FC2ブログ

「ジョン様」の合格体験記

ジョン様。誰だっけ?なんとなく覚えはあるんですけれども。とにかくおめでとうございます!!
※とても長文です。加えて、心中をかなりストレートに文章にした為、論理構造や言葉遣いが雑です。ご了承ください。必要な部分だけ抜き出して頂いたり、内容に反論していただいたり、適宜引用・編集して頂いて構いません。よろしくお願いいたします。
いつも通り、「載せるな」と書かれない限り、編集はしませんよ。
1:合格実績
①合格した学部(SFCだけでもいいし、併願校含めても可です。)
現役時(3年前):同志社大学[経済学部&政策学部/学部個別日程]合格→政策学部に進学
関西学院大学[総合政策学部/関学独自方式]合格
       立命館大学[政策科学部/センター利用]合格
       慶應義塾大学[総合政策/環境情報]不合格
仮面1浪目(2年前): 慶應義塾大学[総合政策/環境情報]不合格
仮面2浪目(1年前):慶應義塾大学[総合政策/環境情報]不合格
仮面3浪目(今年):慶應義塾大学[総合政策学部]「不合格」/[環境情報学部]「合格」
受け過ぎでしょ(笑)。
②予想点 
[総合政策]
英語:125点(適語27/40,内容一致11/20)
小論文:80点(8割埋め)

[環境情報]
英語:149点(適語31/40,内容一致14/20)
小論文:160点(9.5割埋め)

※英語は3-4配点方式   

・書いたテーマなど:
[総合政策]
日本の格差は拡大しない、という趣旨の意見を、資料中のデータを絡めながら書きました。ただ、設問意図が掴めず曖昧なまま書き進めてしまい、解答中は焦りしかありませんでした。案の定不合格です。
[環境情報]
モノやサービスの未来について、という出題でした。私は自動車の未来について書きました。総合政策的アプローチがピッタリ当てはめやすい出題であったため、書いている最中は楽しくて仕方ありませんでした。個人的には、2012年の問題と同程度に、総合政策的アプローチが当てはめやすい出題でした。

③あなたの合格を当ブログが参考になり合格した人としてカウントしてよいですか?
圧倒的にYes

④差し支えなければ、あなたのステータスを教えてください。
仮面浪人(を、3年間…)
仮面浪人の仮面が貼り付いたままになるんじゃないかとひやひやしました。
2:一番苦しかったあの時の自分に、合格した「いま」伝えたいこと
社会一般がどうであろうとも、周りに何と言われようとも、結局は自分が納得できる生き方しかできないのだから、これから先の未定な未来について思い悩むのは程々に。色々なことに絶望して何もしないよりは、ほんの少しでも良いから「何か」をやれ。そうすれば、良かれ悪かれ今とは違うどこかへは行けるぞ。過去を見て、未来を見て、何か分かったつもりになって絶望と自己憐憫に浸るのはやめろ。未来なんてどうなるか予測できるはずもないし、過去は「今」の私の解釈次第で変動する。そんな曖昧なものに捕らえられるのではなく、今この瞬間を全力で誠実に生きろ。結局のところ、「今」以外の時系列には干渉できないのだから、今を精一杯生きていれば他のことは心配しなくて良い、それ以外に上手い生き方なんてないよ。
今のために、今をみて生きていく。いいですよね。
3:本番の試験で気をつけたこと
①当日:
会場には余裕を持って到着。試験開始直前には必ずトイレへ行く。
早めに起床して、チョコを食べて糖分を頭に回す。
昼食は食べ過ぎると消化の影響で眠くなるので控えめに。
トイレに行きたくなるので、一日を通して水分を控えめに。
不安と心配に押しつぶされないように、常に自分に言い聞かせる。

②前日:
早めに夕食を食べて、早めに寝る。寝付きが悪くても気にしない。
勉強が捗らなくても気にしない。ともかく、気にしない。

③1月以降:
常に絶望するような進捗状況だったのですが、絶望し過ぎないように気晴らしをしていました。私の場合、ツーリングが好きなので近所を少し走ったりしておりました。
現状の学力や過去問の手応え、参考書ノルマの未達成の山などを考えてしまうと絶望で何もできなくなるので、「今日出来ることを出来る限り頑張れればそれで良いんだ」「今日は今日の為にあるんだ」という事を常に自分に言い聞かせていました。思考や現状認識の方向性を工夫して、現実に絶望し過ぎないように、投げやりにならないように、やる気を失わないように、自分で自分の精神状態やモチベーションを良い方向へコントロールするように心掛けていました。
試験開始後のトイレ必須。

「できなかったことではなく、できたことをみてあげよう」って言ったのはこの頃だっけ?
4:来年受験する方へのアドバイス
①4月の受験生(自分)に伝えたいこと
また今年も落ちたんだよね?今後どうするか(仮面3浪目突入or就活)さっさと今すぐ決めて動き出した方がいいよ。悩み続けてるのは時間の無駄だし、中途半端に宙ぶらりんになるよりは、どっちでも良いから見切り発車したほうがマシだぞ。

②夏休み前の受験生(自分)に伝えたいこと
いい加減、今年も仮面するのか大人しく就職するのか決めた方がいい。意思決定が遅れれば遅れるほどチャンスが減っていって、取り返しの付かないことになるぞ?まだこのまま後悔だらけの人生を送りたいのか?

