ方がいいです。

この場合、選択肢は割と絞られます。「横浜駅」「新横浜駅」「桜木町駅」「みなとみらい駅」「関内駅」ぐらいですね。少しがんばれば「元町・中華街駅」なども視野に入ります。なお、日吉駅周辺にはほとんどホテルがありません。

宿泊駅ランキング(いろは調べ)

横浜駅

オススメ度1位。一番ポピュラー。「東急東横線」か「みなとみらい線」の看板を探せば駅でもほぼ迷わない。乗り換えは不要です。万が一にも「東急東横線」が止まった場合にも、「横浜市営地下鉄」という選択肢があります。駅が巨大で悩むのが難点。あと商業施設が多く誘惑も多いのが難点。日吉までは15分程度。

新横浜駅

オススメ度2位。新幹線の駅であるため、交通の便がよいです。JR線から東急東横線に乗り換える必要がありますが、新横浜駅から日吉駅までは15分程度でつけます。乗換駅である菊名も迷うような駅ではありません。また横浜市営地下鉄も通ってますので大雪でも安心です。タクシーにのっても3,000円ぐらいで日吉までつけます。

渋谷駅

オススメ第3位。みなとみらい駅と悩みましたが。併願校がある方は、都内で宿泊したほうが便利なので、渋谷をオススメしておきます。併願校がなければ、渋谷ではなく、横浜・新横浜・川崎などをお勧めします。横浜よりも街が大きく、誘惑が多いのが難点。加えて、東急東横線が止まった時に泣きそうになるのが難点だが、時間をかければJR+横浜市営地下鉄作戦が使える。

みなとみらい駅

オススメ第4位。ホテルの値段さえ考えなければ堂々の第1位。ホテルはたくさんあるのですが、いわゆる「観光地」の横浜なので、ホテルのお値段もけっこう高め。みなとみらい線と東横線は直通なので安心。乗り換えなしで20分かからずに日吉までつきます。横浜ほど駅が大きくないので、迷わずにいけます。横浜よりも手前なので東急東横線で座れる確率が高い。多少歩くものの横浜市営地下鉄桜木町駅が徒歩圏なので、もしもの時も安心。コンビニなど必要な施設も周囲に確保。多少の誘惑はあるものの基本的に静か。お値段を考えなければオススメ。

川崎駅

オススメ第5位。飛行機で来る方(羽田)にはオススメ第1位。基本は、南武線で武蔵小杉までいって、武蔵小杉から東横線。南武線が止まっても、JRを使えば複数の経路で東横線にたどり着ける。乗っている時間は長くないので、予想以上に近い。日吉キャンパスまでは25分程度ですが、直線距離では横浜駅よりも近いので人身事故で東横線やJRが止まっている場合はタクシーでもなんとかいける。コンビニも商業施設も近くなんでも揃う。その割に、JR駅入り口が「1つ」しかないので、非常に分かりやすい。武蔵小杉駅での乗り換えがちょっとだけ分かりにくいのが残念。

元町・中華街駅

オススメ第6位。みなとみらい線始発駅なので必ず座れます。駅がひとつなので迷いにくい。山下公園や中華街が近く、観光地であるため、全般的にホテルはそこまで安くないが、選べば安いホテルもある。コンビニなど必要な施設も周囲にある。難点は…横浜市営地下鉄までは多少距離があること。がんばれば関内まで15分程度なので、歩けない事もないですし、関内まではタクシーでいくという手段もあります。

おまけ。去年の合格者さまからのツイートから。観光地の有名なホテルに宿泊したけれども、平日だったので料金が割高とは思わなかった。近いとは思わなかったけれども、遠いとも思わなかった。海の近くでリラックスできた、とのことです。

その他

もし、そのあたりでホテルが確保できなければ、「目黒」「蒲田」がオススメです。「目黒」はいいホテルがとれれば、電車が混まない分、渋谷より魅力的です。「蒲田」は飛行機で来る場合にはそこそこお手軽です。難点は多少ガラが悪いと言われている事。けれどもホテル代を浮かすなら「蒲田」がよいです。それでもホテルが取れなければ、都内では南北線か三田線沿線のホテルなら日吉まで直通でいけることも多いです。「白金高輪」という駅で乗り換えさせられることもありますが、降りたホームでそのまま次の電車を待てばいいだけですし。

「武蔵小杉」「新丸子」もあり、だと思ってます。だけど、駅からちょっとだけ歩くので、「駅直結で便利」という利点は薄れるかな、と思いますよ。

おまけ:去年の合格者さまから。関内で宿泊しました。市営地下鉄でも、JRプラス東横線でも、どちらでも日吉にいけます。

関内は、ゆずさんのスタートした商店街があったり、港町だったり、有隣堂の本店があったり、いろいろあって街としては好き。歴史としてもおもしろいよね。

ホテル備品チェック

空気清浄機・加湿器

ホテルは基本的に乾燥します。加湿器や空気清浄機があると便利です。台数限定で貸出ししてくれるところも多いので、予約するときに、「受験なので取り置きしてほしいです」とお伝えすると、準備してくれるところもあるようです。なければ寝る前に、タオルを水で濡らして干しておきます。

タオル

ホテルならたいていおいてありますが、ビジネス旅館だとバスタオルがないところもあります。大きな駅近辺に止まる場合は、近くで買えますけれどもね。

コインランドリー

二泊程度ならばいいですが、洗濯をしなければいけない場合は、ホテル内や近辺にコインランドリーがあると便利です。大きめのホテルだとないところも多いです。有料のラウンドリーサービスになっちゃう(けっこう高い)。コインランドリーはホテルの中にあって、ロビーの近くだといいんですけれどもね。

アメニティ(女性限定でしょうか…。)

あると超便利です。わざわざ持っていかなくていいですし。「大学受験プラン」を作ってるような大きなホテルだと、結構充実してますし、テンションもあがります。

せっかくなので、前日の夜に勉強するためにも、机の大きさも確認しておきましょう。「大学入試ですが、前日は勉強したいので机の大きさを教えて下さい」といえば、ホテルの方もちゃんと教えてくれます。なくてもホテル隣接の喫茶店やレストランが使える場合がありますので、要確認です。

コンビニ

ものじゃないですが…。試験当日のお弁当や急に物が必要になったとき便利です。必ずホテルの近くのコンビ二は抑えておきましょう。最近だとGoogleMapでも簡単に検索できますしね。

禁煙ルーム

タバコを吸わない方は、禁煙ルームをお勧めします。ひどい喫煙可の部屋は本当にひどいので。タバコを吸わない方は、必ず禁煙ルームをオススメします。高めのホテルではそんな極端な部屋はないと思いますが…。

その他、考慮したいこと

受験に必要ない荷物

普通ホテルのフロントで預けられますので、受験の帰りに立寄やすいところにホテルを選ぶといいかもしれません。時々会場にまで持ってきている人を見かけますが、帰りの電車や飛行機の時間に余裕を持って、ホテルのフロントに預けておきましょう。

予約は早めに

ホテルの予約は早めにしておけばOKです。たいていの場合、1週間か2週間前までは無料でキャンセルできます。途中で志望校が変わったらどうしよう、などと思わずに、早めにとっておいたほうが無難です。もちろん、必要以上におさえておくのは問題ですが…。

「受験生応援プラン」は…意外と便利です。

高いですが…。ホテルが「受験生応援プラン」をやってる場合があります。「単に安いパターン」と「いろいろついてくるパターン」があります。「いろいろついてくるパターン」は、大きなホテルだと静かな部屋にしてもらえたり、料理が工夫されてたり、と結構楽しいです。レム日比谷(眠りやすいホテル)なんかにとまるコースもあるようです。

最後に

ホテルは、試験前の最後の休息をとる場所です。大学生になってしまえば、地方で飛び込みの安宿での失敗も笑い話で済みますが、入試の場合は笑い話にはなりません。多少お金がかかっても、普通のホテルにとまることをオススメします。「ホテルそのもの」と「日吉キャンパスまでのアクセス」の両方を考えて選んで下さいね。

昨年、合格体験記でバッティングセンターに行ったとか、友達と遊びに行ったとか、けっこういろんな過ごし方がオススメされていましたね。そんなことを考えながらも予約をしてみてくださいね。

おまけ記事:SFC頻出英単語 第1位は??

おまけ記事

環境情報学部と総合政策学部の2015年英語(環境情報学部 大問2問、総合政策学部 大問1問)の英単語を出題頻度順に並べてみました。 なお、こんなの入れなくてもいいや、と思った民族の名前や国名などはリストから省いています。母集団がものすごく小さいのでほんの少しの参考にしかなりませんが、勉強の参考にしてみてください。
SVL出現回数割合累積割合
1231367.1%67.1%
237510.9%77.9%
32146.2%84.1%
41424.1%88.3%
5762.2%90.5%
6441.3%91.7%
730.9%92.6%
8341.%93.6%
9341.%94.6%
1021.6%95.2%
1112.3%95.5%
123.1%95.6%
01514.4%100.%
合計3449100.%
SVLは、アルクの作成している単語レベルです。SVL1〜12まで各1000語ずつ合計12,000語がレベルわけされています。SVL0と書いてあるのは、アルクのリストにない単語です。

分析

SVL1の単語で全体の67%がカバーできるというのは、驚きの結果です。SVL1の単語はリンク先を見れば分かるとおり、ほとんどが中学レベルです。SVL5までの単語で約9割をカバーできています。SVL5程度がだいたい大学受験レベルです。SVLが割り振られていないレベルの単語にも超基本単語(AmericaとかAsiaとか固有名詞には、SVLで分類されていないんです。あと、HotlyとかCoollyもSVLで分類されていません。) 一般に言われるのが、文章の中で95%の単語がわかれば文章は読める、ということですので、受験生はSVL6ぐらいまでの単語を身につければ、あとは固有名詞やかんたんな派生語でカバーできます。 1年間の入試にも満たない分量の分析結果なので、うかつなことは言えませんが、少なくとも英検準1級のようなレベルの単語を目の色を変えてまで勉強するような単語難易度ではありません。

SFC入試で一番頻出単語は「the」!!

