FC2ブログ

2018年06月

基礎からはじめるいろは塾(英語)夏期講習(あと2名ぐらいかな…)

いろは塾(英語)夏期講習は、

・他予備校であまり成績が伸びていない or 伸び悩んでいる人
・偏差値40〜60前半で止まっている人
・高校1年生・2年生でこの夏に一気に成績を伸ばしたい人

向けの講義です。grammatical translation methodを用いて、「前から英語の文章を読むこと」を目的に全6回の講義を行います。

4〜6月にも同様の講義を行ったのですが、丁寧に復習している人はきっちりと英語力がついていきました。

日程

読むための英文法編
 7月15日(日) 10時〜17時 読むための英文法(前半)
 7月22日(日) 10時〜17時 読むための英文法(後半)
英文解釈編
 7月29日(日) 10時〜13時 基礎英文問題精講 例題1〜8
 7月30日(月) 10時〜13時 基礎英文問題精講 例題9〜16
 8月19日(日) 10時〜13時 基礎英文問題精講 例題17〜24
 8月20日(月) 10時〜13時 基礎英文問題精講 例題25〜32
 ※進度は目安です。全体の理解度に合わせてすすみます。

費用

 読むための英文法編 32,400円
 英文解釈編 32,400円
※ただし、片方だけの受講に関しては応相談です。

場所

いろは塾 in 神田@駅から徒歩4分(詳細は、受講者のみにご連絡)

お申し込み

ツイッター:@IrohaForCom のDM
or
E-mail:kadoya0168[at]gmail.com ([at]を@に変更ください)

あと二人ぐらいお受けできますので、英語力を一緒にアップしませんか?

ご面談など

スケジュールが合えばいつでもご相談をお受けしておりますのでご連絡ください。

昨年の受講者からは、「どうして4月にもっと強く勧誘してくれなかったの?」、今年の受講者からは「去年受けていた予備校よりもはるかにわかりやすい」という評判の講義です。せっかくの夏休みなので、一気に成績を伸ばして見ませんか?

ご質問

Q:いまからでも今年の入試に間に合いますか?

講義で提供する内容を丁寧に復習すれば、英語力はしっかり伸びます。それを使って9月以降もさぼらなければ、過去問で合格点をとれるぐらいの実力はつくと信じています。(ただ受験は周囲との勝負なので、周囲に勝つためにも、しっかり勉強しないとダメですよ。)

Q:駿台の「読む」ための英文法 と何が違うのか?

この本ですね。

たまたまタイトルが変わる同じだけで、講義の中身は全く別物です。夏期講習でとりあつかうのは、もっと基本的な事項になります。

中学英語はなんとかついていけているぐらいからがスタートラインです。このレベルの方が丁寧に講義を受けてくださると一気に成績が伸びます。次に大きく伸びるのは、偏差値50後半から60前半のゾーンにいる人です。「単語とネクステのような参考書はとりあえずやったけど成績が伸び悩んでいる」という人にはダイレクトにささるはずです。

Q:他の日程はないの?

今のところ予定していませんが、個別でDMなどで相談してくださって、「この人にはうまくささる」「この人には合うのでは?」と思った場合、対応させていただく可能性もございます。

読解力を鍛えよう!いろは塾 Online for 夏休みから!

いろは塾 Online for 夏休み!をお試しいただいているみなさま、ありがとうございます。(少々遅れても添削するので、ぜひ今からでもご登録ください)

読解力が恐ろしいことに…

毎年の傾向ではあるのですが、基本的に多くの方は、小論文のフォーマットを習得するのに特に長い時間がかかるわけではありません。むしろフォーマットだけでいえば、10個ぐらい添削すればだいたいみにつきます。問題は「読解力」です。今回も、ご投稿いただいた方の内容を見ているのですが、「読解力」が相当レベルに低いです。ご提出いただく方の多くが、単純な要約すらできていないのです。

実際は、通常の要約を身につけたあとに、より難易度の高い「SFCの要約」をおこなっていただく必要があります。この「SFCの要約」を行う際には、さらに余分に読解力が必要となります。いま現在、ほとんどの方がそのレベルの段階にありません。これはとても怖いことだな…。と思います。

