FC2ブログ

2019年11月

いろは塾に入る気ゼロでも面談していいの?

全部気にしなくてOKです。

・親同伴でいいですか。
・SFC第一志望でないけれどもいいですか。
・いろは塾に通えないけどいいですか。

全部、OKです。

特にご要望がない限り、面談は、

面談の流れ
1:こちらの自己紹介
2:状況の確認
3:SFC小論文とは
4:質疑応答 or 添削答案チェック

みたいな感じですすみます。もちろん、多いケースではないですが、過去にはほとんど人生相談になった場合もあります。また、ご相談にきていただいている方の志望度によっては、むしろSFCの受験すらしないことをおすすめする場合もあります。(というか、今ご受講いただける講義が実質直前講義しかないです……。)

いろは塾を安心してご理解いただくためのお約束

1泊ルール

「受講の意思決定は見学や面談のその日には行わない」というルールです。必ず、家に帰って、最低1晩考えてから、お返事ください、というルールにしています。見学にきていただいた方は、8割以上の比率でその後も講義を受けてくださいますし、多くの場合講義後すぐに「来週以降も講義を受けたい」と返事をくださいます。だけど、必ず1晩考えて、おうちの人と相談してください、といいます。

誓約書

これは、「見学や面談にご参加いただく方」のためのルールです。講義中には隣の方と話すこともありますし、他の人の答案をお見せすることもあります。またご面談や通信講義のみであっても、Google Classroomを通じて、他の人の答案を見ることができます。そのため、「見た内容(個人情報)は外部にもらさないでね」というお約束をしてもらいます。あとは最近は、1時間の面談であっても、体調不良などで倒れてしまわれると連絡する先がないと困るので緊急連絡先のお電話番号を書いていただいています。

基本は講義参加前に1回見学していただく

夏期講習・冬期講習・直前講習では難しいのですが、

前期・後期の講義は必ず、一度、無料見学していただいてから参加いただく

というルールにしています。

すでに何度かお伝えしているのですが、後期の講義と冬期講習はほぼキャンセル待ちの状況(欠席がわかっているところしかあいていない)です。だから、ご見学いただいても、確約できるのは、直前講習といろは塾ファイナル(前日講義)だけですので、いまのところ見学の結果、ご参加を決めていただくものは何もない……という感じです………。

終わりに

したがいまして、結論…気軽に面談しにきてください、と思います。50分ほどの時間しかないですが、それなりに充実したお時間を過ごしていただけるよう努力しています。よろしければ、今後のご見学・ご面談予定をご覧の上、いらしてください。

小論文を書くときにネタが思いつかない…

A:しょぼいネタでも基準にあった答案を書けるようにしましょう。

アイディア系のご質問をよく受けます。アイディア力そのものを鍛える方法については、通学はもちろん見学や通信講義を受講中の方についても見られる「おまけ動画」でご説明しています。

ただ、もっと重要なのは次の2点です。

1:自分の得意ネタを作る
2:しょぼいネタでもいいので全て基準にあった答案を書けるようにする

です。順にご説明します。まず、

1:自分の得意ネタを作る

これは主に、「大学に入ってやりたいこと」でかまいません。これまでいろんな得意ネタをお持ちの人を見てきました。

・アニメ
・野球
・陸上
・自動翻訳機
・自動車
・ファッション
…………

ここに上がっている話題は合格した人が実際に武器にしていたアイディアです。(実際、本番にこのネタを書いたかどうかわからない人もいます。)また同じ話題を武器にしていたけれども、不合格だった人もいます。ただ共通していたのは、「自分で自由に書いていい」という話題の場合には、どんな場合でも自分の得意ネタを使って書いて、それを磨いていたことです。

ときどき、SFC小論文は「大学に入ってからやりたいことを確認する入試だから研究計画書を書けばいい」という人がいますが、それはちょっと違います。小論文自体で問われているのは「やりたいこと」ではありません。けれども、自分な得意なネタであれば、さまざまなアイディアも豊富に出てくるので、それだけ書きやすくなります。ぜひ、自分のアイディアをブラッシュアップしましょう。