なんと、語数3449語うち、実に5.7%がtheです。(試験に全く役に立たない情報です。) なお過去問はOCRで読み取ったものを加工せずに用いました。テキストのクリーニングも適当ですので、あくまで目安程度にお使いください。#質問があれば、コメント欄かTwitterにお願いします。
No見出し語出現回数レベル累積確率
1the19615.7%
2of12519.3%
3and106112.4%
4to98115.2%
5a82117.6%
6in81119.9%
7that51121.4%
8have32122.4%
9is32123.3%
10for30124.2%
11people29125.%
12be28125.8%
13their27126.6%
14language26127.3%
15as24128.%
16with24128.7%
17are23129.4%
18it23130.1%
19new22130.7%
20or21131.3%
21more20131.9%
22on20132.5%
23this17133.%
24old16133.4%
25its15133.9%
26would15134.3%
27an14134.7%
28by14135.1%
29one14135.5%
30way14135.9%
31will14136.3%
32vote14236.7%
33user14337.1%
34at13137.5%
35from13137.9%
36no13138.3%
37was13138.6%
38they13139.%
39york12039.4%
40but12139.7%
41than12140.1%
42not12140.4%
43now11140.7%
44other11141.1%
45there11141.4%
46those11141.7%
47who11142.%
48world11142.3%
49facebook10042.6%
50all10142.9%
51come10143.2%
52many10143.5%
53up10143.8%
54young10144.1%
55about10144.4%
56company10144.7%
57information10244.9%
58city9145.2%
59could9145.5%
60make9145.7%
61most9146.%
62so9146.2%
63some9146.5%
64nation9246.8%
65become8147.%
66out8147.2%
67were8147.5%
68what8147.7%
69I8147.9%
70might8248.2%
71immigrant8548.4%
72any7148.6%
73can7148.8%
74give7149.%
75may7149.2%
76May7149.4%
77number7149.6%
78should7149.8%
79which7150.%
80you7150.2%
81do7150.4%
82how7150.6%
83when7150.8%
84gray7151.%
85political7351.2%
86population7351.4%
87day6151.6%
88few6151.8%
89great6152.%
90has6152.1%
91he6152.3%
92into6152.5%
93see6152.7%
94use6152.8%
95need6153.%
96least6253.2%
97result6253.3%
98increase6353.5%
99search6353.7%
100american5053.8%
101newsfeed5054.%
102google5054.1%
103before5154.3%
104change5154.4%
105different5154.6%
106if5154.7%
107just5154.9%
108like5155.%
109place5155.1%
110show5155.3%
111speaker5155.4%
112then5155.6%
113we5155.7%
114write5155.9%
115year5156.%
116his5156.2%
117promise5156.3%
118age5156.5%
119century5256.6%
120effect5256.7%
121less5256.9%
122social5257.%
123example5257.2%
124reason5257.3%
125care5257.5%
126medical5257.6%
127support5257.8%
128election5357.9%
129digital5458.%
130diversity5658.2%
131gerrymander4058.3%
132retiree4058.4%
133act4158.5%
134almost4158.7%
135also4158.8%
136another4158.9%
137arrive4159.%
138end4159.1%
139even4159.2%
140go4159.4%
141group4159.5%
142over4159.6%
143pass4159.7%
144small4159.8%
145start4159.9%
146stop4160.%
147take4160.2%
148word4160.3%
149already4160.4%
150get4160.5%
151kind4160.6%
152much4160.7%
153our4160.9%
154percent4161.%
155happen4161.1%
156try4161.2%
157worry4161.3%
158active4261.4%
159appear4261.6%
160million4261.7%
161nearly4261.8%
162state4261.9%
163cause4262.%
164content4262.1%
165message4262.2%
166policy4262.4%
167view4262.5%
168expect4262.6%
169attempt4362.7%
170united4462.8%
171consequence4462.9%
172shift4463.1%
173graphic4563.2%
174linguistic4763.3%
175endangered41063.4%
176africa3063.5%
177italian3063.6%
178mexico3063.7%
179above3163.8%
180back3163.8%
181been3163.9%
182children3164.%
183ever3164.1%
184family3164.2%
185hard3164.3%
186outside3164.4%
187parent3164.5%
188seem3164.5%
189sound3164.6%
190speak3164.7%
191still3164.8%
192street3164.9%
193ten3165.%
194thing3165.1%
195think3165.1%
196time3165.2%
197today3165.3%
198well3165.4%
199your3165.5%
200against3165.6%
201answer3165.7%
202first3165.8%
203friend3165.8%
204know3165.9%
205look3166.%
206must3166.1%
207never3166.2%
208off3166.3%
209receive3166.4%
210same3166.5%
211yes3166.5%
212away3166.6%
213country3166.7%
214here3166.8%
215life3166.9%
216power3167.%
217too3167.1%
218culture3267.1%
219disappear3267.2%
220doubt3267.3%
221figure3267.4%
222knowledge3267.5%
223likely3267.6%
224speaking3267.7%
225speech3267.8%
226spoken3267.8%
227within3267.9%
228law3268.%
229own3268.1%
230process3268.2%
231scientist3268.3%
232fear3268.4%
233health3268.5%
234worker3268.5%
235being3368.6%
236document3368.7%
237global3368.8%
238link3368.9%
239loss3369.%
240variety3369.1%
241happening3369.2%
242require3369.2%
243recording3469.3%
244behavior3469.4%
245decade3469.5%
246web3469.6%
247elderly3469.7%
248researcher3569.8%
249prompt3569.8%
250voter3669.9%
251pension3670.%
252given3770.1%
253immigration3870.2%
254linguist3970.3%
255outnumber3970.4%
256irish2070.4%
257fiduciary2070.5%
258personalize2070.5%
259hypothetical2070.6%
260don’t2070.7%
261india2070.7%
262japan2070.8%
263asia2070.8%
264xenophobic2070.9%
265middle-aged2070.9%
266working-age2071.%
267openness2071.1%
268again2171.1%
269better2171.2%
270big2171.2%
271both2171.3%
272case2171.4%
273close2171.4%
274each2171.5%
275early2171.5%
276else2171.6%
277every2171.6%
278famous2171.7%
279fast2171.8%
280father2171.8%
281four2171.9%
282half2171.9%
283her2172.%
284home2172.%
285hundred2172.1%
286large2172.2%
287last2172.2%
288late2172.3%
289live2172.3%
290long2172.4%
291man2172.5%
292men2172.5%
293next2172.6%
294order2172.6%
295plant2172.7%
296run2172.7%
297say2172.8%
298secret2172.9%
299seven2172.9%
300shape2173.%
301soon2173.%
302study2173.1%
303tell2173.2%
304thousand2173.2%
305three2173.3%
306together2173.3%
307tongue2173.4%
308toward2173.4%
309two2173.5%
310west2173.6%
311why2173.6%
312work2173.7%
313ago2173.7%
314anyone2173.8%
315free2173.8%
316future2173.9%
317goal2174.%
318important2174.%
319keep2174.1%
320open2174.1%
321page2174.2%
322present2174.3%
323these2174.3%
324trouble2174.4%
325us2174.4%
326want2174.5%
327without2174.5%
328ask2174.6%
329because2174.7%
330die2174.7%
331earth2174.8%
332face2174.8%
333good2174.9%
334money2174.9%
335once2175.%
336person2175.1%
337poor2175.1%
338rich2175.2%
339sixty2175.2%
340talk2175.3%
341though2175.4%
342where2175.4%
343amount2275.5%
344area2275.5%
345education2275.6%
346favor2275.6%
347human2275.7%
348include2275.8%
349notice2275.8%
350pizza2275.9%
351powerful2275.9%
352record2276.%
353spread2276.1%
354value2276.1%
355agree2276.2%
356beyond2276.2%
357complain2276.3%
358duty2276.3%
359exist2276.4%
360feed2276.5%
361follow2276.5%
362however2276.6%
363limit2276.6%
364lot2276.7%
365personal2276.7%
366prevent2276.8%
367provide2276.9%
368public2276.9%
369rate2277.%
370service2277.%
371share2277.1%
372subject2277.2%
373trust2277.2%
374willing2277.3%
375discuss2277.3%
376society2277.4%
377university2277.4%
378community2377.5%
379consider2377.6%
380evidence2377.6%
381found2377.7%
382northern2377.7%
383research2377.8%
384structure2377.8%
385unknown2377.9%
386whatever2378.%
387advantage2378.%
388communication2378.1%
389data2378.1%
390due2378.2%
391exchange2378.3%
392experiment2378.3%
393income2378.4%
394network2378.4%
395stroke2378.5%
396climate2378.5%
397option2378.6%
398security2378.7%
399vast2378.7%
400congress2478.8%
401consist2478.8%
402factor2478.9%
403increasingly2479.%
404indicate2479.%
405making2479.1%
406vanish2479.1%
407asking2479.2%
408conclude2479.2%
409contrast2479.3%
410outcome2479.4%
411acceptable2479.4%
412notion2479.5%
413alliance2579.5%
414massive2579.6%
415abandoned2579.6%
416profile2579.7%
417prohibit2579.8%
418developed2579.8%
419economist2579.9%
420retirement2579.9%
421participation2680.%
422scenario2680.1%
423ultimately2680.1%
424boost2680.2%
425liberation2880.2%
426ongoing2880.3%
427quota2880.3%
428raised2880.4%
429disruption2880.5%
430ailment2980.5%
431indigenous21080.6%
432logo21080.6%
433demographic21180.7%
434english1080.7%
435unwritten1080.7%
436urbanization1080.8%
437london1080.8%
438paris1080.8%
439website1080.9%
440underprivileged1080.9%
441counterproductive1080.9%
442nonprofit1081.%
443endpoint1081.%
444biodiversity1081.%
445monoculture1081.%
446consistently1081.1%
447unease1081.1%
448endlessly1081.1%
449suffuse1081.2%
450chinatowns1081.2%
451mexicans1081.2%
452uptake1081.2%
453outtake1081.3%
454linguistically1081.3%
455african1081.3%
456puerto1081.4%
457rican1081.4%
458indian1081.4%
459dominican1081.4%
460asian1081.5%
461irreplaceable1081.5%
462worldview1081.5%
463photo1081.6%
464airwave1081.6%
465bystander1081.6%
466tweak1081.6%
467blacked1081.7%
468unadulterated1081.7%
469coolly1081.7%
470hotly1081.8%
471bing1081.8%
472partiality1081.8%
473blog1081.8%
474personalization1081.9%
475subliminal1081.9%
476they’d1081.9%
477hadn’t1082.%
478piracy1082.%
479doodle1082.%
480subtly1082.1%
481weren’t1082.1%
482historically1082.1%
483ceo1082.1%
484mid-century1082.2%
485chinese1082.2%
486brazil1082.2%
487insightful1082.3%
488diseases—chronic1082.3%
489china1082.3%
490politically1082.3%
491autocracy1082.4%
492intergenerational1082.4%
493spain1082.4%
494italy1082.5%
495upsurge1082.5%
496workforce1082.5%
497prolongation1082.5%
498dispensation1082.6%
499olden1082.6%
500commonsensical1082.6%
501mercifully1082.7%
502regrettably1082.7%
503grayer1082.7%
504carbon-dioxide1082.7%
505indisputably1082.8%
506swath1082.8%
507able1182.8%
508along1182.9%
509animal1182.9%
510art1182.9%
511artist1183.%
512begin1183.%
513best1183.%
514building1183.%
515cap1183.1%
516Christmas1183.1%
517corner1183.1%
518deep1183.2%
519east1183.2%
520eighteen1183.2%
521everywhere1183.2%
522feel1183.3%
523fifty1183.3%
524five1183.3%
525full1183.4%
526history1183.4%
527house1183.4%
528island1183.4%
529learn1183.5%
530left1183.5%
531little1183.5%
532me1183.6%
533meet1183.6%
534miss1183.6%
535month1183.6%
536mother1183.7%
537move1183.7%
538newspaper1183.7%
539part1183.8%
540play1183.8%
541post1183.8%
542pot1183.9%
543queen1183.9%
544question1183.9%
545sell1183.9%
546several1184.%
547ship1184.%
548since1184.%
549sit1184.1%
550slowly1184.1%
551south1184.1%
552stamp1184.1%
553student1184.2%
554thirty1184.2%
555till1184.2%
556town1184.3%
557tree1184.3%
558understand1184.3%
559war1184.3%
560wave1184.4%
561wide1184.4%
562bad1184.4%
563bring1184.5%
564business1184.5%
565choose1184.5%
566cover1184.5%
567dangerous1184.6%
568decide1184.6%
569doctor1184.6%
570easy1184.7%