おまけ:こんな感じで添削していきます。

いろは塾Online for 夏休みでは、以下のような感じで添削していきます。
大項目小項目記号内容点数
(0-2)
読解力TSA「XXXXXXXXXXXXXXXXXXX」に近い内容が書かれているか。(まだサンプル課題中なので、内容は伏せておきます。)
内容B・課題文とは異なる読解をしていないか
(TS部分に関する読解ミスはTSで減点)
・過度な抽象化をしていないか
構成力TSCパラグラフ・ライティングの要となるTSは正しく配置されているか。
 ・パラグラフの書き出しは1マスあけする(減点1)
 ・パラグラフはTS→詳述・理由と続く(減点1)
Body
CS
DBodyの部分に記載されている内容は適切か。
 ・過度に偏った箇所を選んでいないか。
 ・過度に具体的な文章を選んでいないか。
 ・筆者の論理構成から逸脱していないか。
(CSは意味のあるCSになっているか。初期段階では減点しないが文字数を無駄に使うため、意味のないCSは書かないようにする。)
表現力E誤字・脱字やまちがった表現などないか。
 単なる誤字・脱字は3つまでは減点1、
 4つ以上の誤字・脱字は減点2
合計(素点)
※なお、実際の添削時には点数だけではなく、個別の答案へのコメントももちろんつけますし、他の方の答案も読むことができます。

ぜひ、要約のしかたをみにつけてみてください。

いろは塾online for 夏休みのお申し込みはメールかDMでどうぞ

メール:kadoya0168[at]gmail.com
 もしくは
ツイッター:@IrogaForCom のDMまでご連絡ください。

なお、サンプルをお試しいただく際にはgoogleアカウントが必要となりますので、@gmail.comで終わるgoogleアカウントも一緒にお知らせください。

SFC合格に向けての計画について

最近、いろは塾の生徒や、面談でお会いした方から、「計画の立て方」を質問され、一緒に計画を立てたりします。

話をしていると、こういう思い込みに気づきます

世の中にはSFCに合格する「完璧な計画」があり、その「完璧な計画」にしたがって学習すればSFCに合格できる。

という思い込みです。

もちろん、SFC合格までに、中学の教科書しか終わらなければ、おそらくはSFCに合格する確率は低いはずなので、その意味でこの考え方が大きく間違っているとは思いません。

一方で計画を一緒に立てた人からはだいたい「計画どおりに終わらなかった」という意見をよく聞きます。そして、その「計画が終わらなかった」という事実に対して、

・私はもうだめだ。これではSFCに合格しない。

と傷ついて、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう人がいます。

そういう人たちは、

2種類の計画
1:長期の目安を立てる計画
2:「今日」「今週」何をするかの計画

を区別できていません。

長期の目安を立てる計画

どの参考書をいつまでに終わらせるか、という長期の目安です。この目安は、勉強していくうちにしたがって、どんどん変わっていきます。私は、大人の資格試験の勉強計画を立てるお手伝いもしますが、東大京大卒など難関大を合格している人ほどこの長期計画を変更することに抵抗がありません。受験生を教えていると必ず受ける「慶應大学なのに、この参考書をやらないことは不安です」という質問が出てこないのです。なぜならば、「長期計画」はある時点からみた長期の目標であり、短期計画をこなしたあとの自分からみたらその目標が変わっているのは当然だから、です。

この「長期の目安を立てる計画」はだいたい月1回ぐらい(どれだけ頻度高くても週に1回ぐらい)変えればそれで十分です。

「今日」「今週」何をするかの計画

多くの人の場合、1日は24時間しかありません。(いや、25時間ある人はいないでしょう。)「今日」「今週」何をするかの計画は、その24時間で「何をどれだけやるか」という目安です。これは、

・長期目標からの逆算
・今日使えるリソース

の両方から立てます。1ヶ月で200問の問題集を終わらせたいのであれば1日6.67問解く必要があります。その6.67問を決めるのが「今日」「今週」何をするかの計画です。この計画は「今週は美容院にいく」(土曜日美容院にいく時間の勉強分を他の曜日に振り分ける)などのリソースの問題を加味できます。そうやって短期間の実行可能な計画を積み上げていくのです。