2:しょぼいネタでもいいので全て基準にあった答案を書けるようにする

これは総合2015などの指標を作る問題や、総合2017のような因果関係を図示する問題で多い悩みに対してのアドバイスです。いろいろ考えていると、必要なことがたくさんありすぎて、どのようにまとめていいかわからなくなりますよね。そういう問題の練習としては、「どんなアイディアでもそれなりに設問で求められていることに答えられる」ようにしてください。

もちろん、アイディアや発想に対して点数はつく可能性は高いです。けれども、小論文の全ての点数がアイディアや発想点である可能性は低いです。200点中50点もアイディア点がつけばよいほうだと思いませんか?それ以上は配分されないでしょう。だから残りの150点で満点を目指せばよいのです。正確には、アイディア点で20点〜30点稼いで、その他のところで120点〜130点稼げば、それで150点という十分合格できる得点をとることができます。

だから「アイディアの練習」にこだわることなく、他のところで高得点をとる練習をすればよいのです。もちろん、満点は逃してしまいますが、だからといって、0点ではありません。本番試験ではとにかく1点でも多く得点をとりたいので、せいぜい全体の50点にも満たない部分で悩むよりは、残りの150点で高得点を狙ってください。

終わりに

試験時間の2時間で「世界を変えるようなアイディア」がぽんぽん浮かぶような人はいません。私が講義で口を酸っぱくしていうのは、「授業であてられたとき」や「グループになって話をするとき」に、授業で問われていることに合わせてある程度有意義なことを発言できる能力がアイディア力だ、ということです。120分の試験時間で確認できるのはせいぜいそれぐらいのことなので、「つまらないアイディア」であることを気に病むことはなく、「設問にあったアイディア」を書くことを心がけてください。

それでは。

しょうろんブログの価値について

質問箱でいただいた質問が面白かったので。

しょうろんブログの価値について

しょうろんブログの1番の価値は、SFC(小論文)でもっとも重要な問題発見・解決の概念をわかりやすく説明しており、またそれに合わせて学習した人が比較的効率的に、SFC小論文でよい点数をとり、本番試験に合格している点だと思います。ぶっちゃけ、問題発見・解決だけで言えば、いろは塾の講義で説明している内容は、全てブログ内に網羅されています。だから、ブログの読者に読解力があり、書いている内容を誤解せずに読み取れれば、「問題発見・解決」に関するアドバンテージはなくなります。言い換えると、試験を受けにくる3,000人強の受験生全員がしょうろんブログを理解すると、SFCの問題発見・解決という点について全員差がなくなりますので、確かにしょうろんブログの価値はなくなります。ただ、「ブログの読者に読解力があり、書いている内容を誤解せずに読み取れれば、」は、経験的にかなりありえない仮定です。

実際、このブログの内容で、SFCの問題発見・解決を理解できる人は、全体の1/3から1/4ぐらいだと思います。

「適性」を示す部分はあまりブログに書いていない

実際のSFC小論文においては「問題発見・解決に対する適性を示す」ことでよい成績がとれると考えています。ブログ内で、書いていなくはないのですが、SFC小論文で問われる適性(6つ)をどのように示すかを、ブログ上では網羅的に示していません。

もちろん「問題発見・解決に対する適性がある」かつ「設問に合わせて解答を正しく書ける」を「常に」できるのであれば、133点〜144点ぐらいはとれるとは思います。ただし、一部の適性は、「本当に適性がある人は悩まずとも書けるが、適性があまりない人は注意しないと書けない」ものです。そういう適性に対する「示し方」は、ブログの中では書いていません。正確には、以前は多少は書いていたのですが、フォーマットの類と勘違いされて、「とにかく、○○と書けばいいんですよね?」という誤解を何度も受けたのでブログから外しました。今はわかりやすいものしかのっていません。つまり、こういう関係です。