571fact1184.7%
572field1184.7%
573find1184.7%
574help1184.8%
575hurt1184.8%
576idea1184.8%
577January1184.9%
578June1184.9%
579name1184.9%
580none1185.%
581note1185.%
582November1185.%
583only1185.%
584party1185.1%
585point1185.1%
586right1185.1%
587rule1185.2%
588shake1185.2%
589simple1185.2%
590six1185.2%
591special1185.3%
592stand1185.3%
593step1185.3%
594switch1185.4%
595table1185.4%
596television1185.4%
597thank1185.4%
598them1185.5%
599top1185.5%
600while1185.5%
601always1185.6%
602around1185.6%
603beginning1185.6%
604count1185.6%
605door1185.7%
606eighty1185.7%
607fall1185.7%
608food1185.8%
609grow1185.8%
610heart1185.8%
611interest1185.9%
612job1185.9%
613later1185.9%
614map1185.9%
615mine1186.%
616music1186.%
617my1186.%
618natural1186.1%
619nurse1186.1%
620often1186.1%
621past1186.1%
622pay1186.2%
623perhaps1186.2%
624put1186.2%
625quarter1186.3%
626reach1186.3%
627ready1186.3%
628really1186.3%
629rise1186.4%
630robot1186.4%
631second1186.4%
632she1186.5%
633something1186.5%
634stay1186.5%
635story1186.5%
636through1186.6%
637turn1186.6%
638twenty1186.6%
639type1186.7%
640wake1186.7%
641whose1186.7%
642window1186.7%
643woman1186.8%
644accent1286.8%
645actor1286.8%
646alive1286.9%
647beauty1286.9%
648businessman1286.9%
649central1287.%
650chain1287.%
651completely1287.%
652computer1287.%
653danger1287.1%
654deeply1287.1%
655design1287.1%
656easily1287.2%
657event1287.2%
658former1287.2%
659general1287.2%
660improve1287.3%
661native1287.3%
662nowhere1287.3%
663particular1287.4%
664port1287.4%
665probably1287.4%
666remain1287.4%
667report1287.5%
668rest1287.5%
669shore1287.5%
670silence1287.6%
671sudden1287.6%
672swallow1287.6%
673western1287.6%
674whole1287.7%
675yet1287.7%
676accept1287.7%
677actual1287.8%
678actually1287.8%
679allow1287.8%
680announce1287.9%
681arrange1287.9%
682audience1287.9%
683base1287.9%
684button1288.%
685cast1288.%
686certainly1288.%
687compare1288.1%
688contain1288.1%
689create1288.1%
690decision1288.1%
691directly1288.2%
692effort1288.2%
693engine1288.2%
694entrance1288.3%
695especially1288.3%
696fair1288.3%
697FALSE1288.3%
698fit1288.4%
699form1288.4%
700imagine1288.4%
701instead1288.5%
702lawyer1288.5%
703lie1288.5%
704manner1288.5%
705measure1288.6%
706official1288.6%
707ought1288.6%
708patient1288.7%
709plain1288.7%
710platform1288.7%
711plenty1288.8%
712possibility1288.8%
713possible1288.8%
714protection1288.8%
715purpose1288.9%
716rather1288.9%
717regard1288.9%
718sauce1289.%
719serve1289.%
720sort1289.%
721standard1289.%
722themselves1289.1%
723thought1289.1%
724used1289.1%
725wish1289.2%
726worried1289.2%
727adult1289.2%
728anyway1289.2%
729attention1289.3%
730complete1289.3%
731depend1289.3%
732describe1289.4%
733discussion1289.4%
734elder1289.4%
735exactly1289.4%
736experience1289.5%
737finally1289.5%
738fix1289.5%
739foreigner1289.6%
740forward1289.6%
741impossible1289.6%
742introduce1289.6%
743labor1289.7%
744lay1289.7%
745net1289.7%
746peak1289.8%
747positive1289.8%
748practical1289.8%
749problem1289.9%
750product1289.9%
751raise1289.9%
752safety1289.9%
753shadow1290.%
754suffer1290.%
755writing1290.%
756barber1390.1%
757besides1390.1%
758bomb1390.1%
759climbing1390.1%
760commercial1390.2%
761development1390.2%
762director1390.2%
763eager1390.3%
764element1390.3%
765elsewhere1390.3%
766entire1390.3%
767equipment1390.4%
768establish1390.4%
769feature1390.4%
770flour1390.5%
771guy1390.5%
772including1390.5%
773justice1390.5%
774mostly1390.6%
775neighborhood1390.6%
776personality1390.6%
777possibly1390.7%
778relation1390.7%
779schedule1390.7%
780shame1390.8%
781skill1390.8%
782specific1390.8%
783stress1390.8%
784sum1390.9%
785union1390.9%
786unique1390.9%
787access1391.%
788additional1391.%
789agreement1391.%
790although1391.%
791available1391.1%
792beneath1391.1%
793benefit1391.1%
794bound1391.2%
795client1391.2%
796conduct1391.2%
797contact1391.2%
798democratic1391.3%
799doing1391.3%
800foundation1391.3%
801indeed1391.4%
802influence1391.4%
803license1391.4%
804means1391.4%
805moreover1391.5%
806occur1391.5%
807original1391.5%
808patience1391.6%
809protest1391.6%
810responsibility1391.6%
811simply1391.6%
812situation1391.7%
813suppose1391.7%
814technology1391.7%
815threat1391.8%
816whichever1391.8%
817addition1391.8%
818attitude1391.9%
819average1391.9%
820closed1391.9%
821concern1391.9%
822democracy1392.%
823description1392.%
824deserve1392.%
825economic1392.1%
826entirely1392.1%
827exception1392.1%
828failure1392.1%
829financial1392.2%
830generation1392.2%
831government1392.2%
832hip1392.3%
833huge1392.3%
834lung1392.3%
835obvious1392.3%
836opportunity1392.4%
837organization1392.4%
838per1392.4%
839production1392.5%
840profession1392.5%
841ray1392.5%
842reaction1392.5%
843replace1392.6%
844represent1392.6%
845respond1392.6%
846retire1392.7%
847sadly1392.7%
848specialist1392.7%
849supply1392.8%
850trend1392.8%
851trial1392.8%
852whenever1392.8%
853annual1492.9%
854blend1492.9%
855breakdown1492.9%
856capacity1493.%
857colony1493.%
858destruction1493.%
859dynamic1493.%
860endless1493.1%
861flee1493.1%
862globe1493.1%
863grandparent1493.2%
864impose1493.2%
865investigate1493.2%
866nationality1493.2%
867parallel1493.3%
868promotion1493.3%
869radical1493.3%
870representative1493.4%
871scatter1493.4%
872sidewalk1493.4%
873species1493.4%
874translation1493.5%
875tribe1493.5%
876wisdom1493.5%
877advertisement1493.6%
878alter1493.6%
879ambitious1493.6%
880chosen1493.7%
881commission1493.7%
882contest1493.7%
883cooperation1493.7%
884corporation1493.8%
885disadvantage1493.8%
886distribute1493.8%
887emerge1493.9%
888entry1493.9%
889existing1493.9%
890expectation1493.9%
891favorable1494.%
892generous1494.%
893invisible1494.%
894knowing1494.1%
895meanwhile1494.1%
896medium1494.1%
897overall1494.1%
898panic1494.2%
899passing1494.2%
900personally1494.2%
901privacy1494.3%
902reputation1494.3%
903significant1494.3%
904site1494.3%
905solution1494.4%
906source1494.4%
907warmly1494.4%
908yield1494.5%
909accurate1494.5%
910aged1494.5%
911analyze1494.5%
912assume1494.6%
913billion1494.6%
914code1494.6%
915conflict1494.7%
916crisis1494.7%
917criticism1494.7%
918debate1494.8%
919decline1494.8%
920dependent1494.8%
921developing1494.8%
922discipline1494.9%
923expand1494.9%
924explosion1494.9%
925guarantee1495.%
926humanity1495.%
927partial1495.%
928pit1495.%
929preserve1495.1%
930prolong1495.1%
931proportion1495.1%
932realistic1495.2%
933reduction1495.2%
934secure1495.2%
935shortage1495.2%
936youthful1495.3%
937abolish1595.3%
938capitalism1595.3%
939confusion1595.4%
940environmental1595.4%
941evaluate1595.4%
942halt1595.4%
943inhabitant1595.5%
944limitation1595.5%
945ornament1595.5%
946powerless1595.6%
947rational1595.6%
948refugee1595.6%
949saddle1595.7%
950stimulate1595.7%
951trading1595.7%
952verb1595.7%
953withdraw1595.8%
954worldwide1595.8%
955candidate1595.8%
956click1595.9%
957contribute1595.9%
958dominant1595.9%
959federal1595.9%
960predict1596.%
961preference1596.%
962random1596.%
963restriction1596.1%
964tease1596.1%
965unlike1596.1%
966assign1596.1%
967awareness1596.2%
968biological1596.2%
969broke1596.2%
970colleague1596.3%
971confine1596.3%
972consume1596.3%
973inventor1596.3%
974pessimistic1596.4%
975prescription1596.4%
976pyramid1596.4%
977respectable1596.5%
978sustain1596.5%
979activist1696.5%
980clause1696.5%
981complexity1696.6%
982diverse1696.6%
983fluid1696.6%
984melting1696.7%
985overwork1696.7%
986sect1696.7%
987sophisticated1696.8%
988spit1696.8%
989succession1696.8%
990accuracy1696.8%
991betrayal1696.9%
992booth1696.9%
993formula1696.9%
994genetic1697.%
995inevitably1697.%
996ingredient1697.%
997patent1697.%
998relevant1697.1%
999attribute1697.1%
1000nationalist1697.1%
1001overwhelm1697.2%
1002radar1697.2%
1003symptom1697.2%
1004delegate1797.2%
1005incorporate1797.3%
1006intake1797.3%
1007metropolis1797.3%
1008metropolitan1797.4%
1009oppression1797.4%
1010splash1797.4%
1011static1797.4%
1012suppression1797.5%
1013withstand1797.5%
1014agenda1797.5%
1015amendment1797.6%
1016contend1797.6%
1017flap1797.6%
1018flip1797.7%
1019outrage1797.7%
1020variable1797.7%
1021catastrophe1797.7%
1022dutiful1797.8%
1023emission1797.8%
1024mortality1797.8%
1025nationalism1797.9%
1026subscription1797.9%
1027array1897.9%
1028desktop1897.9%
1029estimated1898.%
1030extinct1898.%
1031migration1898.%
1032settled1898.1%
1033strategic1898.1%
1034swirl1898.1%
1035withhold1898.1%
1036electoral1898.2%
1037notify1898.2%
1038online1898.2%
1039pending1898.3%
1040ripple1898.3%
1041tickle1898.3%
1042aristocracy1898.3%
1043birthrate1898.4%
1044fertility1898.4%
1045immortality1898.4%
1046trigger1898.5%
1047underlying1898.5%
1048carol1998.5%
1049extinction1998.6%
1050imperialism1998.6%
1051norm1998.6%
1052racist1998.6%
1053southeastern1998.7%
1054awesome1998.7%
1055broadcaster1998.7%
1056censorship1998.8%
1057entrust1998.8%
1058generic1998.8%
1059manipulate1998.8%
1060mobilize1998.9%
1061neutrality1998.9%
1062reminder1998.9%
1063analogous1999.%
1064assertive1999.%
1065avert1999.%
1066collaboration1999.%
1067diabetes1999.1%
1068empower1999.1%
1069infrastructure1999.1%
1070kidney1999.2%
1071manipulation1999.2%
1072median1999.2%
1073taboo1999.2%
1074archive11099.3%
1075cognitive11099.3%
1076dropping11099.3%
1077hale11099.4%
1078multicultural11099.4%
1079paramount11099.4%
1080plausible11099.4%
1081affiliation11099.5%
1082constrain11099.5%
1083flop11099.5%
1084intermediary11099.6%
1085leverage11099.6%
1086upheaval11099.6%
1087empathy11199.7%
1088resilient11199.7%
1089sparse11199.7%
1090nudge11199.7%
1091wield11199.8%
1092bemoan11199.8%
1093deference11199.8%
1094dementia11199.9%
1095teem11199.9%
1096uproar11199.9%
1097twitter11299.9%
1098lucid112100.%
1099piecemeal112100.%

