FC2ブログ

2019年04月

「まざい様」の合格体験記

遅くなりました!まざい様の合格体験記です!

0:あなたのお名前 まざい

1:合格実績
  ①合格した学部 環境情報学部

  ②予想点 英語選択 142点(2−6配点)、138点(3−4配点) 小論文 170点

   〈再現解答〉 問1 現在広く使われている身近なものは、USB の C 型である。これは、接続時に USB 本体に表と裏がなく、両方向 で接続可能なタイプの USB メモリーである。USB の C 型がなかったときには、接続時に裏表のある USB の A 型が主に使われていた。しかし、USB の A 型は、接続方向が決まっているため、ユーザーは接続時にパソコン の接続部分と、USB 本体の接続部分の向きを確認しなければならなく、向きを間違えて接続しようとした場合、 機械の表面を傷つけてしまうという使用者の観点での問題があった。そこで、接続時に向きを気にせずにユーザ ーが接続できるよう、接続時に表と裏の方向を問わない USB の C 型が開発され、ユーザーは本体の向きを気に することなく、簡単に接続できるようになり、利便性が大きく向上した。(320 字)

問 2 解答欄 2-1 写真 23 写真 23 では、玄関であるにもかかわらず、屋外と屋外の境界を区別する段差がなく、仮に左側のスリッパの棚 が視界に入らなかった場合、入室した人々は土足で入室してしまう危険性があるため問題である。一部の外国では自宅においても土足で入室するが、日本文化では、自宅内では基本的に土足禁止であるため、屋外と屋内を区 別するために室内の床を一段高く設計することで玄関で外と内の空間の区別を明確化している。しかし、写真 23 では、土足可能な外の空間から土足禁止の空間に変化するにもかかわらず、玄関の段差はなく、土足禁止であるという情報を予め知らない入室者は、土足禁止の空間であるということに気付きにくく、土足のままで入室して しまう可能性がある。(309 字)

解答欄 2-2 写真 22,25 写真 22,25 では、本来押すはずのドアに、引くための棒状の取っ手がつけられており、ドアを開ける人々にとっ ては、誤ってドアを押してしまう、もしくは一度ドアを引く動作を連想させてしまうため問題である。通常、平均的な人間の手の平に収まる直径で作られた棒状のものは、人々に「握る」という動作を連想させ、人が棒状のものを縦向きに掴み、対象物を手前に引く場合、主に手の握力、上腕三頭筋、広背筋に力をいれることで、対象物を手前に引く。一方、何か物を自身の身体の前に押し出す際は、手の指先を使わずに手の平の広い面積を使って自身の力を対象物に伝える。それにもかかわらず、人々に引く動作を連想させる棒状の取っ手が取り付けられ ており、その形状が人々に混乱を招いている。これにより、操作の説明を「押す」や「PUSH」などの注意書き に頼らざるを得ない状況となり、使用者はわざわざ注意書きを見た上でドアを操作しなければならない。 (393 字)

解答欄 2-3 写真 10 写真 10 では、看板が人々の死角となる場所に設置されており、通りかかる学生が有力な情報を入手できないと いう問題がある。看板は、広告を目的とするため、本来人目につく場所に設置されなければならないが、死角と なりやすい設置されている。ここで、死角となる 2 つのパターンを挙げる。一つ目は、写真右側の道路奥から手 前に歩き、右折して階段を上る、もしくは右折せずにそのまま直進した場合である。この場合、看板の幅が壁の断面の長さに収まっており、右折した場合、視界には入りにくい。また、直進した場合は全く視界に入らないた
め、広告には気づかない。二つ目は、階段を下り、写真右側の道に左折する、もしくはそのまま直進した場合である。左折した場合、看板は歩行者の左目の左端に映るが、無意識に歩いている歩行者にとっては目立ちにくい。 また、直進した場合は、視界と看板の位置が反対方向になるため、歩行者は全く気づかない。(392 字)

問3 解答欄 2-2 の問題を解決する方法は、棒状の取っ手の代わりにドアに長方形のプレートを設置する方法である。 解答欄 2-2 では、本来押し開けるドアにもかかわらず、棒状の取っ手が取り付けられており、ドアを開ける人々 が、間違ってドアを引くことを連想してしまい、誤って操作してしまうという使用者の観点での問題が生じてい
た。そこで、長方形の薄いプレートをドア本体に隙間なく設置することで、ドアとプレートの間に人間の手を入れる空間はなく、プレートを掴むことができないため、ドアを手前に引くことも、横にスライドすることもできない。よって、必然的にドアを開ける人々に残された動作の選択肢はドアを「押す」という行為のみになる。この技術は実際にスーパーの従業員専用ドアや病院のドアにも用いられており、取っ手を取り外した上でプレートをドア本体に張り付ければよいため、実現可能性は高い。これによって人々は無意識に、かつ即座にドアを押し 開けることができるため、使用者にとっての問題が解決する。また、「押す」「PUSH」などの注意書きも必要な くなる。(455 字)

  ③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
   Yes

  ④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
   浪人(一浪)

詳細な再現答案ありがとうございます!これだけ書いていただいてとてもうれしいです。

2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
  最後まであきらめるな。誰よりも効率的に集中して勉強し、多くの受験生と差別化を図って大逆転しろ。