問題発見・解決 … ブログに全て載せている
適性 … ブログには一部しかない(講義では説明している)
示す … 読解力や文章力の範疇(ブログに書いてもいるが、むしろ現代文といろは塾講義の範疇)

だから、しょうろんブログを完璧にマスターしたとしても、1つ目の問題発見・解決の部分しか理解ができないため、その意味では完璧に理解していないことになります。

適性の示し方について、簡単な話は面談でもしていますし、過去問を3、4年度分もやれば、バリエーションはともかくとして、ほとんどのパターンはカバーできます。

「適性」の一部は身につきにくいのも事実

現代文の成績がそう簡単に上がらず、また、個人差があるのと同じように、読解力や文章力には個人差があります。また適性にも個人差が生じやすいものもあります。典型的なのは「数字を操る力」です。「単位・指標の問題」は実際のところ、そんなに難しいものではないのですが、それよりも総合2018の計算問題は、本番で実際に出てきたときに「常に」正答するには、それなりの算数力が必要となります。

だから、実際にはブログの内容だけでは、合否は半分ぐらいしか決まりません。それに加えて、個人差もあります。その個人差を考えると、
「よりSFCの適性に近い内容」を「試験日」時点で書けた人が合格するんだと思います。
ということになります。もちろん、試験本番での緊張なども影響しますから、そういうものにより差が出てくるんだと思います。

結局

「問題発見・解決」と「適性」の両方を答案に反映できる人は強いです。最終的に目指すのはそこです。だから、まずはそれができるようになりましょう。その観点でいうと、ブログでは伝わりづらい「適性」は講義に回して、「問題発見・解決」はきちんとブログで示しているという感じです。

それでは。

【残り若干名】いろは塾(冬期講習)SFC英語 2019年12月14日(土)参加者募集します。

みなさま、お待たせしました。いろは塾(冬期講習)SFC英語の募集を開始します。

概要
日時 2019年12月14日(土) 13時から17時ごろまで(4時間)
場所 いろは塾@神田駅徒歩5分(お申込みいただいた方にのみお知らせします)
費用 11,000円(本体10,000円、消費税:1,000円)…事前振込でお願いします。
定員 Max14名(残り若干名………
※お申込みは、このブログの最下段のお申込みフォームまでお願いします。

特徴

いろは塾(冬期講習)SFC英語は、

・内容読解の得点率が6割以下 または 安定しない
・今後の勉強方針が決まらない人

にお勧めします。

【主な特徴】
・講義内容は、全て動画で録画され、復習に用いることができます。(機械故障などのトラブルはお含みおきください。)
・内容読解を解くための基準を学習します。
・自分の読解速度を測ります

講義スケジュール


13:00-13:50 SFC英語の特徴
14:00-14:50 SFC英語読解のポイント
15:00-15:50 過去問を通じて、読解のポイントを確認しよう
16:00-17:00 オリジナルテキストで、読解のポイントを確認しよう

よくあるご質問

Q1:レベルはどれぐらいですか。

最終的なゴールは、SFC英語の読解問題で8割以上を目指すことです。そのため、コンスタントにその程度の得点が取れる人はこの講義は不要です。

細かな文法事項については説明しないため、適語補充に関しては、解説をしません。

Q2:講義内容はどんな感じですか。

アカデミックに書かれた英語の文章を読む練習をします。イメージとしては、パラグラフ・リーディングの一歩先です。読解のポイントがわかるようになるため、問題が格段に解きやすくなる、という評判です。

Q3:いろは塾はどういう人に合いますか。

勝手な個人的な感想ですが、「コツコツ丁寧に学習する方」と「要点だけつかみたい方」が実力が伸びやすい傾向にあります。受講して下さった方の感想によれば、「講義内容が濃いので何度も学習できる」とのことです。だから、濃い内容のものをコツコツ学習しできる方とポイントをおさえたい人の実力が伸びやすいと思っています。(面談か講義の見学に来て下さるのが一番ですが…。)