SFC情報入試・参考問題一覧!!

SFCの情報入試の勉強に使える問題を、独断で優先度順に並べてみました。情報入試の勉強の参考にご利用ください。

第1優先:SFC公式

SFCでは一般入試の「情報」の参考試験をオープンキャンパスで過去2回実施しました。

2015年 一般入試「情報」参考試験(2015年7月30日実施)の問題等の公開および実施結果について
2014年 一般入試「情報」参考試験(2014年7月30日実施)の問題等の公開および実施結果について

この参考試験に関する情報は、SFC公式サイト以外にも、河合塾の高校教員向けサイト「キミのミライ発見」で公開されています。

2016年度慶應新入試、「情報」の問題案公開へ ~変わる大学入試を示す「論理的思考力も問う情報入試」 村井純先生からの「メッセージ」と柏陽高校での試行公開

「柏陽高校での試行」についての記事です。
 ・SFC村井純先生からのメッセージ
 ・神奈川県立柏陽高等学校 間辺広樹先生からのメッセージ
 ・問題解説
という構成になっています。

高校教科「情報」シンポジウム2015春 慶應義塾大学SFC一般入試『情報』参考試験

こちらは、ジョーシンと呼ばれる学会の発表をまとめたものです。SFCの植原啓介先生が、得点率の低かった問題などについて述べています。

第2優先:情報入試研究会>大学情報入試全国模擬試験

情報入試研究会>資料内に情報入試研究会の実施した大学情報入試全国模擬試験の過去問があります。SFC公式模試の次に重要な問題です。
 ・試作入試問題 #001 (2013/04/14訂正版)
 ・第1回問題(2013/05/18実施, #002)
 ・第2回問題(2014/02/22実施, #003)
 ・第3回問題(2015/02/21実施, #004)

あなたにとって、「情報」は、入試科目ですか?