ちなみに、意外と多いのが、「勉強法」にこだわってなかなか勉強しない方ですよね…。

3:本番の試験で気をつけたこと
  ①当日 トイレに行ってお腹が痛くならないようにすること。昼食を食べ過ぎないこと。周りに圧倒されず、自信を持つこと。

そう、トイレめっちゃ大事。空いているトイレを把握したり、ゆったりしながら行ったり。


  ②前日 今までの復習を丁寧に行うこと。十分な睡眠時間を確保すること。
  ③1月以降 過去問に時間を取られ過ぎて基礎知識が抜けないように復習を徹底すること。

基礎がかなり大事になりますよね…実は。

4:来年受験する方へのアドバイス
  ①4月の受験生(自分)に伝えたいこと 小論文は早めに対策を始めよう。学科の基礎知識を定着させよう。

小論文は確かに得点の振れ幅が大きく、ワンチャン合格の人は「直前からでもいいよー」と言いますが、実際には得意な問題タイプではなく、苦手な問題タイプが出ても、それなりに得点が取れるようになるためには、やはり早めからの着手が重要です。

  ②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと 引き続き基礎の復習を行おう。
  ③9月の受験生(自分)に伝えたいこと 苦手分野を明確化して克服しよう。
  ④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと 焦らずに基礎知識の復習と過去問を同時並行で行おう。
  ⑤高2の自分に伝えたいこと 早く受験勉強を始めよう。

基礎重視の人、好き笑。

最近、合格者数を絞っている関係で、どんどん「難しいもの」に手を出す人が増えていますが、「難しいもの」を手を出すよりも、基礎をしっかりやったほうが、最終的な伸びはいいのです。もちろん、限度はありますが。すくなくとも土台がきちんとしていなければ、応用もなくなりますが。

5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
 総合政策的アプローチ

ぜひぜひ、これこそ「基礎」ですね。

6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
 過去問の分析

7:SFC小論文の過去問は何年度分を何回解きましたか? 環境情報学部24年分 1~3回、総合政策学部24年分 1~3回

たくさんやりましたね…。私は、「同じ問題をじっくり何回もやる」をおすすめしていますので、こんなにたくさん過去問をすることはおすすめしませんが…。

10:その他、ご意見・メッセージ
 模試の結果では最悪な状況が続き、E判定しかとったことがありませんでした。早慶オープンでもかなりひどい成績を取り、第一志望の環境情報学部への合格は絶望的でしたが、最後の最後で大逆転することができました。「3か月経たないと成績は上がらない」などよく聞く話ですが、それは一般論です。現時点で大学のレベルと自身のレベルが離れている人ほど、大逆転しなければならない人ほど、残り時間がない人ほど一般論を根本的に否定する勢いで勉強しなければなりません。一発の試験で結果が決まってしまうのは厳しい世界であるといえますが、逆に一発勝負だからこそ逆転できる可能性があります。本番で冷静に力を発揮できた人が勝ちです。今どんなに不真面目であろうと意識を変えれば誰でもできます。あとは実行するのみです。未来の自分へ投資するために今頑張りましょう。 Good Luck‼

本当に、合格おめでとうございます!大学生活楽しんでくださいね!

いろは塾(英語・小論文)前期(4月〜6月)受講者募集!

みなさま、こんにちは。

説明会にご参加いただいたみなさま向けにはご連絡したのですが、ブログではすっかりご連絡を忘れていました。いろは塾・前期講義のご連絡です。

内容

英語:4月〜6月 毎週日曜日10時〜12時2時間で5,400円】
目的:偏差値40〜60ぐらいまでの受験生をポレポレまで導く
・読むための英文法(オリジナル) 4月〜5月前半まで
・基礎英文問題精講(例題60まで) 5月後半〜7月前半まで
・ポレポレ英文解釈(全て)    7月後半〜8月
【小論文:4月〜6月 毎週日曜日13時〜17時4時間で10,800円】
目的:適性のうち、特に時間がかかるものを身につける
過去問:総合2019、環境2016、総合2017
その他書籍やニュース記事などを用いた講義
※適性のうち、時間がかかるのは、「読解力」「パラグラフ・ライティング」「論点」「数的判断力」「因果関係」

場所

いろは塾 Room i (神田駅北口徒歩4分)
※詳細は初回来訪時にメールやDMにてお知らせします。
ついでに、いろはの紹介もちらっと書いているので読んでみてください。

日時

 英 語:毎週日曜日10時〜12時
 小論文:毎週日曜日13時〜17時

初回講義:2019年4月7日

※ただし、2019年6月2日(日)は英検なので、2019年6月1日(土)に実施します。また、2019年5月5日(日)はGW中のため、おやすみとします。

受講料

英語:各回税込5,400円(ただし、小論文を受講しない場合は、各回7,000円税込)
小論文:各回税込10,800円
※月額で言えば、小論文:43,200円、英語:21,600円、合計 64,800円(英語のみならば月額28,000円)

受講申し込み

すでに説明会にご参加いただいた方からご受講のご連絡をいただいておりますので、若干名(2,3名)の募集とさせていただきます。

Twitter:@IrohaForCom
Email:kadoya0168[at]gmail.com
※メールの場合は、[at]を@に変更してください。
に、
 1:お名前
 2:メールアドレス
を記載の上、お申し込みください。