人は成長する

「実行可能な計画」を毎日、毎週積み上げていくと、必然的に成績は伸びていきます。したがって、「今日」「今週」何をするかの計画の分量も変わっていきます。結果として、長期の計画も変わってきます。この絶えざる循環が「合格のための重要な計画の立て方」なのですが、だいたい人は「長期の目安を立てる計画」で立てたものを「絶対的なもの」として取り扱い、そして破綻していくのです。この絶えざる循環をケアできるためにはせめて週に1回はアプローチする必要があるのです。

人はさぼりがちである

ただし、「長期の目安を絶対的なものにする」というのにいい側面もあります。1日5時間しか勉強していない人に、根性でたくさん勉強させることができる効果です。さぼりがちの人にとってはこの計画はマストだ!とするのは非常によい結果をもたらすこともあります。

必要があれば、面談などで計画の立て方のご相談にものっていますので、どうぞご相談ください。それでは。

いろは塾 Online for 夏休み 無料トライアルお待ちしています!

ようやくお待たせしました。いろは塾(の一部を切り出した)の通信教材が1つできあがりました。

いろは塾 Online for 夏休み です。この講座は、全5回の200文字要約+αを通じて、最終的には、

SFC小論文向けの要約

を学んでいただくためのコンテンツです。とにかく体験していただくと雰囲気がわかると思うのでぜひ体験してみてください!(実際の講義では全12回の演習を行うので、必ずしも前期講義の再現ではありませんが、お伝えする知識は前期講義のエッセンス部分であり、大きく異なるのは演習の回数となります。)

1:A4 1枚程度の講義ノートを読む
2:A4 数枚分の資料文を読む
3:2の要約などを作成する
4:添削を待つ
5:全員の添削答案を参考にして復習を行う

サンプル課題のお申し込みについて

Google ClassroomというGoogleが提供するオンラインプラットフォームを用いるため、gmailアカウントが必要となります。

ご興味がある方は、

kadoya0168[at]gmail.com

ツイッター:@IrohaForCom のDM

まで、gmailアカウントをお知らせください。

なお、Googleのサービスのため、一部トラブルシューティングは責任持てませんので、ご了承ください。(アドレスとか気になるかたは普段使いのものではないものをご利用ください。)

スケジュール

第0回サンプル講義出題 6月19日 締切 6月27日 添削〆切 6月30日
第1回パラグラフ・ライティングとは出題 7月2日 締切 7月8日 添削〆切 7月15日
第2回詳述のパターン出題 7月9日 締切 7月15日 添削〆切 7月22日
第3回SFCの要約とは出題 7月16日 締切 7月22日 添削〆切 7月29日
第4回SFCの要約(2)出題 7月23日 締切 7月29日 添削〆切 8月5日
第5回SFCの要約(3)出題 7月30日 締切 8月5日 添削〆切 8月12日

ご質問

1:期間は?

とりあえず、7月中遅くとも8月第1週までの予定です。

2:価格は?

サンプルはもちろん無料。

全5回の200文字添削+解説(参加者全員分)で21,600円(税込)の予定です。

3:どんな感じ?

やってみないとわからないから、サンプル登録してください。

4:何人ぐらい募集する?

あまりにも数が多いと困るので、ご新規さまは3人から5人が目安です。もう少し増やせそうなら増やします。

5:サンプルを確かめてからやめるのは無理ですか?

そんなことないですよ。どんどんサンプルを試してみて、そこからやるかどうか判断してください。

6:画面イメージはどんな感じ?

こんな感じ。クリックしたら拡大しますよ。
サンプル2

7:SFCの要約って何?過去問を要約するってこと?

詳細は講座で説明します!が、SFCの要約はみなさんが予備校で習う要約とは異なるロジックでの要約が求められます。その要約のやりかたを学ぶための講座です。実質、この通信講座で一番伝えたい部分はそこです。

読解力がない人に共通する傾向ってこんな感じかな…。

基本的に、いろは塾は「おたすけ寺」みたいなものなので、去年別の予備校で小論文を習っていた、という方が非常に多いです。(そうじゃないのって現役生ぐらいだと思う)。

どの方もその予備校でのやりかたをよく学ばれているのですが、一方でそれの使い方が誤っていることが多いです。それは大元の読解力と構成力が身についていないからだと思います。

読解力は、身につけるのにけっこう骨が折れます。子どものころからたくさん本を読んでいるならばいいのですが、そうでなければ、短期間で促成栽培的に教える必要があるからです。