早稲田大学 辰己 丈夫先生(現放送大学)の2013 PC Conferenceでの原稿内のp222 6情報入試研究会に、この情報入試研究会について記載があり、情報入試研究会がSFCの情報入試の参考にされていることが記載されています。(平たくいうと「へい、SFCでは情報入試をやるぜ。でもその前にトライアルを何回かするぜ。お前らも一緒にやらね?」というトーンで学会発足という感じでしょうか。)

だから、この情報入試研究会の問題もSFCの入試の参考として活用されていると考えられるため、最低限できるようになっておく方がいいでしょう。ちなみにこちらも「キミのミライ発見」に参考記事が記載されています。

第1回

実施報告および解説(植原啓介先生 慶應義塾大学環境情報学部准教授)
実施結果の分析と問題の講評(奥村晴彦先生 三重大学教育学部教授)

第2回

第2回大学情報入試全国模擬試験団体受験報告 水野修治先生(愛知県立高校)
第2回大学情報入試全国模擬試験解説 辰己丈夫先生(放送大学)

第3回

第3回大学情報入試全国模擬試験問題解説 佐久間拓也先生(文教大学)
第3回大学情報入試全国模擬試験実施結果 谷 聖一先生(日本大学)

第3優先:明治大学情報コミュニケーション学部 「情報科」入試

いわゆる「難関大」の中で、SFCに先んじて情報入試を導入した明治大学の問題も、SFCの入試問題以外に重要な手がかりになると考えられます。
「情報」入試は大学からのメッセージ ~明治大学情報コミュニケーション学部 2013年度「情報科」入試を実施して

その他

センター試験

センター試験では、過去から「情報関係基礎」という科目が実施されています。センター試験は、良質な問題が多いので、センター試験の問題の中から、SFCの情報入試に出題されそうな問題を選んでやるのもよいと思います。

【公式サイト】独立行政法人 大学入試センター>過去のデータ>過去3年間分の試験問題
【個人サイト】センター情報研究室(平成19年度から平成25年度まで)

その他大学の情報入試

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科は、2014年度までは数学の問題の一部として、2015年度からは入試の科目として情報入試を導入しているようです。その他は、河合塾が作成しているサイトがあります。情報入試問題検索サイトです。「教員用」となっており、受験生からは見つけづらくなっていますが、きれいにまとまっているので、すごく参考になるはずです。

ITパスポート試験

実際に問題に取り組んだ方によると、SFC入試はITパスポート試験に似ている、と言われます。ITパスポートは世の中にたくさん参考書が出ています。
SFCの参考問題等に取り組んだあとに、こうした参考書に掲載されている問題のうち、傾向が似ている問題を解いてみるのもよいかもしれません。

しょうろんへの「検索ワード」

しょうろんブログは、たいして何もやっていないSEOの一環として("SFC 小論文"のアクセスでは実質トップなので、それ以上の対策はしていないんです)、アクセス履歴をときどきのぞいています。おもしろい検索ワードがあれば、公開しているんですが、それをブログに入れようと思いやってみることにします。

検索ワード「SFCは数学受験の上位2割を小論文採点せずに合格」

英語に関しても同じ噂がありますね。根も葉もない噂だと思います。

数学受験が仮に全体の20%とすると3,000人の20%で600人。そのうち、上位2割と言えば120人。合格者数が500人いるうちの120人が「小論文なし」という結論になります。これって結局、数学受験なら、小論文は見てません、と同じことになります。数学受験の場合、小論文の合格最低点や基準点が甘くなる、という可能性はあるとは思いますけどね。(2015年10月7日)

検索ワード「環境情報学部と、総合政策どちらが 慶応」

どちらも慶應です。(2015年10月7日)

検索ワード「慶應SFC 小論 アイディア盗み」

試験前であれば、別にありだと思います。但し、試験時間にそれをやるのは「カンニング」なので、自殺行為です。あと塾のお友達のアイディアを盗む場合は、その後の人間関係にお気をつけください。

検索ワード「ゴロゴ いろはのみ」

この検索ワードの意図がわからない。

検索ワード「いろはす 小論文」

なんですかそれ口説いてるんですかごめんなさい狙いすぎだし気持ち悪くて無理です。

検索ワード「詳論いろは」

うん。なんか違う笑。

検索ワード「SFC合格体験記女子大生いろはの小論文」

恥ずかしいから何度もこの検索ワードでアクセスするのをやめてください。あやまりますから。出来心だったの。

(解説:某掲示板で一時期「女子大生対策」と呼ばれていたので、調子にのってブログタイトルを「女子大生いろは(><)のSFC小論文」みたいなタイトルにしていたら、Google検索に拾われてしまったのです。)

検索ワード「いろはさん 現役だと思ってた 小論文」

仮面です。途中で退学したから、仮面期間は短いけど笑。別に後悔はしてないけど、大学選びをきちんと現役の時からしておけばよかった、とは思う。

検索ワード「いろはさん 食べたい しょうろん」

塩かタレで言えば、塩焼きでお召し上がりください。

検索ワード「長文 1日 何題」

好きにしてください。

私なら2題から3題解きます。

検索ワード「SFC いろは 誰」

私です。

検索ワード「受験1ヶ月前からネクステ」

いや、今からやろうよ。私が教える子なら、3日で一周を3回ぐらいさせるので10日前から再度ネクステやってもらいます。

検索ワード「英語 参考書 長文 マジでおすすめ」

何?この頭悪そうな検索ワード?と思ったら、ばっちりひっかかりました(笑)。頭が悪いエントリーを書いたのは私だった。

検索ワード「sfc ドイツ語 難易度」

知らない笑。

検索ワード「試験中 スーハースーハー」

こんなのも、ひっかかるんだ。

検索ワード「おしゃべりいろは sfc」

惜しいけど、なんとなくこの検索をした人とは友達になれない。

検索ワード「慶應義塾大学を記念受験するどの学部が良いか」

いさぎよい。せっかくなら通信を受けて、合格を狙うことをオススメします。

検索ワード「sfc 環境情報学部 小論とわ」

うん。「とは」を「とわ」と書いても、酷い減点にはならないと思うけど、少しぐらい気をつけたほうがいいと思う。

検索ワード「昼 ごはんのお供」

何言ってんの?こんな検索ワードに引っかかるわけないじゃん。Googleさんのバカ。

http://studyhack.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

(>人<;)疑った私が悪かった。

検索ワード「他人とリズムが合わない」

あなたには、SFCがぴったりです。

検索ワード「慶応大学 FSC 環境情報学部に合格するには?」

たぶん合格には関係ないけれども直してほしいところが一箇所あります。

検索ワード「子供の体調を善くするおまじない」

病院とかお薬とかそっちを選んで、おまじないはやめてください。

この検索ワード怖すぎる。

検索ワード「不合格者 成績開示 したほうがいいか」

答え:したほうがいいけど、慶應の成績開示はもう終わり。(この検索がなされた日が既にSFCの成績開示の〆切でした。)

検索ワード「みなとみらい駅から慶應義塾日吉キャンパスまで電車で何分」

Yahoo路線情報さんに聞いてください。

検索ワード「慶応 環境情報学部 政経の知識」

気になれば調べておけば?

検索ワード「しょうろん!」

私は楽器ひけない。

検索ワード「慶応大学 SFC ほかの大学全部不合格」

あるから安心して勉強にはげんで。

検索ワード「慶応大学 環境情報学部 合格する方法」

うーんと、、、勉強してください。

検索ワード「慶應 SFC 学部長 村井純 いつまで」

いつまでなんでしょうねぇ。次は東京工科大なのかな。(初代環境情報学部長が東京工科大にいってるだけです。)。せっかくなら、どこかの大学に別の学部を設置してほしい。早稲田に、「エコインフォ学部」とか(笑)

検索ワード「ICUと慶応湘南藤沢はどちらが良いか」

ダブル合格なら、ICU。問題解決に共感したら、SFC。

検索ワード「萌えた体験 慶應」

いったい慶應に何を求めているのだろう。

検索ワード「慶応大学sfc二浪」

ツイッターで馴れ合ってるよ。二浪はおろか三浪も。

検索ワード「SFC 入学後数学必要?」

今年(2014)から数学の試験ができたみたいだけど、前みたいに数学っぽい授業の必須単位はなくなりましたよ。

でも、もはや学部に限らず数学は必要な時代だからやったほうがいいとは思う。シンガポールだと日本の大学レベルの定義を中学生で教えてたはず。

検索ワード「らくたんなナレッジスキル」

え?ナレッジって全部らくたんじゃん。

自分のやりたいこととの兼ね合いがあるから、らくたんを探すことは否定しないけど、自分の足で情報を稼ぎましょう。

まぁ、新入生には意味のない制約だよね。

(SFC内輪ネタに近いです。2007年の学則では、「ナレッジスキル」という数学系の単位をとることが必須なのですが、とるのに苦労するひとは苦労するらしいので、「ナレッジスキル」のらくたんは求められていたようです。)