Q4:動画受講は可能ですか。

もしご入用でしたら。ただし、講義の方がわかりやすい…という評判です。

お申込み

以下、フォームからお申込みください。(ご相談内容で、いろは塾(冬期講習・直前講習)のお申込みをお選びいただけるとスムーズです。)


2019/11/17(日) 18:00-,19:00-,20:00- ご面談可能です。

2019年11月17日(日)
・ご面談…18:00-,19:00-,20:00-
で、可能です!(2019年11月14日 22:30時点)

ご見学&ご面談について

11/17(日)はご面談を承ることができますので、ご希望がございましたら、以下のフォームからお申し込みください。前日でも、当日でも、連絡がつけば、お申し込み可能です。

【面談時のおすすめ】
・環境2016、環境2017
・総合2016、総合2018
あたりは、短時間でアドバイスしやすいので、もし予備校や塾で解いて不安な答案があれば、それをお持ちいただければスムーズです。



ご面談に関しては、ご友人と一緒、保護者様と一緒、ご家族総出、恋人連れ、ご兄弟姉妹連れでもかまいません(全て経験済みでーす笑)が、基本的にははじめての方のみとさせていただきます。

悩んだら、一度ご面談かご見学にいらしてください。よくご面談の申し込みがあってから、直前に「保護者と一緒でいいですか?」などと言われますが、全く問題ありません。お気になさらず。せいぜい人数が多すぎたらテーブル配置に悩む…ぐらいですね。

場所

JR神田駅から徒歩4分

費用

もちろん、無料。

備考:無料講義参加について

いろは塾(後期)小論文の通塾枠は14名埋まってしまいました。したがいまして、残りは通信講座(これもあと2、3名が限界です)が残っている限りです。

ただし、各回平均的には欠席が出ますので、欠席がわかっている分に関しては、無料講義参加枠(ごめんなさい、初回参加の方のみです。)として開放することにしました。よろしければご参加ください。

ご相談例

ご相談例1
SFC小論文の対策全般について教えてほしい。

ご相談例2
○年度の問題について教えてほしい。
(時間の許す範囲で、小論文の内容確認なども承っています。)

ご相談例3
今後のスケジュールについて一緒に考えてほしい

お申し込みフォーム

いろは塾(冬期講習)SFC小論文 2019年12月24日〜28日募集開始します。

2019年11月13日(水)現在 キャンセル待ちです。
・今現在、講義見学後に意思決定なさる方がいらっしゃるのでその方の分
・その後、12月になってからご連絡が付かなくなる方がいらっしゃればその方の分(毎年1名はいらっしゃるかな………。)
が、あく可能性がございます。

みなさま、お待たせしました。いろは塾(冬期講習)SFC小論文の募集を開始します。

概要
日時 2019年12月24日〜28日 10時から16時ごろまで(5時間×5日間)
場所 いろは塾@神田駅徒歩5分(お申込みいただいた方にのみお知らせします)
費用 5日間で68,750円(本体62,500円、消費税:6,250円)…事前振込でお願いします。
定員 Max14名 (2019年11月13日時点でキャンセル待ちです。)
※お申込みは、このブログの最下段のお申込みフォームまでお願いします。

特徴

いろは塾(冬期講習)SFC小論文は、はじめてSFC小論文対策を行う方から、他の予備校でSFC小論文対策を行ってきた方まで、幅広くご受講いただけます。
【主な特徴】
・講義内容は、全て動画で録画され、復習に用いることができます。(機械故障などのトラブルはお含みおきください。)
・他の人と添削結果を共有することで、他の人の答案を見て学習することができます。
・明確なチェック基準により、自分で自学自習できるようになります。

講義スケジュール

図1
小論文の書き方 小論文の形式など、基礎的な内容をお伝えします。
問題発見・解決 SFCの理念である問題発見・解決を説明します。
SFCへの適性 小論文で問われるSFCへの適性をお伝えします。
解法と適性 適性がどのように設問内で問われるかを説明します。
SFC小論文の解法 SFC小論文を実際にどのように解くかをご説明します。
これらの内容を、過去問演習3年度分を用いて、演習・解説を行います。