気になったところをいくつかお伝えしますね。

接続詞に気づけない

文章中の接続詞は文脈を捉える大きなヒントになります。そして「しかし」という逆接の接続詞の意味を知らない人はいないのですが、これに毎回気づける人となると数少なくなります。

接続語には必ず線をひいて確認する癖をつけましょう。(いろは塾では、折をみて、宿題の文章の接続関係を説明します。(全部の文章でこれをやると、必ず眠くて寝ちゃうからです笑)夏期講習でも、特に設問文についてこれをやります。

接続関係に気づけない

接続詞がなくとも、文章には論理の波があるので必ず、接続関係を意識すれば、明らかな論理構造がたくさんあります。こうした論理構造に気づけない人が多いです。こういう論理構造ってあまり現代文の参考書にのっていなかったりするので、(いや、のっているけれども、それをそれとして意識して演習できるかどうかが読者に委ねられている)けっこう演習不足になってたりします。

筆者の言いたいことを固定的に捉えてしまう

例えば、「抽象」と「具体」があれば、「抽象」が言いたいことであることが多いです。

【例】ポイ捨てはダメだ。
【例】電車の中でお年寄りに席を譲る
【主張】マナーを守ろう

と、こんな感じです。ところが、

【事実】屋久島でのポイ捨てが増加している
【抽象】マナーは守らなければならない。
【主張】マナーを守って屋久島の自然を守ろう

という場合に、「マナーは守らなければならない」部分を「主張」と読み違える人がいます。だいたいこの場合は、「抽象ー具体のうち、抽象が重要である」という部分を絶対視していることが多いです。

文章は、文脈の中でとらえるもので、主張もさまざまです。固定的にとらえないようにしましょう。

読解力を身につける方法

読解力を身につける方法は、

1:多読(年単位)
2:読解力を身につけている人の真似をする
3:文章を読みながら自分で意識していく

のうち、どれかです。上から順に効果が高いです。しかし、大学受験の範囲において、「多読」は現実的ではないですから、「2」か「3」が現実的になります。

「1:多読」の傾向が強い人ほど、「3:文章を読みながら自分で意識していく」の方法のみで成功する確率が高いと思います。「3」の方が参考書でも十分対応できるので比較的安価です。一方で、うまく行く確率が低くなります。ぜひ、あまりうまく学べていない人は、周囲の読解力を身につけている人の真似をしてみましょう。(これを講義に組み込んでいる先生が増えるといいんですけどね。)

それでは。

2018/6/24(日) いろは塾(英語&小論文)・ご見学&ご面談どうぞ

普段から見学OKにしているのですが、あまり知られていないので、ブログ記事でも宣伝します。

ご見学募集! いろは塾では毎回の講義でご見学を承っております。

次回は、2018年6月24日(日) です。
10:00-13:00 英語
14:00-17:00 小論文

よくあるご質問

Q1:見学は無料ですか?

はい、初回見学無料です。

Q2:面談とかできますか?

随時お受けしています。

Q3:計画立てるの手伝ってくれますか?

もちろん。

Q4:どこにあるの?

JR神田駅から徒歩3、4分です。

Q5:保護者面談とか可能ですか?

もちろんです。保護者の方からのご相談も承っていますし、保護者の方とお会いして説明してください、というのも可能です。お好きに使ってください。

Q6:話すの苦手なんですが…。

私も苦手なのでシャイ同士がんばりましょう。

Q7:私は、多浪なんですが、浮きませんか?

全く。現役から多浪まで。いろいろいらっしゃいます。社会人受験生の方がいらっしゃることもありますし、高2の方がいらっしゃったこともあります。

Q8:今からでも小論文&英語は間に合いますか?

一緒にがんばって間に合わせましょう!(ちゃんと自宅での勉強も必須だよ。)

Q9:どんな相談でも受けてくれますか?

募集はしていませんが、恋愛相談も承ったことがあります笑。

Q10:どんな人を募集してますか?

真面目に丁寧に勉強してくださる方は、いまのところみなさま成績が伸びていたり、成長を実感してくださったりしています。だから、真面目にSFCに合格したい、と思っている人と一緒に勉強したいです。

お申し込み

Email:hkamiya[at]gmail.com
あるいは
ツイッター:@IrohaForComのDMまで
※Emailの[at]は@にご変更ください。

ぜひ、一緒に勉強できることを楽しみにしております!