検索ワード「慶應SFC 数学か英語か」

今の時期に選べるなら数学。難関大レベル対策で対応可能だから。

小論文も点数が低くくても合格してる実績があるので、なんらかの調整はあるかもね。

検索ワード「早稲田法 慶応法 どちらに絞ったらいいか?」

ごめん、知らない。

検索ワード「慶應 小論 添削なしでもいける?」

きちんとしたひとにつけば、成長は早いけど、なくてもいけるよ。

検索ワード「2015年 SFC入学 芸能人」

知らない笑。

検索ワード「慶応SFC 狙い目」

慶應という学歴が目当てで、手間をかけずに受験してラッキー合格を目指すなら確かに狙い目。

真面目に合格しようと思って対策すると、少なくとも現代文一科目分を難関国立レベルにあげる程度の負荷は必要。

併願校を考えるとあまり狙い目でもない。

検索ワード「SFC 最悪」

たぶん、教えてもらうのに慣れた人には最悪の学部。ふらふらして四年が終わる。

検索ワード「慶應SFC ポレポレ必要か」

やってもいいんじゃない?なくてもいいけど、同レベルの英文読解参考書を1冊はやりたいかな。

必要か?と言われると、なしで合格する人もいるからいらない。ポレポレでも英文解釈教室でも基礎英文問題精講でもいいけど、少しやると実力つくかな。

検索ワード。「SFC 難しいの」

かわいいけど、検索の時に、「の」はない方がいいと思うの。

検索ワード。「慶應sfc 本当の採点方法」

これがネット見つかったら、大問題だって。汗。

今日の検索ワード「慶應義塾 ジンクス 合格」

まだそんな時期じゃない。2月に検索してください。

注:11月の検索でした。

検索ワード「現代文 話の流れを把握するれんしゅう」

漢字れんしゅうを先にするべきだと思うの。

検索ワード「時間がない人の英語SFCたいさく」

切迫感があり過ぎる><

ちょっと落ち着いて。

検索ワード「受験 慶應大学 渋谷 迷子」

この検索ワードに引っかかるエントリーを書く私もひどいけど、この検索ワードで検索する人もすごい。18歳以上が道に迷ってもけして迷子ではない。ただ、迷っただけ。検索キーワードを時々つぶやいてます。

検索ワード「しょうろん いろは好き」

申し訳ないですが丁重にお断りします。合格したら、かわいい子も美人さんもよりどりみどりですから(ちょっと嘘)。でも私も好き。

検索ワード「スーパーファミコン しょうろん いろは」

検索する気ないよね。この検索ワード。

リベラルアーツ系の大学をご紹介!

このエントリーを書きたいと思ったきっかけは、Twitterでのやりとりです。

受験生さん「SFCって、文系も理系も幅広くいろんなことができるからいいんですよね。」
いろは「ICUとか、早稲田SILSとか、法政GISとかもあるよね。」
受験生さん「SILSとかGISって何ですか?」
いろは「え?知らないの?」

という感じのやりとりを、昨年の私大入試の直前ぐらいにしました。「SFCの併願校として挙げられる大学について、意外にみんな知らないの?」ということがこのエントリーを書くきっかけです。ここでは、「リベラルアーツ」「学際」「文理融合」というような言葉で象徴される大学や学部をご紹介していきます。

あくまで私見ですので、ご理解ください。

ご紹介している大学
東京大学教養学部
国際基督教大学(ICU)
大阪大学人間科学部
早稲田大学人間科学部
慶應義塾大学総合政策学部 及び 環境情報学部(SFC)
関西学院大学総合政策学部
中央大学総合政策学部
京都大学総合人間学部
名古屋大学情報文化学部
国際教養大学(AIU)
早稲田国際教養学部(SILS)
法政大学グローバル教養学部(GIS)
上智大学国際教養学部
青山学院大学地球社会共生学部
青山学院大学総合文化政策学部


学習院大学国際社会科学部
いずれも「SFCの併願校」として名前が上がる大学がほとんどですが、各大学について特徴を比較しているブログはあまりみませんので、「系譜」の上に位置づけてみました。大学選びの参考になれば...、と思います。SFCを目指す方であっても、これらの大学を真剣に検討していない方もいると思います。ぜひ、一度、これらの大学をのぞいてみてください。

キーワードは「リベラルアーツ」と「学際」

「文理融合」という考え方を理解するために、まず「リベラルアーツ」と「学際」という考え方を理解しましょう。
伝統的な科目群の位置づけや内容に現代的な学問の成果を加え、やはり大学で誰もが身に付けるべき基礎教養的科目だと見なした一定の科目群に与えられた名称で、より具体的には学士課程における基礎分野 (disciplines) のことを意味する。この現代的な分類では、人文科学、自然科学、社会科学、及びそれぞれの一部とみなされる内容が包括されることになる。
Wikipedia>リベラルアーツより抜粋
最先端の研究の進展の方向性を考えるとき、従来とは異なった観点、発想、手法、技術などが新たな成果を生み出す例は非常に多い。これは従来はあまり結びつかなかった複数の学問分野にわたって精通している研究者や、複数の学問分野の研究者らが共同で研究に当たる、などによってもたらされる。これが学際的研究と呼ばれる。
Wikipedia>学際より抜粋
誤解を恐れずに単純化すれば、

リベラルアーツ型…誰もが身につけるべき基礎的教養としての「文理融合」
学際型…学問の進展のために必要な複数の学問分野の融合としての「文理融合」

に分けられます。

一応、あとで使うのですが、記憶が新鮮なうちに書いておきますね。
リベラル・アーツ・カレッジ(Liberal arts college、LAC)は、アメリカ合衆国において人文科学・自然科学・社会科学及び学際分野に渡る学術の基礎的な教育研究を行う四年制大学(主に学士課程)。
Wikipedia>リベラル・アーツ・カレッジ
かなり意味が限定されています。「アメリカにおいて基礎的な教育研究を行う四年制大学」をリベラル・アーツ・カレッジというんです。

では、ここからは「文理融合型」の大学を「リベラルアーツ型」と「学際型」に分けながら紹介していきましょう。

pureリベラルアーツ型大学としての「東大」「ICU」

このブログだけの特別な定義として、

pureリベラルアーツ型大学
1:基礎教養的科目
2:4年制
3:人文科学、自然科学、社会科学等を横断

を満たしているようなリベラルアーツ型大学を、pureリベラルアーツ型大学と呼ぶことにします。

pureリベラルアーツ型大学の代表格は「東大教養学部」と「国際基督教大学(ICU)」の2校です。

東大教養学部

東大と言えば、文Ⅰ〜文Ⅲまで、また、理Ⅰ〜理Ⅲまであり、文系は法学や政治系の文Ⅰが一番難しく、理系は医学部の理Ⅲが一番難しい、というイメージがあります。これはあくまでイメージ上の分類であって、実際の東大のカリキュラムはこんな感じです。

1年・2年…駒場キャンパスで一般教養
3年・4年…本郷キャンパスで専門課程

2年生から3年生になるまでの間で、「行きたい分野」を決めます。そして、行きたいところに行けるかどうかはほぼ「成績順」で決まります。だから、東大理Ⅰで入学しても成績次第では「医学系」に行くことは可能です。(このあたりのルールは非常に細かいので、UTaisaku-Webなどを見てみてください。)

これを「進学振分け」=「進振」と呼びます。この進振において

1年・2年…駒場キャンパスで一般教養課程
3年・4年…またまた駒場キャンパスで一般教養課程

というひたすら駒場で教養を学ぶ学部が存在します。これが「東大教養学部」です。正確には、1年2年が教養学部前期課程で東大生なら誰もが受けるもの、3年4年が教養学部後期課程であり、引き続き一般教養のような内容を続けたい人が進振で選んでいくものです。

この東大教養学部(後期課程)は1951年からスタートした日本初のリベラルアーツ型大学といっていいでしょう。(なお東大教養学部後期課程は文系・理系にわかれます。)

余談になりますが、「教養部」について少し。「教養部」は戦前の「旧制高等学校」の流れを汲むものです。旧制高等学校は東京のみならず各地にありました。一高:東大、二高:東北大、三高:京大、四高:金沢大みたいな感じです。実際には大学予科の位置づけなので、二高生が必ず東北大に行くわけではありません。東大に行く二高生もいました。もちろん、近いところに行く学生の方が多かったようですけれどもね。この旧制高等学校は、戦後「新制大学」になった時に、「各大学の一般教養課程」として吸収されます。二高が東北大の教養部という一般教養を教える部門になるわけです。この時に、一高だけは「教養部」とするのではなく「教養学部」と一般教養を教える学部に昇格させており、これが東大教養学部となって、今に生き続けているのです。

この旧制高等学校→教養部という流れはまたあとで出てきますが、収拾がつかなくなるので、そろそろICUに行きます。

ICU(国際基督教大学)

国際基督教大学は1953年に設立されました。東大の教養学部とほぼ同時期ですね。そして、日本で「唯一」といっていいほど「リベラル・アーツ・カレッジ」の実現に成功している大学です。日本でいう文理融合のリベラルアーツ型大学としては、東大教養学部とICUが二本柱になります。

戦後にキリスト教指導者がアメリカのリベラル・アーツ・カレッジ形式の大学を創設したのがはじまりです。だから、「アメリカにおいて基礎的な教育研究を行う四年制大学」の「アメリカにおいて」が「日本」に置き換わった大学です。東大の教養学部が旧東京帝国大学の予科の昇格したものであることを考えると出自からして、より教養を教えるという色彩が強いのです。