添削イメージ

冬期講習中の答案は、添削し1週間以内にお返しします。またリライト分の添削もできるかぎり何度でも行います。
0001_20181113163103dc0.jpg0001_20181113163101d26.jpg0002_20181113163101709.jpg
※詳細はクリックしてご確認ください。

よくあるご質問

Q1:冬期講習だけで十分ですか。

必要な知識に関しては、全て冬期講習でお伝えします。その意味では十分です。ただし、過去問により、知識の問われ方を確認し、実力をつけるための期間は千差万別でまちまちだと思います。なお、直前講習の該当回をご受講いただければ、最大過去問を両学部5年分はマスターできるように講義を計画しています。冬期講習にご参加いただければ、基礎は十分に身につくので、あとは練習試合をどれだけやりたいか、というのはご本人次第かと思います。

Q2:どういった方が参加されていますか。

男女・現役浪人・地方問わず。北は北海道から、南は九州まで(沖縄の方は、まだ、見かけていません)です。関西や東北ぐらいの距離であれば、冬期講習を受けてくださった方が、引き続き直前講習を受講しにきてくださることも多いです。母数が少ないのでマレですが、社会人受験生もお受けできます。

Q3:いろは塾はどういう人に合いますか。

勝手な個人的な感想ですが、「コツコツ丁寧に学習する方」と「要点だけつかみたい方」が実力が伸びやすい傾向にあります。受講して下さった方の感想によれば、「講義内容が濃いので何度も学習できる」とのことです。だから、濃い内容のものをコツコツ学習しできる方とポイントをおさえたい人の実力が伸びやすいと思っています。(面談か講義の見学に来て下さるのが一番ですが…。)この季節だと、冬期講習のためにご見学に来ていただいて、冬期講習まで待てない、という形で後期講義にご参加いただける方もいらっしゃいます。

Q4:一部受講は可能ですか。

基本的に「なし」でお願いいたします。仮に途中でお休みされても、講義動画は、冬期講習後1週間以内にアップロードしますので、もしおやすみなどであれば、そちらでキャッチアップできます。

お申込み

以下、フォームからお申込みください。(ご相談内容で、いろは塾(冬期講習・直前講習)のお申込みをお選びいただけるとスムーズです。)


ウェブ上の模範答案の利用について(利用や活用には、本当に気をつけよう…)

ウェブ上の模範答案をみてびっくりしたこと

先日から、「私が教えていた内容」と似ているな…と言っていたブログの一部に、私が昨年、冬に教えていた生徒の答案が含まれていました。

そちらのブログには、添削済答案のうち、

・環境2015…3回目の答案(2回リライト)
・環境2017…初回答案(実際にはリライト済答案あり)

が掲載されていました。環境2015の答案は「そこそこいいのを、書いてるじゃん」と思っていたのですが、環境2017は…「あれ、イマイチ」だなぁ…という感想を持っていたので、「実はうちのブログの全てを読んでいるわけじゃないんだろうな」と思いながらみていたのですが、そうではなかったようです。

たぶん、環境2017については、リライト済の答案を捨ててしまわれたのだと思います。そのため、初回答案を使わざるをえなかったのだと思います。当時のメールアドレスがまだ有効かどうかはわかりませんが、その方のメールアドレスにリライト済の答案を改めてご返却して、せめてウェブ上にのせるなら、こちらのリライト済の答案にしてください、とお願いしました。ひどい答案をウェブ上に載せておくと受験生が混乱するからです。(ほんと…どうせなら、本家本元をきちんとみにきて><)

ウェブ上の模範答案を利用するのは本当に注意してほしい

ウェブ上の模範答案を利用される受験生は、そのブログに書かれている経歴や肩書きなどをみて、「あ、これはSFC生やSFC卒業生が作っているんだ」と安心されるのかもしれません…。けれども、その裏では、こういうことが生じていることが十分にあります。