読解力と知識について:SFC小論文

読解力と知識の関係

文章読解の際には、当然「知識」があったほうが「論理的に読みやすく」なります。なぜかというと、その分野における「よくある構成」を知っていることになるからです。

特定の分野では、特定の分野に固有の論の展開のさせかたがあります。通常、それを知っていれば、その分野の内容を理解するための思考力や認知リソースが節約されます。

万能ではない「知識」

一方で、こうした「知識的よくある構成」は、しばしば誤読のもとにもなります。なぜならば、筆者がその「よくある構成」にしたがって書いている保証はどこにもないからです。筆者が「ある分野に固有の書き方をしている」という前提が成立する場合には、「よくある構成」にしたがっている可能性が高いです。「可能性が高い」というのは、筆者の文章が仮に「ある分野に固有の文章」であったとしても、その文章をその分野に固有の書き方に合わせる必然性はどこにもないからです。例えば、経済学の文章であれば、家計と企業と政府に着目することが多いです。しかし、この枠組みに沿う必然性はどこにもありません。また、経済学の文章であれば、企業は利潤を最大化するように行動するのが前提であり常識ですが、筆者が書くその文章においてその前提や常識が常に成立する保証はありません。下手に、自分の頭の知識どおりに読んでいたら(=実際は筆者の意図を掴んでいない)いつのまにか筆者の主張につながる論理からはずれている、というのはよくあることです。

つまり「知識」は、論理的に読むことを助けてくれる武器にもなれば、文脈という道から飛び出す無駄なアクセルにもなるのです。

汎用的な構成は「知識」によらない

一方で、「主張ー詳述」「主張ー理由」などの「基本的構成」はどんな文章でもだいたい成立します。その「詳述」や「理由」のパターンが、領域固有になることはあるにしても。だから、まずはこの基本的構成をしっかりと学ぶべきなのです。だからこそ、まずは「読解力≒論理力」を鍛えながら、徐々に持ち前の論理力でコントロールできるだけの知識を身につけていくべきなのです。

ps,ルサンチマンやアウフヘーベンなど現代文的基礎用語は辞書的レベルの話なのでちゃんと覚えてね。

現代文用語集は比較的なんでもいいとは思います。苦手な人あるいはもう1ランク上に行きたい人は書店にいって、自分にあった用語集を探しましょう。

学科対策に関して、赤本をいつから使いはじめるべきか?

質問箱でご質問を受けましたので、お答えいたします。

まとめ

赤本を用いるタイミングは2回
・夏休み頃(2年度分程度)
・それ以降で偏差値65を超えたとき

夏休み頃には傾向と実力を確認するために過去問を解く

特に現役生は、SFCの過去問を解いたことがないと思います。SFCの問題傾向を掴むために、夏休み頃には過去問を一旦解いてしまいましょう。

このときには、

・時間をきっちり測る
・採点をする

というルールでやりましょう。どんな点数が出ても気にしてはいけません。これは、彼我兵力差を測るフェーズです。傾向と自分の実力を確認しましょう。

それ以後は、偏差値65を超えるまでは過去問を解かない

SFCの問題は英語・数学ともに偏差値65以上(目安です)ないのであれば、実戦形式で解くのは無駄です。だから、偏差値65を超えるまでは解かなくていいです。

もし、偏差値65を超えたら、両学部分赤本1冊分はさっさとマスターしてしまいましょう。

・赤本2冊分
(総合政策・環境情報)をマスターする
・時間はそこまで気にしない
・どの問題も解答根拠がわかるまで繰り返す

というルールで過去問を解きましょう。偏差値65を超えたらなるはやで赤本に着手してしまってかまいません。「実力試し」ということで直前まで取っておく人がいますが時間の無駄です。できるだけ早く解いてしまいましょう。入試は周囲との勝負です。周囲の「本気勢」は赤本を少なくとも5年度分は解いてきているので、最新の赤本の範囲内で覚えていない単語や用法(数学の場合は類題)が出てきた場合には、それだけでハンディキャップを背負います。できるだけ早く5年分解いてしまいましょう。