③9月の受験生(自分)に伝えたいこと
本当に、お願いだから、いい加減どっちにするかに覚悟を決めて勉強してくれ…

④直前期の受験生(自分)に伝えたいこと
今年に入ってから今まで勉強しなかったのはこの上なくダメだが、今更それを言っても何の役にも立たない。その事について後悔する暇があったら、その間に単語でも覚えておいたほうが万倍マシ。
今までやれなかったことを考えるよりも、今/今から何が出来るのかを考えつつ同時に実行すべし。

⑤高2の自分に伝えたいこと
先々の受験の事ばかり考えて今を疎かにするな。高2の今はもう二度とやってこないんだぞ。何でもかんでも、勉強せなあかんという理由で諦めたり断ったりするな。先を気にしすぎずに、今を大切に誠実に生きろ。あと、できれば毎日楽しく生きろ。毎日大事に生きてりゃ大抵のことは何とかなるし、それでも何とかならないことがあったら、それは仕方がない。
先のことを恐れるな、今できることを最大限やれ。あとは気にせず毎日を楽しめ。
ジョンの優柔不断と分析能力はとてもすばらしく、次々といろんな視点を持ち込んではがんじがらめになるところがかわいらしくてかわいらしくて。

とにかく思い切れ!!
5:「しょうろん」で絶対に読んでほしいページ
[必須]
・1ページで把握する「総合政策的アプローチ」
・3ページで理解する総合政策的アプローチ
・総合政策的アプローチの理解を深める
・SFC小論文の構成を決める「縦糸」と「横糸」
・総合政策的アプローチに必須な哲学「フレームワーク思考」の利用
・しょうろん特講

[場合による]
・男子目線でサクサク体得する「論点」講座
場合による、って、これだってあなたのために書いたエントリーじゃん!!
6:オススメしたい本、オススメしたいSFC対策
8回も受けて1回しか受かっていないので参考になるかかなり微妙ですが…
[英語]
・過去問
・システム英単語(単語帳はこれだけで十分だと思います。後は過去問から拾いましょう)
・英文読解入門基本はここだ!
・基礎英文解釈の技術100
・NextStage(通称ネクステ)

[小論文]
・ゴロゴ板野の現代文解法565パターン集
・ゴロゴ板野の現代文解法565(ゴロゴ)パターン 演習編
・出口汪 現代文講義の実況中継(1)
・出口のシステム現代文(中級レベルぐらいのもの、演習用)
※国語力は本当に大事だと思います。国語参考書を一通り回すと、資料文読解と小論文記述のスピードが飛躍的に向上しました。
読解の重要さはあまり知られていない。本当は読む能力の方が大事です。それがないと本当によい小論文は書けません。
・しょうろん(ブログ)
※残りの短期間「超特急でSFC小論文を仕上げる方法!!」、というエントリーの
通りに進めましょう

・過去問(ひたすら演習、振り返りも忘れずに)

[やる気を出すために]
・嫌われる勇気
※心理学の本です。メンタル強い人は読まなくても良いと思います。だだ、どうしてもやる気が出なかったり、現実に嫌気がさした時に読んでみると、気づきが得られるかもしれません。少なくとも、私は(メンタル面では)半分この本のお陰で受かったようなものだと思っています。
ホーンテッドキャンパスも入れとかない?(笑)
7:(非公開でご投稿いただいた方へ)このご投稿を合格体験記としてご紹介してもよいですか。
Yes
お早めの合格体験記のご投稿ありがとうございます!
8:アンケート
 まず最初に軽く自己紹介させて頂くと、私はSFCを両学部計8回も受験し、今年になって、やっと1学部だけ合格したような人間です。仮面期間3年間です。中途半端かつ時間とお金を無駄にしてしまったような人です。ですので、私の書いている内容は失敗談というか反面教師として活用いただければと思っております。私が仮面生活3年間を終えた上で、思った事を挙げていきたいと思います。(あくまで私個人の意見です)。