そして、そもそも私は、模範解答をWebに掲載するのはあまり好きではありません。私が、模範解答をのせたくない理由は、「テレビの登場」じゃないよ……学習の際に気をつけてほしいことにも掲載しました。(なぜ元のブログがこんな単純なミスをしてたかわかりました。上の環境2015や環境2017の答案を書いた方は、環境2016は受講なさってなかったのです。)模範解答だけ見せられて、それをうまく使える方は限られます。だから、私は模範解答をできるだけ載せたくないと思っています。

仮に、SFC生が作成していても、質の低い答案が氾濫する状況になっています。ウェブ上の答案を用いるのは注意してください。 と思います。

同時に………ありがたいことに………

悲しかったので、こういう悲しい書き方になりましたが…、それでも毎年のように、合格者の方から、後輩や自分の予備校や塾の教え子に「SFC小論文ならいろはさんのところだよ」とご紹介いただいています(こういう悲しい例は私が気づいている限りごく少数です。)別の、SFC対策塾でアルバイトしながらも、私のことを陰でおすすめしてくださっている方がいるのも知っています。私の知らないところで、YouTuberさんにもご紹介いただいているようです笑

できれば、質の低い模範解答を参考にするのではなくて、ぜひしょうろんブログを読むか、いろは塾まできてください。もっとしっかりしたことをお伝えすることができます…。面談などは、ぜひぜひ、こちらからよろしくお願いいたします。

お申し込みフォーム



SFC英語・赤本・過去問の取り組み方について

DMなどでいただいた質問がたまったので、ツイートしたら、気になる方がいるらしく補足します。

赤本は何回解くべきですか。

過去は回数を指定していたときもあるのですが、混乱を産むのでやめました。回数指定はないですが、複数回解きましょう。5回とか、10回とか、いろいろ説がありますが、回数よりも得点率で考えましょう。だいたい9割ぐらいとれるまではやり込みましょう。最低限やりたい範囲は、最新の赤本分ぐらいです(今年度であれば、2015年度〜2019年度分)。赤本範囲分ぐらいは、第一志望であれば、誰であっても解いてくるので、ちょっとした単語を知っている知っていないで差がつきかねないからです。

また過去問の学習をするときは、記号ではなく、解答根拠を大事にしましょう。記号を覚えていれば、全て解けるのは当たり前です。解答根拠を覚えていてこそ意味があります。解答根拠は「次に類似の問題が出ても役に立つレベル」にまで抽象化して覚えておきましょう。

過去5年分の過去問の単語ぐらいは覚えておきましょう。

もう何度も書いているのですが、大学入試とは「上から順番に抜けていく試験」です。資格試験のように、能力があればみんなが受かる試験ではありません。だから「みんなができるもの」をミスすることは命取りになります。そうすると、単語の学習順位は、

単語学習の優先順位
1:基礎の単語集:シス単とか(もちろんもっと簡単なのでもOK)
2:応用の単語集:鉄壁とかリンガメタリカとか
3:最新5年分の赤本
4;英検準1級やTOEFLの単語集

となります。よく過去問の単語を十何年分も遡ったりする方がいますが、TOEFLや英検準1級の単語集の方が出る確率の高い単語が詰まっているので、そちらを優先しましょう。ただ、1と2ができていないのに3と4に着手するのも無駄です。英単語はコーパスなどを用いた分析が進んでおり、「出る頻度」順の整理が進んでいます。3と4のような「出る確率」の低い単語を、1と2よりも優先して覚えるのは時間の無駄です。過去問による単語学習は、効率性を意識しながらやりましょう。なお、単語の出現頻度に関する分析(SFC英語は、難しいけれども、基礎を大事にしましょう!)や、理論は英単語の学習方法についてをご参照ください。

過去問は玉石混交…

SFC英語の過去問には(数学もだけど)、「解けても解けなくてもどちらでもいい」という問題もあります。そもそも、実力差が出るように、簡単(基礎的)な問題から、難しい問題まで一通り揃っているのが入試問題です。その中で絶対に解くべきなのは、「簡単な問題」です。簡単な問題を落としてしまえば、他の人よりも上位にいくことは「絶対に」できません。