このICU型の教育もいくつかの大学に継承されて、教育系の学部に組み込まれているのですが、あまり重要ではないので、説明は割愛します。ICUでは他大でいう「学科」に相当する「メジャー」というものが「31個」準備されており、その中から1つまたは2つのメジャーを選んで専攻します。SFCでいう「研究会」に近い概念かもしれません。
アメリカ研究、人類学、アジア研究、経営学、開発研究、経済学、教育学、環境研究、グローバル研究、ジェンダー・セクシュアリティ研究、歴史学、国際関係学、法学、言語教育、文学、言語学、メディア・コミュニケーション・文化、数学、平和研究、哲学・宗教学、物理学、政治学、公共政策、心理学、社会学、美術・文化財研究、生物学、化学、情報科学、音楽、日本研究


東大教養学部と国際基督教大学(ICU)。この2校が、日本におけるpureリベラルアーツ型大学なのです。

東京学芸大学や大阪教育大学のような、教養学部が教育学系に吸収された系譜の話は、ニーズがあれば書きますが、今のところは割愛しておきます。

学際型の学部の設立

学問の系譜が進み、学問間の「壁」をとっぱらった学部が出てきます。

これらの大学は基本的には基礎的教育としての「文理融合」を扱うつもりはありません。たまたま「文」と「理」にまたがった複数の学問分野をうまく融合させたら新しい学問分野が発展しただけです。一例として比較的早めに設立された大阪大学人間科学部などは「学際型」大学の典型ですね。
大阪大学人間科学部は、日本ではじめて設立された「人間科学部」です。1972年(昭和47年)に大阪大学文学部から独立する形で、心理学・社会学・教育学3系9講座からなる学部として発足しました。
 人間科学部創設の理念は、「時代が突きつける新しい課題に対して、科学的方法を信頼して学際的に対応しようという、現実に向かう開かれた精神」と言われています。
人間科学とはより引用
とあるとおりです。

だから、この手の「学際型」の学部については「文理融合」と言えども、その基礎となる複数分野は固定されてしまいます。「学際型」の学部については、その「融合される学問分野」を学習する気があるかどうかが「文理融合」というコンセプトで大学を選ぶ時に必要とされます。

この手の「学際型」の学部はあまりにも多いので、いちいち紹介は避けます。また経済学や心理学のように、過去は数学など全くなくてもやっていけた学問が、数学と融合していることもあります。これも一種の「文理融合」ですね。

早稲田大学人間科学部

位置づけとしては、早稲田大学創立100周年事業の一環として所沢キャンパスを開設し、そこに設立されたのが人間科学部です。
人間科学部は、創設当初から、早稲田大学の総合性・独創性を活かし、全学的な教育環境と学生生活環境のもとに、現代社会がかかえる諸問題の解決、あるいは持続可能な社会の構築に向けて、総合性および学際性を重視する教育研究を目指してきた。
人間科学部の目標は、人間性尊重の視座から、多様な専門研究領域を横断しつつ、生活世界を探究する複眼的な方法を用いて、社会および現実の理解を多角的・包括的に目指すことにある。また、そこで生じる諸問題を実践を通して解決するために、異職種・異領域間のマネジメントや新しい実践をデザインする優れた能力を身につけた学生を養成することにある。ディプロマ・ポリシー卒業認定・学位授与に関する方針について
「学際性」を全面に打ち出している学部です。

が、「リベラルアーツ型」にも「学際型」にも分類しづらいです。強いていえば、「学際型」ですね。リベラルアーツ型のように基礎的部分を重視するわけでもなく、何らかの学問のために「文理融合」するわけでもない。むしろ、先に「学際」というコンセプトがあり、学問分野が定められていない(むしろ幅広く準備されている)という点で、「問題発見・問題解決」という学問分野が厳しく定めらているSFCとは違います。「幅広い学問」がしたい、という点ではSFCよりも「文理融合」していますけれどもね。

鬼子:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

1990年 鬼子 SFCが誕生します。異端の系譜―慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス (中公新書ラクレ)という本がありますが、「文理融合」というコンセプトで分類したとしても、SFCはかなりの異端です。
鬼子(おにご)
1 両親に似ない子。
2 歯が生えて生まれた子。
3 荒々しい子。
デジタル大辞泉>鬼子
私は、「鬼子」という表現が好きですので、「文理融合」の歴史の中では「鬼子」として位置づけたくなります。

親である慶應義塾大学に似ていないですし、また異形の姿をしていて、荒々しい。ところが「リベラルアーツ型」
と「学際型」に位置づけた場合、SFCは明らかに「学際型」の大学なんです。決して「基礎的教育としての文理融合」ではありませんしね。だから、東大教養学部やICUとは一線を画する存在です。

一方で、「学際型」学部のもつ「複数学問の組み合わせ」という特徴を持ち合わせません。「問題解決」のツールとして「どの学問と組み合わせるか」の選択が無数にあります。「問題解決」のために、「いろんな学問体系を使おうよ」というスタンスだから。だから、実際のところ、学際型の学部を理解するために重要な方法である「どんな学問分野の組み合わせなの?」という問いが役に立ちません。

総合政策学部の子供たち

慶應義塾大学総合政策学部および環境情報学部は「問題発見・解決」という理念のもと設立した「学際型」の「文理融合型」の学部です。この二つの学部について、「環境情報学」というテーマの学部・学科は日本にわずか7個しかないのに対し、1990年にSFCが総合政策学部を設定したのを皮切りに、1993年に中央大学総合政策学部し、現在では「政策系」の学部・学科69個あります。(数は共にWikipedia調べ。)鬼子として産まれた総合政策学部ですが、自身の子には非常に恵まれたわけです。

したがって、その「理念」において、これらの大学は非常によく似ています。
総合政策学部の理念・目的は、学則において「人文科学、社会科学、自然科学、工学及びその他の関連諸分野を総合する観点から、現代社会における政策に関する理論及び諸現象にかかる教育研究を行い、『政策と文化の融合』の理念の下に不確実でグローバルな時代に必要とされる高度な知識を持ち、文化的背景を理解して現代社会が抱える諸問題を解決し、より良い社会を構築しうる人材を養成する。」と定められ、科学と人文学にわたる学問を統合的に学び、人類社会の抱える複雑な問題を解決しようとする強靭な志を育て、総合的政策の発案を通して人類の厚生と幸福追求に貢献できる実践的知力、即ち本学の建学の精神「實地應用ノ素ヲ養フ」教育を行うことにあります。中央大学>総合政策学部>理念と目的
これは、中央大学の総合政策学部の理念ですが、SFCの理念に非常によく似ています。「ところが、」カリキュラムのページを見てみると、SFCの総合政策学部と比較して思いのほか、理系の授業が少ないのです。よくいえば「総合政策」という言葉通りの学部です。但し、悪く言えば「人文科学、社会科学、自然科学、工学及びその他の関連諸分野を総合する観点から」という理念は、SFCほどに直截的には実現されていないのです。ここは結構ポイントです。

同じことは「関西学院大学」の「総合政策学部」にもあてはまります。
総合政策学部は、「自然と人間の共生、人間と人間の共生」という理念の下で、複雑かつ高度化した現代社会に潜む諸問題を発見し、問題解決および政策立案能力を持った人材を養成することを目的としています。
そのために、総合政策学部はヒューマン・エコロジーを視座とし、政治学、経済学、社会学、経営学、法学、工学、理学、言語、文化、思想といった個別的学問領域を横断的かつ重層的に構造化した教育課程を編成して、”ThinkGlobally.ActLocally.”をモットーとした総合的かつ専門的な教育研究を行います。関西学院大学>総合政策学部>理念・目的・教育目標
という理念に対し、教員・研究室一覧には「総合政策的」な研究室が並んでいます。が、SFCほどに本格的に、理系・工学的なことができるようなしくみにはなっていません。

一番はじめにできた「慶應義塾大学総合政策学部」は、現在では環境情報学部とほとんど相違のないカリキュラムが組めます。だから、完全に理系のようなカリキュラムも組めるのです。一方で、中央大学や関西学院大学など、後から総合政策学部が出来上がった大学に関しては、総合政策学部は「総合政策」のための学部になっています。そして、「学際分野」としての「総合政策学」を実現する複数の学問分野が入り交じっているのです。当たり前なんですけれども大きな違いです。

京都大学 総合人間学部、名古屋大学 情報文化学部など

1991年 大学設置基準が改定され、各大学に学部運営の裁量が任されるようになりました。この時に、各大学にいわゆる「一般教養」を行う「教養部」が解体されました。すると「行き場」がなくなる先生たちがいます。そこで、この「教養部」を「学部」に昇格させる大学が出てきました。代表的なところが、京大総合人間学部名大情報文化学部などです。

上の説明に戻ると、東大が1951年から行っていた「教養部の学部化」を、1991年の基準改定に合わせて行ったわけです。したがって、特に設立当初のお題目とは別にどうしても「やっつけ感」は出てしまいます。とはいえ、もう既に設立から25年近く経過しているので、様相は変わっているようですが、それでも時代の流れの中での誕生経緯としては、あまり積極的な流れで出てきたものではありません。(なお、誤解ないように併記すると、「教養部」の「学部化」は大学設置基準改定以前から何度も検討の俎上に上がっているものではあります。)

したがって、1991年あたりに出てきた文系も理系もやれる学部には、こうした経緯で出来た学部も多いです。なお、これは教養部が前身となるため、「リベラルアーツ型」の大学となります。少し悪く見えるように書いていますが、中の先生にはすごくいい先生もたくさんいらっしゃいますよ。あくまで設立経緯として、「教養部の解体」という外的要因をきっかけに出来た「リベラルアーツ型」の大学である、というだけです。