・仮面浪人はすべきではない
仮面浪人は、本当にどうしようもない状況を除いて絶対にすべきでないと思います。私個人としては、半分確信しています。私は親に猛反対され、しぶしぶ前の大学へ進学しました。そこでこっそり仮面浪人して、1年後にSFCに進学できれば良いなどと考えていました。今振り返ってみて、物凄く後悔しています。当時の俺に言いたい、それはただの甘えでしかないと。親の反対を振り切って、バイトで生活費などを稼ぎながらであっても純浪すべきでした。
その理由は、仮面浪人は大学生活も中途半端、勉強も中途半端になってしまう可能性が高いからです。加えて、仮面浪人が成功するとは限らないからです。仮面浪人に失敗してしまった場合、楽しかったはずの大学生活と行きたかった大学、両方を失います。そして、大学生活で何も得られず、楽しいことも特になく、行きたい大学にも行けず、何もできず、宙ぶらりんなまま強制的に就職活動に突入する羽目になってしまいます。

・どうしても仮面浪人する場合は、まずは今の大学で精一杯大学を楽しみ、日々を生きるべきだ
 それでもなお、様々な事情で仮面浪人の道を選択した場合、まずはその大学でできる限りのことをやってみる姿勢が大切だと思います。こんな大学は行きたくも無かったところだしクソだ、と投げやりになるのではなく、まずは与えられた環境(大学)において、自分のやりたいことや楽しみを追求したほうが良いと、私は思います。案外、自分のやりたいことはその大学でも十分達成できることなのかもしれません。私の場合、今になって振り返れば、前の大学であっても、頑張れば(当時)やりたかったことを達成できたように思います。絶対SFCでないとダメだ、というわけではなかったのです。SFCの再受験を考えるあまり、視野狭窄に陥り、周囲にある様々な機会(チャンス)を無駄にしてしまったのだと思っています。
前の大学で、最初から全力でコミットし、精一杯与えられた環境で生きていたのならば、私は恐らくSCを再受験することはなかったように思えます。その方が、結果論ではありますが、私は幸せかつ不安のない人生を送れたでしょう。私は仮面浪人3年間を通じて、3年分の時間・学費・生活費・親の信頼・就職の優位性(新卒採用)・やりたいことへの熱意・気力など、あまりに多くのものを失ってしまいました。進学した大学で精一杯いろいろとやってみたものの、どうしてもSFCに行きたいという気持ちが消えてくれない場合のみ、再受験をしましょう。と私は思います。

・再受験を決意したならば、脇目も振らずそれだけに集中すべし
もし再受験を決意したならば、先の事を考え過ぎずに、今目の前でできる・やるべき事にのみ集中して取り組むべきだと思います。大学生活と受験勉強の両立などはあまり意識しすぎない方がよいと思います。今の大学の単位についても、ある程度はあきらめましょう。アルバイトも、可能ならばしない方がよいです。リスクを取らずに何かを得られる人は少ないですし、大学生活と仮面浪人をうまく両立できるような人も少ないように思えます。
そして何より、リスクを取って全力で受験勉強をして受験をしなければ、仮面浪人に成功するにせよ失敗するにせよ、その後に先に進むことができなくなってしまいます。全力を出し切って仮面浪人に失敗したならば後悔は少ないですし、そこで思い切って諦めて残りの3年間を今の大学で頑張るという決意やもう一年頑張って浪人する決意など、何かしら当人は前へ進むことができるでしょう。しかし、中途半端にしか受験勉強ができなかったならば、後悔の念は大きいでしょう。また、思い切って諦めて前に進むこともできず、しかしながら再挑戦の決意もできぬまま、中途半端になんとなく仮面浪目に突入してしまう可能性が高いです。少なくとも、私はそうでした。やるならば精一杯やる、諦めるならきっぱり諦める。メリハリをもって決断し、早めにその先へ進んでいく決心をするのが大切だと私は思いました。

他にもいろいろと考え・書きたいことがありますが、現時点でもあまりに多くクドいと思うので、これにて終わりとさせて頂きたく思います。
現役~仮面浪人3年の累計4年間、いろはさんと他の(しょうろん関係の)SFC受験生・在学生の方には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。私は今、こうしてSFCに辿り着くことが出来たわけですが、仮面浪人3年間の生活を通して様々なものを失い・無駄にし、当初のやりたいことや熱意なども失ってしまったのが正直な現状です。ですので、このSFCでの大学生活のやり直しを通じて、積極的に生活し、大学に参加し、早めにやりたいことを見つけ、熱意を持って取り組みたいと考えております。
加えて、今後、私のように失敗を繰り返す受験生が減ってくれれば嬉しいと思っています。

繰り返しにはなりますが、私のSFC合格は、いろはさんや関連する他のSFC受験生・在学生の方々のお力がなければ達成されることは無かったでしょう。この場を借りて、再度お礼を申し上げたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございます!

まだまだ学ぶことはたくさんあるので、がんばって勉強してくださいね。
関連記事