過去問の学習時には、「簡単な問題」は絶対に落とさないようにし、「少しずつ難しいもの」も解けるようにし、「こんなの絶対に解けない」というものは落としてもショックを受けない、という態度が重要になります。

つまり「この判断ができないうちには、過去問に取り掛かっても無駄なのです。

試験直前期に、過去問をどれだけ解くべきか相談を受けることがよくありますが、自分の実力が低いと思えば、SFC英語の問題形式だけは把握しておいて、残りの学習時間は全て基礎の学習に使った方が合格率は上がるでしょう。「基礎」を学んでいない以上、「基礎」を固めて「最低限解くべき問題」は絶対に落とさないようにする方が、過去問演習よりも優先されるのです。もちろん、どのレベルの基礎問題が出るのかを確認するために、過去問を解くことは否定はしません。ただ、「過去問をじっくりと5年分解くことで成績が伸びるレベル」に自分が達していない場合は、大人しく基礎を固めた方が、最終的には成績が伸びやすくなります。

しょうろん&いろは塾は「現代文」を推しているけどどうしてですか?

ブログをよくお読みいただいた上で、ご見学orご面談にきていただける方からよくいただくご質問に、
現代文はどのレベルまで勉強すればいいのですか?
というのがあります。

端的に申し上げて、「家庭用テレビの登場」を「テレビの登場」と誤読するような恥ずかしい答案を書かないため(笑)に必要なんです…が、むしろ大事なのは「設問分析」の方です。「設問」で尋ねられていることに正しく答えるためです。

ご面談に来ていただいた方には、目の前で実演できますし、予備校などで解いた答案があれば、その方の設問読解力をきちんとチェックできるのですが、ブログだけだと伝えづらいのも事実です。要は、「聞かれたことに答えている」ということに「自分で気づく」ために読解力が必要なのです。そのための現代文です。だから、現代文の勉強を何時間やった、とかではなく、「設問に合わせて答えられるようになったか」の方が基準となります。参考書を2、3冊やることを想定して目安時間を作成しています。

小論文を書く一般的な手順やプロセスを理解してください。

1:設問文を読み解く
2:資料文からヒントを読み取る
3:1と2に合わせて小論文を書く

このうち、1と2は読解力が問われる作業です。これをきちんとできないと、よい小論文は書くことができません。逆に言えば、確実に合格するためには、読解力を磨くしかないのです。いろは塾の講義に参加いただいている方は、このプロセスは「思いつき」なのではなく、どんなSFC小論文にでも当てはまる汎用的な作業だということ学んでいただいています。そのための過去問演習です。あとは、どれだけ注意力を発揮して文章を読めるか、にかかっているので、個人の読解力に依存してしまいます。

もちろん、過去問でも読解力を伸ばせるのですが、それをさらに補助する意味で現代文の勉強をお勧めしています。

ORFの子 〜ORFなんて狂ったままでいいんだ!!〜

  • ORF
違った、そうじゃなかった。
世界は最初から狂っていたわけじゃない。
僕たちが変えたんだ。
天気の子
世界って言葉がある。」というわけで、僕たちには、またこの季節がやってきました。

ORFとは

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)では、その研究成果の社会への還元を自らが果たすべき重要な社会的責任の一端と考え、研究活動成果を広く社会に公開する場として、「SFC Open Research Forum (ORF)」を毎年開催しています。この研究発表イベントでは、SFC研究所で実施している様々な研究プロジェクトの現状と将来計画を、展示やセッションなどを通して、産業界・国・地方公共団体・学会等に広く紹介しています。
About ORF
SFCが外部に様々な研究プロジェクトを紹介するためのイベントです。実際のところ、SFCがひらく他のどのイベントよりも、SFCでやっている研究の「いま」がわかります。

開催概要

日時 2019年11月22日(金・祝)~23日(土) 10:00~20:00
 ※ブースや会場により異なります。
場所 東京ミッドタウン(六本木)