英語系理系なしリベラルアーツ型大学の誕生

2004年「国際教養学部」を冠する二つの学部が誕生します。

一つは、秋田にある公立大学「国際教養大学」、もう一つは「早稲田大学」です。両方とも特色は「大半の授業を英語で行うこと」「1年間の留学」にあります。その代わり、両大学とも「理系」の科目は若干手薄です。

早稲田大学国際教養学部 7つのクラスター(科目群)
1. Life, Environment, Matter and Information(生命・環境・物質・情報科学)
2. Philosophy, Religion and History(哲学・思想・歴史)
3. Economy and Business(経済・ビジネス)
4. Governance, Peace, Human Rights and International Relations(政治・平和・人権・国際関係)
6. Expression(表現)
7. Culture, Mind and Body, and Community(文化・心身・コミュニティ)

これは早稲田大学の科目例です。やはり理系分野は手薄です。

この新たに誕生した「英語系理系なしリベラルアーツ型大学」ですが、「大半を英語で授業」「1年間の留学必須」といったカリキュラムが功を奏したのかどうかは分かりませんが、めきめきと偏差値を伸ばして、新設の学部にも関わらず、そして設立から10年以上経ったいまも人気学部のひとつになっています。

この大学群を分類するのは難しいのですが、好意的に解釈すれば「新型リベラルアーツ型大学」です。理系部分のかわりに「英語」という科目が増えているのです。「英語」という科目は「リベラルアーツ」の基礎科目という考えの現れでもあります。あるいは、「過去に戻った」という言い方もできます。大学予科の位置づけとしての、旧制高等学校は専門課程が英語など他国語でしか受けられなかったので、他国語を学ぶための準備期間という位置づけもありました。そういう意味でいうと、「英語で学ぶ」ということを重点においているという意味では、単に過去に戻った、ということもできます。

したがって、ICUとこれらの新型リベラルアーツ系大学の差は

1:基礎教養的科目
2:4年制
3:人文科学、自然科学、社会科学等を横断

このうち、3の部分が変わっているのです。ICUの場合、元々設立経緯が米国をモデルとした大学であったため、英語との親和性が高かったのですが、新型リベラルアーツ系の大学は明らかに3の部分で、「自然科学」部分が手薄になって、代わりに「英語」が基礎科目として入ってきています。前身に国際関係の学部や教員が多いこともその理由であると思われます。

その後も、法政大学GIS上智国際教養(なお上智は留学は必須ではありません)といった類似学部が産まれてきました。

これらの大学は「割と似ている」ので(受験科目の差異を除けば)、全部受けて合格した大学に行く、というので割と満足度が高くなるかもしれません。

新型学際型大学

青山学院大学地球社会共生学部がこれに分類できると思います。

ある意味、SFCに似ているかもしれませんが、「地球社会共生」という内容の実現のための科目しか準備されていないところが大きく違います。但し、基礎教養として英語はがっちりやります。留学もしません。でも、リベラルアーツです。そんな感じです。まだカリキュラムがスタートしていないのでまだまだこれからでしょうが。

青山学院大学総合文化政策学部

青山学院大学総合文化政策学部は、本来「リベラルアーツ」の文脈にも、「学際」の文脈にも当てはめにくいのですが、「英語」と「小論文」というSFCと全く同じ学科で受験できるので、併願校として人気があります。
デジタル技術の発展と経済や政治のボーダレス化、そして「文化の産業化」と「産業の文化化」が進むなか、それがどの分野であれ、21世紀を担う人材を養成するためには人文学と社会科学とを分けた人材育成方法は有効性が乏しくなっています。

総合文化政策学部は、このような時代の要請に応えるとともに、新しい時代の価値やセンスを提案できる人材の育成をミッションとして、2008年にここ青山に生まれました。その基本コンセプトは「街や外部機関といっしょに人を育てる」というものです。学部:コンセプト
というコンセプトから分かるように「文化」がキーワードです。アトリエやラボがあるので「アートな内容」を大学で勉強したい、という人にはSFCより向いているかもしれません。強いて言えば、英語教育にも力を入れているのは新型リベラルアーツ系に近いものの、カリキュラムは「文理融合」というのはちょっとつらいとは思います。学科都合で併願校に選ぶ感じですよね。ちなみに、難易度は相応に高いので、滑り止めにはなりえません。渋谷のマークシティの壁画は岡本太郎の「明日の神話」という作品ですが、これの渋谷への誘致に総合文化政策学部の井口典夫教授が取り組まれていました。

学習院大学国際社会科学学部

コメント欄に質問を受けましたので、書いてみます。

学習院大学国際社会科学部についてです。新設の学部なので、情報が少なすぎてなんとも言えませんが、少なくともリベラルアーツの文脈に位置づけるべきものではないと思います。強いて言えば「学際型」とも分類しようと思えばできますが「国際」と「社会(文化の対比としての)」の学際はあまり「学問を横断した感」は少ないので、「SFCのような学際」「旧教養学部解体の流れを汲んだ学際」「阪大の人間科学部のような学際」のどれでもありません。
理念目的は、国際的なビジネスの場で活躍できる人材の養成であり、国際社会で活躍できるためには、その仕組みを理解することが最も重要であると考えます。「社会科学」とは社会を科学的に調ぶ学問の総称で、問題を論理的に分析し、仮説を立て検証するという共通の考え方があります。本学部では社会科学の中でもビジネスにもっとも近い学問分野である法律学・経済学・経営学・地域研究・社会学を学際(横断)的に学ぶなかで、課題発見・解決力の養成をしていきます。
という理念から分かるように、学部の目的が「国際的なビジネスの場で活躍できる人材の養成」であり、そのツールとして「社会科学」を、しかもその「社会科学の中でもビジネスに近い学問分野を横断的に学ぶ」という大学です。

だから、個人的には、「リベラルアーツ」や「学際」の流れの中に入れなくてもいいんじゃないかな、という気はしています。
#カリキュラムを見てると、法政大学の国際文化学部を思い出しました。意外にこうした学部を意識して作っているのかもしれませんね。

おまけ

英語+小論文で受けられる大学です。これが全てではありませんが、備忘録的に書いてみました。
・慶應義塾大学総合政策学部
・慶應義塾大学環境情報学部
・青山学院大学地球社会共生学部
・青山学院大学文学部フランス文学科
・青山学院大学総合文化政策学部
(注:青学は2016年度入試からTEAPを採用するため、英語試験は「事前」に受ける必要があります。
詳しくは、一般入学試験 個別学部日程(2016年度)などをご確認ください。)
・同志社大学神学部(センター英語+小論文)
・国際教養大学国際教養学部(センター英語+小論文)

英語の音読について

Twitterで音読について説明を受けましたので、わたしが教える場合のベーシックなやりかたをブログに書いておきます。

目的

音読(私がオススメするのは正確にはほぼ「シャドウィング」)は、

1:「英語」を「英語の語順で理解すること」に慣れる
2:「英語としての区切り」(チャンキング)を音やリズムとして覚える
3:英語を速く(CD音声と同じ速度)で読めるようになる
4:英文を読んで、手早く意味を思い浮かべられるようになる

などの目的を持って取り組んでください。

手順

音読の手順
以下、1〜6回目を1セットとして、少なくとも7セットは行う。目安は1日1セットで1週間で7セット。

1回目:教材を見ながらCDなどの音声に合わせて音読する
2回目:教材を見ながらCDなどの音声に合わせて音読する
3回目:教材を見ながらCDなどの音声に合わせて音読する
4回目:教材を見ずにCDなどの音声に合わせて音読する
5回目:教材を見ながらCDなどの音声に合わせて音読する
6回目:教材を見ながら音読する

1回目から3回目の音読では、CDスピードに合わせて、テキストを音読します。はじめのうちは「テキストを見ながらシャドウィングをする」意識で読んでください。とにかくCDの音声に合わせて文章を声に出して読む、ことに集中してください。もし、余裕があれば、スラッシュリーディングのように、文章の切れ目でひと呼吸おいてみてください。あるいは読みながら、その文章の意味を考えながら読んでください。特に「はじめのうちは、スムーズに読めない。よくわからない。」と感じると思いますが、しばらくの間は「CDの音声に合わせてスムーズに音読する」に全力を注いでください。

4回目の読みは「リスニング力」に焦点をあてます。聞いた音声をそのまま、口に出します。はじめのうちは「He went to school ..mmmmm(うにゅうにゅ)..」なんて読み方になるかもしれません。(ほぼ絶対になります。)セットを重ねる毎に、「うにゅうにゅ」は減ってくるので、それが出来るようになるまで気長にセットを重ねましょう。4回目の読みがうまく行かないからって、テキストを精読したりしてはいけません。歌詞カードなしで英語の歌を覚えるつもりでやってみてください。

5回目の読みは主に4回目の読みで聞き取れなかったことや困ったことを確認する目的で実施します。5回目の音読は、やりかたは1回目〜3回目のシャドウイングと同じであるものの、内容は1回目〜3回目のシャドウイングとは異なり4回目での不足分を補う役割を果たします。

6回目の読みは単なる「音読」です。CDのペースに惑わされることがないので、真にスムーズに読むことができます。慣れないうちは、多少ゆっくり読んで文章の理解を助けるのも手です。