偏差値65を超えない場合

SFCの問題は、英語・数学ともにきちんと実力があれば、それなりに解けます。だから、偏差値65を超えていれば、過去問を解いていなくても、合格のチャンスは「ぐっ」と上がります。逆に、偏差値65を超えていない人は、試験直前まで怖がらずに、一般の参考書を使い続けましょう。もちろん問題傾向に慣れるために、過去問を2、3問やっておく必要はあるでしょうが、それ以上は不要です。きちんとした英語力向上のための学習をしていれば合格にはきちんと近づけます。単純比較はできませんが、

偏差値62+過去問なし>偏差値60+過去問5年度分完璧

であれば、前者の方が合格率が高くなるでしょう。

昨年、相談を受けていた中にこんな方がいらっしゃいました。

偏差値50未満なのに過去問の答えを10年分完璧に覚えている人

いくら過去問を10年度分9割を超えていても、元の英語力がなければ、単に答えの記号を丸暗記しているだけです。答えを丸暗記しても当然合格するわけがありません。

直前に赤本を解いて焦りまくる人

この人は実際は合格したのですが、直前期は過去問を解くたびに、ツイッターで得点を報告してきて、6割を下回った、ツイッターのあの人よりも低い点数だった、と騒いでいました。直前期の点数で一喜一憂してもしかたがないのです。どしりと構えられるようできるだけ早く終わらせましょう。

過去問は過去問

過去問は、重要な指標のひとつですが、それでも合格に必要不可欠なものではありません。変に焦らず、じっくりと実力をつけていきましょう。

それでは。

読解力の学び方:(SFC)小論文での読解力向上

ツイッターでご質問を受けたので解答します。

はじめに

究極的には、読解力向上のよい方法は、

1:多読する
2:適切に教えられる人に学び、その方法を自分でもやってみる(イメージ1:3の割合)

です。「1の多読する」は、期間は1年以上かかるものと思ってください。多読したのに読解力が上がりません、という方もいらっしゃいますが、イメージ数百冊ぐらいのオーダーだと思ってください。

読解力について

日本語でも、英語でも、文章には「つながり」があり、その「つながり」をおって読むことを「論理的に読む」といいます。読解力のベースはこの「論理的に読む」作業によって培われます。

この「つながり」をどのように意識するか、が勝負になるわけです。

補足

ここで用いられた「論じ方」の典型例は「定義」です。「論理的に読む」という言葉を、筆者が「定義」したわけです。筆者は、自分の言いたいことをわかりやすく伝えるために言葉を定義するので、こうした定義に気づくことが重要です。出口先生は、これを「個人言語」と読んでいますね。

「つながり」について

「つながり」に関しては、「目に見えるつながり」と「目に見えないつながり」があります。「目に見えるつながり」は「接続語」「指示語」であり、「目に見えないつながり」は「よくある構成」「フレームワーク」などです。「論理的に読む」には、この両者を使いこなせるようになる必要があります。

補足

論理的に読める人は、多かれ少なかれ、ここまでの文章を読んで、

つながりを意識
・目に見えるつながり…接続語・指示語など
・目に見えないつながり…よくある構成、フレームワークなど

という図式を頭の中に浮かべられたと思います。この文章はツイッター上で書いた文章のため、かなり簡潔にわかりやすく書いたものですが、実際の現代文でも、どんな複雑な文章でもこうした図式(=関係性)を常に意識しながら読むことが重要です。

「目に見えるつながり」

「接続語」の学習に関しては「接続語を知る」「接続語に気づく」「接続語に沿って読む」の三段階があります。「指示語」の学習に関しては「指示語に気づく」「指示語の内容を掴みながら読む」の二段階があります(「指示語を知る」必要もあるのですが、常識的に身につけているはずなので割愛します。「こうした」という言葉が「何を指すか」を知らなくても、「何かを指す」という作用をしている、ということは通常経験的にわかっているはずです。)

補足

このうち「接続語に気づく」「指示語の内容を掴みながら読む」は独学ではやりにくい内容です(当然、独学でできる人もいます。)効率的に学習するためには、「正解」とともに読んでいくのがよいのですが、「正解」が作られていない文章が多いので、必然的に「正解について語れる人」とともに学習する方が効率的なのです。接続語や指示語の働きなどは、現代文の参考書などに書いてあるのでそれさえマスターすれば十分です。(「接続語を知る」に該当します。)あと、まぁ、SFC小論文には、少し独特の論理的特徴があるので、それは講義で紹介しています。