詳細は、こちらをご覧ください。

セカイのカタチのかえかたについて

当日の天気が、晴れなのか、雨なのか、はわかりませんが、完全に建物内なので「ねぇ、今から晴れるよ。」っていわなくても平気です。

興味の幅を広げる

私がよくご相談に乗る受験生さんは、

私は、SFCに入らなきゃ死んじゃうんです。これができるのはSFCしかないんです。

と、ものすごく視野がコチコチに固くなってる人が多いです。でも、実際は、SFCはもっと楽しいことをやってますよ。実際、ORFにいって「自分がやりたいことが見つかった!」という人もたくさんいます。まずは、視野を広げるために、いろんなブースでお話ししてきましょう。

興味をもっと追求しよう

せっかく、いろんな研究会が展示を出しています。自分の興味ある分野について、自分より先に研究している人たちとお話しするチャンスです。

好きなことを話しながら輝いているSFC生に接触するチャンスです

勝手な行動しないこと、 みんな気をつけよう!

各ブースにいる方は、みんな研究のご紹介のためにいます

「受験生が入試の話ばっかりしてきて、ぜんぜん研究に興味をもってくれなかった」という悲しみの声を、毎年、時々、ちらっとおうかがいします。ORFの目的は上で書いてある通り、SFCの研究成果を外部に発表する場です。自分のことでいっぱいいっぱいになる気持ちもわかりますが、目の前の発表者さんのことを考えて、きちんとお話ししましょうね。まぁ、大体の場合、展示が面白いので、そっちをしっかりみちゃいますけどね。

服装は自由!制服の人もいるけどね。

学校からの指定で、「制服で行きましょう」と指定されていない人は、服装は自由です。ブースにいる方は、学会発表向けのカチッとした服装であることが多いですが、参加する側の服装は自由ですので、リラックスして行きましょう。

って、書いてたら、SFC生が「自分以外の友達みんなフォーマルだった」と言ってた年があったんですが、在学生のことまで面倒見きれません笑。

ORFでもらった資料に書いてあることを書いても、それが理由で合格することはありません

毎年、合格発表後にいただくご意見です。

ORFでもらった資料に書いてあったことを書いても合格しなかった。SFCで実際にやってる研究について書いたのに、どうして落とされちゃうの?意味わかんない。

逆もあります。

書くことないから、ORFでみたことを適当に書いたら受かった。ORFいってよかったー。

ORF会場で、やたら資料をたくさんもらって、そしてそれを丸暗記して試験に望んで、失敗する人。けっこういらっしゃいます。

SFC小論文は、SFCに対する適性試験なので、「適性を発揮できているか」がポイントとなります。ORFはあくまで発想や創造のヒントをもらったり、モチベーションをかきたてたりするためにいくものです。知識を仕入れて、それを答案に書くためにいくわけではありません。

キラキラSFC生に騙された><

これは入学後の感想です。ORFでキラキラしている先輩をみて、ものすごく憧れていたけれども、実はそういう先輩は少数だった。という人を時々みます。

実際、そうなんだと思います。入学してから、キラキラするか、それとも堕落の世界に落ちていくか、は本人次第です。「だまされた」かどうかも本人次第。でも、合格しないと、「だまされる」こともないので、当面は「合格」を目標にしましょう。

終わりに

今年のORFのウェブサイトを見ているかぎり、高校生のみをターゲットにしたコンテンツはありません。去年まではあったのですが。もしかしたら、受験生が在学生や先生が嫌がるような使い方をしたのかもしれません。あくまでORFは、SFCでやっている研究(の一端)を公開する場です。

しょうろんには、いろんな方の相談メッセージが寄せられますし、いろは塾でも、いろんな方とお会いします。SFCが第一志望でなかったとしても、SFCを受けるならば、ぜひORFを見に行ってください。何か、発見があると思います。
神様、お願いです。これ以上僕たちになにも足さず、僕たちからなにも引かないでください。
天気の子