「目に見えないつながり」

続いて「目に見えないつながり」は、「よくある構成」や「フレームワーク」です。接続語や指示語を使っていなくても、現在・過去・未来のような構成(フレームワーク)にのっとった文章はよく存在します。これらの種類は無限にあるので基本をおさえたあとはいくつもの文章で慣れていくのが一般的です。基本はいくつもありますが、「主張ー詳述」と「主張ー理由」、出口のA-A'-A''を身につけるだけで格段に理解度は上がります。

補足

基本的に、ここの内容は現代文でも説明されています。最低限、現代文の内容を身につければ十分です。

ただし、いわゆる「構成」的なものって、1つの文章の中で、とらえかたがいくつもあるので、その柔軟性については、書籍では説明しづらいため、それについて触れているものは少ないです。かろうじてあげるとすれば「目次」を読むことはそれを理解する練習になります。

終わりに

こうした基礎を意識しながら、生の日本語にあたっていく、というのが「論理力向上」の不可欠なプロセスです。

このための方法としては概ね3パターンあります。「現代文の問題を解く」「論理を明示した文章を読む」「論理的な文章の論理を論理力が高い人と一緒に掴んでいく」です。こうしたプロセスを経て論理力は向上し、読解力が上がっていきます。

特にSFC小論文では、図や表を含めた読解力(リテラシー、ニューメラシー)が求められます。これらの能力は総合的に学習していくしかないので、文章を読む中でしっかり身につけましょう。

環境情報学部 2018年度 合計得点→順位換算表

はじめに

そろそろ、得点開示の結果が返って来ているようですね。例年通り、
・合格最低点
・入試統計
・試験時の受験番号
などを参考に、合計得点と全体内順位の換算表を作成しました。目安としてご利用ください。

得点計算方法などの分析のため、得点開示結果など以下連絡先までご教示いただけますと助かります。

ツイッター;@IrohaForCom のDM
あるいは
Email:kadoya0168[at]gmail.com
※メール送付時は、[at]を@に変換ください。

計算の前提

計算の過程
・得点分布は各科目とも正規分布に従う
・分布の標準偏差は50と固定する(過年度から予想)
・各科目とも同じ合格率とする
・情報入試は150人と仮定する。

換算表

合計得点数学情報外国語数学および外国語
1502971071,742245
1512951061,731243
1522931051,720242
1532911051,709241
1542891041,698239
1552871031,687238
1562851031,675236
1572831021,663235
1582811011,651233
1592791011,639232
1602771001,627230
161274991,614229
162272991,601227
163270981,588225
164268971,575224
165265961,562222
166263961,548220
167261951,534219
168258941,520217
169256931,506215
170253921,492213
171251911,478211
172248911,463209
173246901,449208
174243891,434206
175241881,419204
176238871,404202
177235861,388200
178233851,373198
179230841,358196
180227841,342194
181225831,326192
182222821,310190
183219811,295187
184216801,278185
185214791,262183
186211781,246181
187208771,230179
188205761,214177
189202751,197175
190199741,181172
191197731,164170
192194721,148168
193191711,131166
194188701,114163
195185691,098161
196182681,081159
197180671,064157
198177661,048154
199174651,031152
200171641,014150
20116863997148
20216562981145
20316261964143
20416060947141
20515759931138
20615458914136
20715157898134
20814856881132
20914555865129
21014354849127
21114053833125
21213752817123
21313451800120
21413250785118
21512949769116
21612648753114
21712447737111
21812146722109
21911845707107
22011644691105
22111343676103
22211142661101
2231084264699
2241064163296
2251034061794
2261013960392
227983858990
228963757588
229943656186
230913554784
231893553382
232873452080
233853350778
234823249477
235803148175
236783046873
237763045671
238742944469
239722843267
240702742066
241682740864
242662639762
243642538661
244622537559
245612436457
246592335356
247572334354
248552233253
249542132251
250522131350
251502030348
252491929347
253471928445
254461827544
255441826643
256431725841
2571724940
2581639
2591638
26036
26135
26234
合格者数421524333
受験者数3591262,095286